症例一覧

    副作用/有害事象が疑われるとして報告された症例について、報告年度・四半期、種類、報告職種、報告分類、状況、性別、年代、身長、体重、転帰、原疾患等、被疑薬名(一般名及び販売名)、一回投与量、投与開始日、投与終了日、投与経路、適用理由、要指導/リスク区分、被疑薬の処置、再投与による再発の有無、評価、副作用/有害事象、発現日、併用被疑薬名(一般名)、併用薬名(一般名)に関する情報を提供します。なお、転帰が死亡の症例については、被疑薬と死亡との因果関係の評価を参考として掲載しています。評価中の症例は評価欄が空欄になっていますが、評価が済み次第、順次掲載します。転帰が死亡の症例以外の症例は評価を掲載しておりません。
評価(被疑薬と死亡との因果関係評価)の記号について
 A:被疑薬と死亡との因果関係が否定できないもの
 B:被疑薬と死亡との因果関係が認められないもの
 C:情報不足等により被疑薬と死亡との因果関係が評価できないもの



“ファビピラビル 内用薬”で検索

検索結果が100件を超えています。表示件数を指定してください
表示件数  

報告年度・四半期 2022・第一 種類 自発報告 報告職種 医師 報告分類 企業報告 状況 調査完了
性別 年代 60歳代 身長 体重 転帰 不明
原疾患等 COVID−19肺炎   糖尿病   高血圧  
被疑薬に関する
情報
一般名/販売名 一回
投与量
投与
開始日
投与
終了日
投与経路 適用理由 要指導/
リスク区分
被疑薬の
処置
再投与による再発の有無 評価
ナファモスタットメシル酸塩         不明 COVID−19肺炎   投与中止    
ヘパリンナトリウム/ヘパリンNa 10000 [iU]     不明 抗凝固療法   非該当    
12000 [iU]     不明
ファビピラビル         不明 COVID−19肺炎(COVID-19 PNEUMONIA)   非該当    
副作用/有害事象
(発現日)
後腹膜出血   出血性ショック   多臓器機能不全症候群  
併用薬 Remdesivir  

報告年度・四半期 2022・第一 種類 自発報告 報告職種 医療関係者 報告分類 企業報告 状況 調査完了
性別 年代 70歳代 身長 体重 転帰 不明
原疾患等 大動脈瘤   硬膜下血腫   深部静脈血栓症   神経因性膀胱   COVID−19  
被疑薬に関する
情報
一般名/販売名 一回
投与量
投与
開始日
投与
終了日
投与経路 適用理由 要指導/
リスク区分
被疑薬の
処置
再投与による再発の有無 評価
ワルファリンカリウム/ワルファリンK 2 mg     不明 深部静脈血栓症   投与中止 国際標準比増加(有)  
レボフロキサシン水和物         不明 COVID−19   非該当    
L−カルボシステイン 500 mg     不明 COVID−19   非該当    
セフトリアキソンナトリウム水和物/セフトリアキソンNa 1 g     静脈内(明記されていない場合) COVID−19   非該当    
ファビピラビル 1800 mg     経口 COVID−19(COVID-19)   非該当    
800 mg     経口
シクレソニド 400 ug     吸入 COVID−19(COVID-19)   非該当    
デキサメタゾン 6.6 mg     静脈内(明記されていない場合) COVID−19(COVID-19)   非該当    
ボノプラザンフマル酸塩 10 mg     不明 COVID−19(COVID-19)   非該当    
副作用/有害事象
(発現日)
国際標準比増加   薬物相互作用  
併用薬 ジスチグミン臭化物   ウラピジル   酸化マグネシウム   プレガバリン   クエン酸ナトリウム水和物  

報告年度・四半期 2021・第四 種類 自発報告 報告職種 医師 報告分類 企業報告 状況 調査完了
性別 年代 60歳代 身長 体重 転帰 回復
原疾患等 COVID−19  
被疑薬に関する
情報
一般名/販売名 一回
投与量
投与
開始日
投与
終了日
投与経路 適用理由 要指導/
リスク区分
被疑薬の
処置
再投与による再発の有無 評価
ファビピラビル/アビガン         経口 COVID−19(COVID−19)   非該当    
副作用/有害事象
(発現日)
薬物性肝障害  
併用薬 デキサメタゾン  

報告年度・四半期 2021・第四 種類 自発報告 報告職種 医師 報告分類 企業報告 状況 調査完了
性別 年代 80歳代 身長 体重 転帰 軽快
原疾患等    
被疑薬に関する
情報
一般名/販売名 一回
投与量
投与
開始日
投与
終了日
投与経路 適用理由 要指導/
リスク区分
被疑薬の
処置
再投与による再発の有無 評価
プレドニゾロン         経口 COVID−19肺炎   不明    
ファビピラビル         不明     不明    
デキサメタゾン         不明     不明    
副作用/有害事象
(発現日)
ニューモシスチス・イロベチイ肺炎  
併用薬    

報告年度・四半期 2021・第四 種類 自発報告 報告職種 医療関係者 報告分類 企業報告 状況 調査完了
性別 年代 50歳代 身長 160cm台 体重 50kg台 転帰 回復
原疾患等 2型糖尿病   COVID−19肺炎  
被疑薬に関する
情報
一般名/販売名 一回
投与量
投与
開始日
投与
終了日
投与経路 適用理由 要指導/
リスク区分
被疑薬の
処置
再投与による再発の有無 評価
ヘパリンナトリウム/ヘパリンNa         不明 抗凝固療法   不明    
ファビピラビル 3600 mg     不明 COVID−19肺炎(COVID-19 PNEUMONIA)   不明    
シクレソニド         不明 ステロイド療法(STEROID THERAPY)   不明    
メチルプレドニゾロン 1000 mg     静脈内(明記されていない場合) ステロイド療法(STEROID THERAPY)   不明    
プレドニゾロン 60 mg     静脈内点滴 ステロイド療法(STEROID THERAPY)   不明    
30 mg     静脈内点滴
15 mg     静脈内点滴
10 mg     静脈内点滴
5 mg     静脈内点滴
プロタミンインスリン亜鉛/プロタミン亜鉛イスジリン 154 [iU]     皮下 高血糖(HYPERGLYCAEMIA)   不明    
153 [iU]     皮下
136 [iU]     皮下
118 [iU]     皮下
136 [iU]     皮下
118 [iU]     皮下
70 [iU]     皮下
64 [iU]     皮下
副作用/有害事象
(発現日)
紫斑  
併用薬 INSULIN   REPAGLINIDE   vildagliptin   METFORMIN   NOREPINEPHRINE  

報告年度・四半期 2021・第四 種類 自発報告 報告職種 医療関係者 報告分類 企業報告 状況 調査完了
性別 年代 60歳代 身長 体重 60kg台 転帰 死亡
原疾患等    
被疑薬に関する
情報
一般名/販売名 一回
投与量
投与
開始日
投与
終了日
投与経路 適用理由 要指導/
リスク区分
被疑薬の
処置
再投与による再発の有無 評価
メチルプレドニゾロン/メドロール 1000 mg       炎症(lung tissue recovery)、COVID−19(COVID-19)   不明   C
プロポフォール           鎮静(Sedation)、COVID−19(COVID-19)   不明   C
ファビピラビル           COVID−19(COVID-19)   不明   C
ヒドロキシクロロキン硫酸塩           COVID−19(COVID-19)   不明   C
トシリズマブ(遺伝子組換え)           COVID−19(COVID-19)   不明   C
副作用/有害事象
(発現日)
感染性胸水   敗血症   気胸   適応外使用  
併用薬    

報告年度・四半期 2021・第二 種類 自発報告 報告職種 医療関係者 報告分類 企業報告 状況 調査完了
性別 年代 60歳代 身長 体重 転帰 回復
原疾患等 COVID−19  
被疑薬に関する
情報
一般名/販売名 一回
投与量
投与
開始日
投与
終了日
投与経路 適用理由 要指導/
リスク区分
被疑薬の
処置
再投与による再発の有無 評価
ナファモスタットメシル酸塩 100 mg     不明 COVID−19   不明    
トロンボモデュリン アルファ(遺伝子組換え)         不明 予防(Prevention)   投与中止    
ファビピラビル 1800 mg     不明 COVID−19(COVID-19)、COVID−19(COVID-19)   不明    
400 mg     不明
デキサメタゾン 6.6 mg     静脈内(明記されていない場合) COVID−19(COVID-19)   不明    
トシリズマブ(遺伝子組換え) 8 mg/kg     静脈内(明記されていない場合) COVID−19(COVID-19)   不明    
エノキサパリンナトリウム 40 mg     皮下 予防(Prevention)   投与中止    
副作用/有害事象
(発現日)
血腫  
併用薬    

報告年度・四半期 2021・第二 種類 自発報告 報告職種 医療関係者 報告分類 企業報告 状況 調査完了
性別 年代 70歳代 身長 体重 転帰 死亡
原疾患等 COVID−19  
被疑薬に関する
情報
一般名/販売名 一回
投与量
投与
開始日
投与
終了日
投与経路 適用理由 要指導/
リスク区分
被疑薬の
処置
再投与による再発の有無 評価
ナファモスタットメシル酸塩 100 mg     不明 COVID−19   不明   C
ヘパリンナトリウム/ヘパリンNa         静脈内点滴 適応症不明の製品使用、適応症不明の製品使用   不明   C
ヘパリンナトリウム         皮下 適応症不明の製品使用(Drug use for unknown indication)、適応症不明の製品使用(Drug use for unknown indication)   不明   C
ファビピラビル         不明 COVID−19(COVID-19)   非該当   C
デキサメタゾン/デキサメサゾン 6.6 mg     不明 COVID−19(COVID-19)   不明   C
トシリズマブ(遺伝子組換え) 8 mg/kg     静脈内(明記されていない場合) COVID−19(COVID-19)   不明   C
Remdesivir 200 mg     不明 COVID−19(COVID-19)、COVID−19(COVID-19)   不明    
100 mg     不明
メチルプレドニゾロン 1000 mg     静脈内(明記されていない場合) COVID−19(COVID-19)   不明   C
副作用/有害事象
(発現日)
血腫   心停止   血液量減少性ショック   後腹膜出血   頻脈  
併用薬    

報告年度・四半期 2021・第二 種類 試験 報告職種 医師;薬剤師;医療関係者 報告分類 企業報告 状況 調査完了
性別 年代 40歳代 身長 160cm台 体重 70kg台 転帰 回復
原疾患等 COVID−19   糖尿病   慢性腎臓病   高血圧   高脂血症  
被疑薬に関する
情報
一般名/販売名 一回
投与量
投与
開始日
投与
終了日
投与経路 適用理由 要指導/
リスク区分
被疑薬の
処置
再投与による再発の有無 評価
レムデシビル/ベクルリー 200 mg 20210108 20210108 静脈内点滴 COVID−19(COVID−19)   投与中止    
100 mg 20210109 20210111 静脈内点滴
ファビピラビル/アビガン 1800 mg 20210106 20210106 経口 COVID−19(COVID−19)   投与中止    
800 mg 20210107 20210107 経口
セフトリアキソンナトリウム水和物/ロセフィン 1 g 20210107 20210115 静脈内点滴 肺炎(肺炎)   投与中止    
副作用/有害事象
(発現日)
末期腎疾患(不明)   腎機能障害(20210111)  
併用薬 インスリン ヒト(遺伝子組換え)   インスリン グラルギン(遺伝子組換え)   デキサメタゾン   ヘパリンカルシウム   フロセミド   トルバプタン   アムロジピンベシル酸塩   リナグリプチン   ロスバスタチンカルシウム   フェブキソスタット   ボノプラザンフマル酸塩   クエン酸第一鉄ナトリウム   バルサルタン   ドキサゾシンメシル酸塩   エポエチン ベータ ペゴル(遺伝子組換え)   レパグリニド  

報告年度・四半期 2021・第二 種類 自発報告 報告職種 医師 報告分類 企業報告 状況 調査完了
性別 年代 70歳代 身長 体重 転帰 軽快
原疾患等 COVID−19肺炎   胆管炎  
被疑薬に関する
情報
一般名/販売名 一回
投与量
投与
開始日
投与
終了日
投与経路 適用理由 要指導/
リスク区分
被疑薬の
処置
再投与による再発の有無 評価
タゾバクタムナトリウム・ピペラシリンナトリウム/ゾシン     202103   静脈内点滴 COVID−19肺炎(COVID-19肺炎)   不明    
ファビピラビル/アビガン     202103   経口 COVID−19肺炎(COVID-19肺炎)   不明    
デキサメタゾンリン酸エステルナトリウム     202103   静脈内点滴 COVID−19肺炎(COVID-19肺炎)   不明    
アジスロマイシン水和物     202103   静脈内点滴 COVID−19肺炎(COVID-19肺炎)   不明    
副作用/有害事象
(発現日)
急性膵炎  
併用薬    

報告年度・四半期 2021・第二 種類 自発報告 報告職種 医師 報告分類 企業報告 状況 調査完了
性別 年代 70歳代 身長 体重 転帰 回復
原疾患等 COVID−19肺炎   胆管炎  
被疑薬に関する
情報
一般名/販売名 一回
投与量
投与
開始日
投与
終了日
投与経路 適用理由 要指導/
リスク区分
被疑薬の
処置
再投与による再発の有無 評価
ファビピラビル/アビガン         経口 COVID−19肺炎(COVID−19肺炎)   不明    
デキサメタゾン酢酸エステル         静脈内点滴     不明    
タゾバクタムナトリウム・ピペラシリンナトリウム         静脈内点滴     不明    
アジスロマイシン水和物         静脈内点滴     不明    
副作用/有害事象
(発現日)
急性膵炎  
併用薬    

報告年度・四半期 2021・第二 種類 自発報告 報告職種 医療関係者 報告分類 企業報告 状況 調査完了
性別 年代 70歳代 身長 体重 転帰 軽快
原疾患等 高血圧   脳梗塞   COVID−19肺炎  
被疑薬に関する
情報
一般名/販売名 一回
投与量
投与
開始日
投与
終了日
投与経路 適用理由 要指導/
リスク区分
被疑薬の
処置
再投与による再発の有無 評価
ヘパリンナトリウム/ヘパリンNaロック         不明 抗凝固療法   不明    
トロンボモデュリン アルファ(遺伝子組換え)         不明 抗凝固療法(ANTICOAGULANT THERAPY)   不明    
ファビピラビル         不明 COVID−19肺炎(COVID-19 PNEUMONIA)   非該当    
トシリズマブ(遺伝子組換え)         不明 COVID−19肺炎(COVID-19 PNEUMONIA)   非該当    
副作用/有害事象
(発現日)
血腫   出血   ヘモグロビン減少  
併用薬    

報告年度・四半期 2021・第二 種類 自発報告 報告職種 医師 報告分類 企業報告 状況 調査完了
性別 年代 70歳代 身長 体重 転帰 回復
原疾患等 COVID−19  
被疑薬に関する
情報
一般名/販売名 一回
投与量
投与
開始日
投与
終了日
投与経路 適用理由 要指導/
リスク区分
被疑薬の
処置
再投与による再発の有無 評価
ファビピラビル/アビガン         経口 COVID−19(COVID−19)   投与中止    
副作用/有害事象
(発現日)
痙攣発作  
併用薬    

報告年度・四半期 2021・第三 種類 自発報告 報告職種 薬剤師 報告分類 医療機関報告 状況 調査完了
性別 年代 20歳代 身長 150cm台 体重 50kg台 転帰 軽快
原疾患等 COVID−19   アルコール摂取   過敏症  
被疑薬に関する
情報
一般名/販売名 一回
投与量
投与
開始日
投与
終了日
投与経路 適用理由 要指導/
リスク区分
被疑薬の
処置
再投与による再発の有無 評価
ファビピラビル/アビガン 3600 mg 20210805 20210805 経口 COVID−19(COVID-19)   投与中止 薬物性肝障害(再投与なし)、膵炎(再投与なし)  
1600 mg 20210806 20210811 経口
副作用/有害事象
(発現日)
薬物性肝障害(20210811)   膵炎(20210811)  
併用薬 デキサメタゾン   ランソプラゾール   酪酸菌製剤   アセトアミノフェン   レバミピド   ロキソプロフェンナトリウム水和物   ドロスピレノン・エチニルエストラジオール ベータデクス  

報告年度・四半期 2021・第三 種類 自発報告 報告職種 医療関係者 報告分類 企業報告 状況 調査完了
性別 年代 70歳代 身長 体重 転帰 死亡
原疾患等 節外性辺縁帯B細胞リンパ腫(MALT型)   COVID−19  
被疑薬に関する
情報
一般名/販売名 一回
投与量
投与
開始日
投与
終了日
投与経路 適用理由 要指導/
リスク区分
被疑薬の
処置
再投与による再発の有無 評価
メチルプレドニゾロン/メドロール           COVID−19(COVID-19)   不明   C
ファビピラビル 1800 mg       COVID−19(COVID-19)   不明   C
1600 mg      
CHLOROQUINE 400 mg       COVID−19(COVID-19)   不明    
副作用/有害事象
(発現日)
適応外使用   未承認適応に対する治療用製品無効  
併用薬    

報告年度・四半期 2021・第三 種類 自発報告 報告職種 医療関係者 報告分類 企業報告 状況 調査完了
性別 年代 60歳代 身長 体重 転帰 不明
原疾患等 COVID−19   脳血管発作   糖尿病   高血圧   高脂血症  
被疑薬に関する
情報
一般名/販売名 一回
投与量
投与
開始日
投与
終了日
投与経路 適用理由 要指導/
リスク区分
被疑薬の
処置
再投与による再発の有無 評価
プレドニゾロン 20 mg     不明 COVID−19   不明    
10 mg     不明
エトポシド 80 mg/m2     不明 COVID−19   不明    
ファビピラビル         不明 COVID−19(COVID-19)   非該当    
デキサメタゾン 6.6 mg     不明 COVID−19(COVID-19)   不明    
Remdesivir         不明 COVID−19(COVID-19)   不明    
副作用/有害事象
(発現日)
肛門膿瘍   血中ブドウ糖増加   敗血症性ショック   エンテロバクター感染  
併用薬 ヘパリンカルシウム  

報告年度・四半期 2021・第三 種類 自発報告 報告職種 医師;薬剤師 報告分類 企業報告 状況 調査完了
性別 年代 50歳代 身長 160cm台 体重 60kg台 転帰 未回復
原疾患等 中枢神経系リンパ腫   SARS−CoV−2検査陽性   タバコ使用者  
被疑薬に関する
情報
一般名/販売名 一回
投与量
投与
開始日
投与
終了日
投与経路 適用理由 要指導/
リスク区分
被疑薬の
処置
再投与による再発の有無 評価
チラブルチニブ塩酸塩/ベレキシブル 480 mg 20210128 20210224 経口 中枢神経系リンパ腫(再発又は難治性の中枢神経系原発リンパ腫)   非該当 中枢神経系血管炎(再投与なし)、真菌性脳炎(再投与なし)、気管支肺アスペルギルス症(再投与なし)  
360 mg     経口
プレドニゾロン 5 mg 20201228 20210106 経口 中枢神経系リンパ腫(中枢神経系原発リンパ腫)   非該当    
ファビピラビル/アビガン 1800 mg 20210127   経口 SARS−CoV−2検査陽性(COVID19陽性)   非該当    
800 mg   20210209 経口
ランソプラゾール 30 mg   20210218 経口     非該当    
イソソルビド/イソバイド 30 mL   20210218 経口     非該当    
副作用/有害事象
(発現日)
中枢神経系血管炎(20210315)   真菌性脳炎(20210219)   気管支肺アスペルギルス症(202103)  
併用薬 五苓散   ゾルピデム酒石酸塩   レベチラセタム  

報告年度・四半期 2021・第三 種類 試験 報告職種 医療関係者 報告分類 企業報告 状況 調査完了
性別 年代 60歳代 身長 体重 転帰 不明
原疾患等 COVID−19   脳血管発作   糖尿病   高血圧   高脂血症   未承認適応に対する薬効欠如   薬効欠如  
被疑薬に関する
情報
一般名/販売名 一回
投与量
投与
開始日
投与
終了日
投与経路 適用理由 要指導/
リスク区分
被疑薬の
処置
再投与による再発の有無 評価
プレドニゾロン 20 mg     不明 COVID−19(COVID−19)   非該当 敗血症性ショック(再投与なし)、肛門膿瘍(再投与なし)、血中ブドウ糖増加(再投与なし)、エンテロバクター感染(再投与なし)  
10 mg     不明
ファビピラビル         不明 COVID−19(COVID−19)   投与中止    
エトポシド 80 mg/m2     不明 COVID−19(COVID−19)   非該当    
デキサメタゾン 6.6 mg     不明 COVID−19(COVID−19)   不明    
副作用/有害事象
(発現日)
敗血症性ショック   肛門膿瘍   血中ブドウ糖増加   エンテロバクター感染  
併用薬 レムデシビル   ヘパリンナトリウム  

報告年度・四半期 2021・第三 種類 自発報告 報告職種 医療関係者 報告分類 企業報告 状況 調査完了
性別 年代 60歳代 身長 体重 転帰 死亡
原疾患等 高血圧   レスピレータ依存  
被疑薬に関する
情報
一般名/販売名 一回
投与量
投与
開始日
投与
終了日
投与経路 適用理由 要指導/
リスク区分
被疑薬の
処置
再投与による再発の有無 評価
プレドニゾロン 70 mg     不明 適応症不明の製品使用(PRODUCT USED FOR UNKNOWN INDICATION)   不明   C
シクレソニド 800 ug     不明 COVID−19(COVID-19)   不明   C
カンデサルタン シレキセチル/カンデサルタン 4 mg     不明 高血圧(HYPERTENSION)   不明   C
アムロジピンベシル酸塩/アムロジピン 5 mg     不明 高血圧(HYPERTENSION)   不明   C
ファビピラビル 3600 mg     不明 適応症不明の製品使用(PRODUCT USED FOR UNKNOWN INDICATION)   不明   C
ナファモスタットメシル酸塩/ナファモスタット 14 mg     不明 適応症不明の製品使用(PRODUCT USED FOR UNKNOWN INDICATION)   不明   C
タゾバクタムナトリウム・ピペラシリンナトリウム 4.5 g     不明 適応症不明の製品使用(PRODUCT USED FOR UNKNOWN INDICATION)   不明   C
リネゾリド 600 mg     不明 適応症不明の製品使用(PRODUCT USED FOR UNKNOWN INDICATION)   不明   C
アンピシリンナトリウム・スルバクタムナトリウム         不明 適応症不明の製品使用(PRODUCT USED FOR UNKNOWN INDICATION)   不明   C
セフトリアキソンナトリウム水和物/セフトリアキソンNa 1 g     不明 適応症不明の製品使用(PRODUCT USED FOR UNKNOWN INDICATION)   不明   C
副作用/有害事象
(発現日)
多臓器機能不全症候群   急性呼吸窮迫症候群   COVID−19   肺炎球菌感染   下痢   感染性胆嚢炎   血便排泄   腸潰瘍   腸出血  
併用薬    

報告年度・四半期 2021・第三 種類 自発報告 報告職種 医師 報告分類 企業報告 状況 調査完了
性別 年代 40歳代 身長 体重 70kg台 転帰 回復
原疾患等 肺炎   COVID−19   糖尿病   慢性腎臓病   高血圧   高脂血症  
被疑薬に関する
情報
一般名/販売名 一回
投与量
投与
開始日
投与
終了日
投与経路 適用理由 要指導/
リスク区分
被疑薬の
処置
再投与による再発の有無 評価
セフトリアキソンナトリウム水和物/ロセフィン 1 g 20210107 20210115 静脈内(明記されていない場合)(静脈内(明記されていない場合)) 肺炎(Pneumonia)   投与中止    
レムデシビル 200 mg 20210108 20210108 静脈内(明記されていない場合)(静脈内(明記されていない場合)) COVID−19(COVID-19)   投与中止    
100 mg 20210109 20210111 静脈内(明記されていない場合)(静脈内(明記されていない場合))
ファビピラビル/アビガン 1800 mg 20210106 20210106 経口(経口) COVID−19(COVID-19)   非該当    
800 mg 20210107 20210107 経口(経口)
副作用/有害事象
(発現日)
末期腎疾患   腎機能障害(20210111)  
併用薬 デキサメタゾン   ヘパリンカルシウム   インスリン ヒト(遺伝子組換え)   インスリン グラルギン(遺伝子組換え)[後続1]   アムロジピンベシル酸塩   リナグリプチン   ロスバスタチンカルシウム   フェブキソスタット   ボノプラザンフマル酸塩   クエン酸第一鉄ナトリウム   バルサルタン   ドキサゾシンメシル酸塩   トルバプタン   フロセミド   エポエチン ベータ ペゴル(遺伝子組換え)   レパグリニド  

報告年度・四半期 2021・第三 種類 自発報告 報告職種 医療関係者 報告分類 企業報告 状況 調査完了
性別 年代 90歳代 身長 140cm台 体重 40kg台 転帰 不明
原疾患等 認知障害  
被疑薬に関する
情報
一般名/販売名 一回
投与量
投与
開始日
投与
終了日
投与経路 適用理由 要指導/
リスク区分
被疑薬の
処置
再投与による再発の有無 評価
メチルプレドニゾロン/メドロール           COVID−19(COVID-19)   不明    
ヘパリンカルシウム           COVID−19(COVID-19)   不明    
ファビピラビル           COVID−19(COVID-19)   不明    
副作用/有害事象
(発現日)
適応外使用   未承認適応に対する薬効欠如  
併用薬 ランソプラゾール   スルピリド   エチゾラム   セフタジジム水和物   メロペネム水和物  

報告年度・四半期 2021・第一 種類 自発報告 報告職種 薬剤師 報告分類 医療機関報告 状況 調査完了
性別 年代 70歳代 身長 140cm台 体重 40kg台 転帰 回復
原疾患等 COVID−19  
被疑薬に関する
情報
一般名/販売名 一回
投与量
投与
開始日
投与
終了日
投与経路 適用理由 要指導/
リスク区分
被疑薬の
処置
再投与による再発の有無 評価
ファビピラビル/アビガン 3600 mg 20210417 20210417 経口 COVID−19(COVID19)   投与中止 肝障害(再投与なし)  
1600 mg 20210418 20210428 経口
副作用/有害事象
(発現日)
肝障害(20210428)  
併用薬 クエチアピンフマル酸塩   ランソプラゾール   クロナゼパム   モサプリドクエン酸塩水和物   酸化マグネシウム   ジフェニドール塩酸塩   アセトアミノフェン   メロペネム水和物  

報告年度・四半期 2021・第一 種類 自発報告 報告職種 薬剤師 報告分類 医療機関報告 状況 調査完了
性別 年代 50歳代 身長 160cm台 体重 80kg台 転帰 不明
原疾患等 COVID−19肺炎   アルコール摂取   タバコ使用者   過敏症  
被疑薬に関する
情報
一般名/販売名 一回
投与量
投与
開始日
投与
終了日
投与経路 適用理由 要指導/
リスク区分
被疑薬の
処置
再投与による再発の有無 評価
ファビピラビル/アビガン 3600 mg 20210508 20210508 経口 COVID−19(感染症治療)   不明 血中尿酸増加(再投与なし)  
1600 mg 20210509 20210514 経口
副作用/有害事象
(発現日)
血中尿酸増加(20210511)  
併用薬 アセトアミノフェン  

報告年度・四半期 2021・第一 種類 自発報告 報告職種 薬剤師 報告分類 企業報告 状況 調査完了
性別 年代 80歳代 身長 体重 転帰 未回復
原疾患等 COVID−19  
被疑薬に関する
情報
一般名/販売名 一回
投与量
投与
開始日
投与
終了日
投与経路 適用理由 要指導/
リスク区分
被疑薬の
処置
再投与による再発の有無 評価
ファビピラビル/アビガン     20210614 20210618 経口 COVID−19(COVID−19)   投与中止    
副作用/有害事象
(発現日)
房室ブロック(20210618)  
併用薬 UNKNOWNDRUG  

報告年度・四半期 2021・第一 種類 試験 報告職種 医療関係者 報告分類 企業報告 状況 調査完了
性別 年代 80歳代 身長 体重 転帰 不明
原疾患等    
被疑薬に関する
情報
一般名/販売名 一回
投与量
投与
開始日
投与
終了日
投与経路 適用理由 要指導/
リスク区分
被疑薬の
処置
再投与による再発の有無 評価
プレドニゾロン         不明 びまん性大細胞型B細胞性リンパ腫   非該当    
リツキシマブ(遺伝子組換え)         不明 びまん性大細胞型B細胞性リンパ腫(DIFFUSE LARGE B-CELL LYMPHOMA)   非該当    
ファビピラビル         不明 COVID−19(COVID-19)   非該当    
ナファモスタットメシル酸塩/ナファモスタット         不明 COVID−19(COVID-19)   非該当    
副作用/有害事象
(発現日)
COVID−19  
併用薬 シクロホスファミド水和物   ドキソルビシン塩酸塩   ビンクリスチン硫酸塩  

報告年度・四半期 2021・第一 種類 試験 報告職種 医療関係者 報告分類 企業報告 状況 調査完了
性別 年代 70歳代 身長 体重 転帰 不明
原疾患等    
被疑薬に関する
情報
一般名/販売名 一回
投与量
投与
開始日
投与
終了日
投与経路 適用理由 要指導/
リスク区分
被疑薬の
処置
再投与による再発の有無 評価
プレドニゾロン         不明 びまん性大細胞型B細胞性リンパ腫   非該当    
リツキシマブ(遺伝子組換え)         不明 びまん性大細胞型B細胞性リンパ腫(DIFFUSE LARGE B-CELL LYMPHOMA)   非該当    
ファビピラビル         不明 COVID−19(COVID-19)   非該当    
ナファモスタットメシル酸塩         不明 COVID−19(COVID-19)   非該当    
副作用/有害事象
(発現日)
COVID−19  
併用薬 シクロホスファミド水和物   ドキソルビシン塩酸塩   ビンクリスチン硫酸塩  

報告年度・四半期 2021・第一 種類 試験 報告職種 医療関係者 報告分類 企業報告 状況 調査完了
性別 年代 80歳代 身長 体重 転帰 不明
原疾患等    
被疑薬に関する
情報
一般名/販売名 一回
投与量
投与
開始日
投与
終了日
投与経路 適用理由 要指導/
リスク区分
被疑薬の
処置
再投与による再発の有無 評価
プレドニゾロン         不明 びまん性大細胞型B細胞性リンパ腫   非該当    
リツキシマブ(遺伝子組換え)         不明 びまん性大細胞型B細胞性リンパ腫(DIFFUSE LARGE B-CELL LYMPHOMA)   非該当    
ファビピラビル         不明 COVID−19(COVID-19)   非該当    
ナファモスタットメシル酸塩/ナファモスタット         不明 COVID−19(COVID-19)   非該当    
副作用/有害事象
(発現日)
COVID−19  
併用薬 シクロホスファミド水和物   ドキソルビシン塩酸塩   ビンクリスチン硫酸塩  

報告年度・四半期 2021・第一 種類 自発報告 報告職種 薬剤師 報告分類 企業報告 状況 調査完了
性別 年代 30歳代 身長 体重 転帰 軽快
原疾患等 COVID−19  
被疑薬に関する
情報
一般名/販売名 一回
投与量
投与
開始日
投与
終了日
投与経路 適用理由 要指導/
リスク区分
被疑薬の
処置
再投与による再発の有無 評価
ファビピラビル/アビガン     20210420 20210430 経口 COVID−19(SARS-COV-2感染症)   投与中止    
副作用/有害事象
(発現日)
発疹(20210429)  
併用薬 ビランテロールトリフェニル酢酸塩・フルチカゾンフランカルボン酸エステル   エチゾラム   ロフラゼプ酸エチル   アセトアミノフェン  

報告年度・四半期 2021・第一 種類 試験 報告職種 医療関係者 報告分類 企業報告 状況 調査完了
性別 年代 不明 身長 体重 転帰 不明
原疾患等 乳癌   高血圧  
被疑薬に関する
情報
一般名/販売名 一回
投与量
投与
開始日
投与
終了日
投与経路 適用理由 要指導/
リスク区分
被疑薬の
処置
再投与による再発の有無 評価
プレドニゾロン     2020   不明 COVID−19肺炎   非該当    
レトロゾール     2020   不明 乳癌(BREAST CANCER)   不明    
ファビピラビル     2020   不明 COVID−19肺炎(COVID-19 PNEUMONIA)   非該当    
シクレソニド     2020   不明 COVID−19肺炎(COVID-19 PNEUMONIA)   非該当    
副作用/有害事象
(発現日)
COVID−19肺炎(2020)   リンパ球減少症(2020)  
併用薬    

報告年度・四半期 2021・第一 種類 試験 報告職種 医療関係者 報告分類 企業報告 状況 調査完了
性別 年代 50歳代 身長 体重 転帰 死亡
原疾患等 未分化大細胞型リンパ腫   COVID−19肺炎  
被疑薬に関する
情報
一般名/販売名 一回
投与量
投与
開始日
投与
終了日
投与経路 適用理由 要指導/
リスク区分
被疑薬の
処置
再投与による再発の有無 評価
プレドニゾロン     2020   不明 未分化大細胞型リンパ腫   非該当   C
ブレンツキシマブ ベドチン(遺伝子組換え)     2020   不明 未分化大細胞型リンパ腫(ANAPLASTIC LARGE-CELL LYMPHOMA)   非該当   C
ファビピラビル     2020   不明 COVID−19肺炎(COVID-19 PNEUMONIA)   非該当   C
シクロホスファミド水和物     2020   不明 未分化大細胞型リンパ腫(ANAPLASTIC LARGE-CELL LYMPHOMA)   非該当   C
ドキソルビシン塩酸塩     2020   不明 未分化大細胞型リンパ腫(ANAPLASTIC LARGE-CELL LYMPHOMA)   非該当   C
ヒドロキシクロロキン硫酸塩     2020   不明 COVID−19肺炎(COVID-19 PNEUMONIA)   非該当   C
メチルプレドニゾロン     2020   不明 COVID−19肺炎(COVID-19 PNEUMONIA)   非該当   C
副作用/有害事象
(発現日)
COVID−19肺炎(2020)   急性呼吸窮迫症候群(2020)   リンパ球減少症(2020)  
併用薬    

報告年度・四半期 2021・第一 種類 試験 報告職種 医療関係者 報告分類 企業報告 状況 調査完了
性別 年代 50歳代 身長 体重 転帰 死亡
原疾患等 未分化大細胞型リンパ腫  
被疑薬に関する
情報
一般名/販売名 一回
投与量
投与
開始日
投与
終了日
投与経路 適用理由 要指導/
リスク区分
被疑薬の
処置
再投与による再発の有無 評価
プレドニゾロン     2020   不明 未分化大細胞型リンパ腫(未分化大細胞型リンパ腫)   非該当 COVID−19肺炎(再投与なし)、リンパ球減少症(再投与なし)、急性呼吸窮迫症候群(再投与なし) C
ブレンツキシマブ ベドチン(遺伝子組換え)     2020   不明 未分化大細胞型リンパ腫(未分化大細胞型リンパ腫)   非該当   C
ファビピラビル     2020   不明 COVID−19肺炎(COVID−19肺炎)   非該当   C
シクロホスファミド水和物     2020   不明 未分化大細胞型リンパ腫(未分化大細胞型リンパ腫)   非該当   C
ドキソルビシン塩酸塩     2020   不明 未分化大細胞型リンパ腫(未分化大細胞型リンパ腫)   非該当   C
ヒドロキシクロロキン硫酸塩     2020   不明 COVID−19肺炎(COVID−19肺炎)   非該当   C
メチルプレドニゾロン     2020   不明 COVID−19肺炎(COVID−19肺炎)   非該当   C
副作用/有害事象
(発現日)
COVID−19肺炎(2020)   リンパ球減少症(2020)   急性呼吸窮迫症候群(2020)  
併用薬    

報告年度・四半期 2021・第一 種類 自発報告 報告職種 医師;医療関係者 報告分類 企業報告 状況 調査完了
性別 年代 60歳代 身長 体重 転帰 不明
原疾患等 COVID−19肺炎  
被疑薬に関する
情報
一般名/販売名 一回
投与量
投与
開始日
投与
終了日
投与経路 適用理由 要指導/
リスク区分
被疑薬の
処置
再投与による再発の有無 評価
シクレソニド/オルベスコ         吸入 COVID−19肺炎(COVID-19肺炎)   投与中止    
ロピナビル・リトナビル         経口 COVID−19肺炎(COVID-19肺炎)   投与中止    
ファビピラビル         経口 COVID−19肺炎(COVID-19肺炎)   投与中止    
メロペネム水和物/メロペネム         静脈内点滴 COVID−19肺炎(COVID-19肺炎)   不明    
ヒドロキシクロロキン硫酸塩         経口 COVID−19肺炎(COVID-19肺炎)   投与中止    
メチルプレドニゾロン         不明 COVID−19肺炎(COVID-19肺炎)   不明    
副作用/有害事象
(発現日)
播種性血管内凝固   肺塞栓症   状態悪化  
併用薬    

報告年度・四半期 2021・第一 種類 自発報告 報告職種 医療関係者 報告分類 企業報告 状況 調査完了
性別 年代 80歳代 身長 体重 転帰 死亡
原疾患等 糖尿病   高血圧  
被疑薬に関する
情報
一般名/販売名 一回
投与量
投与
開始日
投与
終了日
投与経路 適用理由 要指導/
リスク区分
被疑薬の
処置
再投与による再発の有無 評価
メチルプレドニゾロン酢酸エステル/デポ・メドロール 60 mg       COVID−19肺炎(COVID-19 pneumonia)、急性呼吸窮迫症候群(acute respiratory distress syndrome (ARDS))   不明   C
タゾバクタムナトリウム・ピペラシリンナトリウム           科学的根拠に基づく療法(empirically)、急性呼吸窮迫症候群(acute respiratory distress syndrome (ADRS))   不明   C
一酸化窒素         吸入 急性呼吸窮迫症候群(acute respiratory distress syndrome (ARDS))   不明   C
ファビピラビル           COVID−19肺炎(COVID-19 pneumonia)   不明   C
シクレソニド           COVID−19肺炎(COVID-19 pneumonia)   不明   C
副作用/有害事象
(発現日)
未承認適応に対する薬効欠如   適応外使用  
併用薬 フェンタニルクエン酸塩   ミダゾラム  

報告年度・四半期 2021・第一 種類 自発報告 報告職種 薬剤師 報告分類 企業報告 状況 調査完了
性別 年代 50歳代 身長 140cm台 体重 60kg台 転帰 不明
原疾患等 COVID−19   高血圧   脂質異常症   過敏症   十二指腸潰瘍  
被疑薬に関する
情報
一般名/販売名 一回
投与量
投与
開始日
投与
終了日
投与経路 適用理由 要指導/
リスク区分
被疑薬の
処置
再投与による再発の有無 評価
ファビピラビル/アビガン 1800 mg 20210210 20210210 経口 COVID−19(COVID−19肺炎)   非該当 急性肝不全(再投与なし)、食欲減退(再投与なし)、肝性脳症(再投与なし)、無尿(再投与なし)  
800 mg 20210211 20210223 経口
副作用/有害事象
(発現日)
急性肝不全(20210307)   食欲減退(20210307)   肝性脳症(20210312)   無尿  
併用薬 アジルサルタン・アムロジピンベシル酸塩配合剤   アトルバスタチンカルシウム水和物   デキサメタゾン   エソメプラゾールマグネシウム水和物   ヘパリン類似物質   フラジオマイシン・グラミシジンS   センノシド   フルルビプロフェン アキセチル   アジルサルタン   アムロジピンベシル酸塩  

報告年度・四半期 2021・第一 種類 自発報告 報告職種 医療関係者 報告分類 企業報告 状況 調査完了
性別 年代 70歳代 身長 体重 転帰 死亡
原疾患等 COVID−19肺炎   高血圧   急性呼吸窮迫症候群   低血圧   多臓器機能不全症候群   心筋梗塞  
被疑薬に関する
情報
一般名/販売名 一回
投与量
投与
開始日
投与
終了日
投与経路 適用理由 要指導/
リスク区分
被疑薬の
処置
再投与による再発の有無 評価
アジスロマイシン水和物         不明 COVID−19肺炎   非該当   C
セフトリアキソンナトリウム水和物         不明 COVID−19肺炎(COVID-19 PNEUMONIA)   非該当   C
ヘパリンナトリウム/ヘパリンNa         不明 心筋梗塞(MYOCARDIAL INFARCTION)   非該当   C
シクレソニド         その他 COVID−19肺炎(COVID-19 PNEUMONIA)   非該当   C
ファビピラビル         経口 COVID−19肺炎(COVID-19 PNEUMONIA)   非該当   C
ヒドロキシクロロキン硫酸塩         不明 COVID−19肺炎(COVID-19 PNEUMONIA)   非該当   C
ロクロニウム臭化物         不明 適応症不明の製品使用(DRUG USE FOR UNKNOWN INDICATION)   非該当   C
ノルアドレナリン         不明 低血圧(LOW BLOOD PRESSURE)   非該当   C
一酸化窒素         不明 酸素飽和度異常(OXYGEN SATURATION ABNORMAL)   非該当   C
ニトログリセリン         不明 心筋梗塞(MYOCARDIAL INFARCTION)   非該当   C
副作用/有害事象
(発現日)
心筋炎   不整脈  
併用薬    

報告年度・四半期 2021・第一 種類 自発報告 報告職種 医療関係者 報告分類 企業報告 状況 調査完了
性別 年代 70歳代 身長 体重 転帰 死亡
原疾患等 COVID−19肺炎   高血圧   急性呼吸窮迫症候群   低血圧   多臓器機能不全症候群   心筋梗塞  
被疑薬に関する
情報
一般名/販売名 一回
投与量
投与
開始日
投与
終了日
投与経路 適用理由 要指導/
リスク区分
被疑薬の
処置
再投与による再発の有無 評価
セフトリアキソンナトリウム水和物/セフトリアキソンNa         不明 COVID−19肺炎   非該当   C
ヘパリンナトリウム/ヘパリンNa         不明 心筋梗塞   非該当   C
アジスロマイシン水和物         不明 COVID−19肺炎(COVID-19 PNEUMONIA)   非該当   C
シクレソニド         その他 COVID−19肺炎(COVID-19 PNEUMONIA)   非該当   C
ファビピラビル         経口 COVID−19肺炎(COVID-19 PNEUMONIA)   非該当   C
ヒドロキシクロロキン硫酸塩         不明 COVID−19肺炎(COVID-19 PNEUMONIA)   非該当   C
ロクロニウム臭化物         不明 適応症不明の製品使用(DRUG USE FOR UNKNOWN INDICATION)   非該当   C
ノルアドレナリン         不明 低血圧(LOW BLOOD PRESSURE)   非該当   C
一酸化窒素         不明 酸素飽和度異常(OXYGEN SATURATION ABNORMAL)   非該当   C
ニトログリセリン         不明 心筋梗塞(MYOCARDIAL INFARCTION)   非該当   C
副作用/有害事象
(発現日)
心筋炎   不整脈  
併用薬    

報告年度・四半期 2020・第四 種類 自発報告 報告職種 薬剤師 報告分類 医療機関報告 状況 調査完了
性別 年代 50歳代 身長 140cm台 体重 60kg台 転帰 死亡
原疾患等 COVID−19   高血圧   脂質異常症   COVID−19肺炎   十二指腸潰瘍   アルコール摂取   タバコ使用者   過敏症  
被疑薬に関する
情報
一般名/販売名 一回
投与量
投与
開始日
投与
終了日
投与経路 適用理由 要指導/
リスク区分
被疑薬の
処置
再投与による再発の有無 評価
ファビピラビル/アビガン     20210210   経口 COVID−19(COVID-19感染症)   非該当 急性肝不全(再投与なし)、急性肝不全(再投与なし)、昏睡(再投与なし) C
      20210223 経口
副作用/有害事象
(発現日)
急性肝不全(20210310)   急性肝不全(20210319)   昏睡(20210319)  
併用薬 アジルサルタン・アムロジピンベシル酸塩配合剤   アジルサルタン   アムロジピンベシル酸塩   アトルバスタチンカルシウム水和物   デキサメタゾン   エソメプラゾールマグネシウム水和物   ヘパリン類似物質   デカリニウム塩化物   センノシド   フルルビプロフェン アキセチル   生理食塩液  

報告年度・四半期 2020・第四 種類 自発報告 報告職種 医師;不明 報告分類 医療機関報告 状況 調査完了
性別 年代 70歳代 身長 140cm台 体重 50kg台 転帰 軽快
原疾患等 COVID−19   肺塞栓症   アルコール摂取  
被疑薬に関する
情報
一般名/販売名 一回
投与量
投与
開始日
投与
終了日
投与経路 適用理由 要指導/
リスク区分
被疑薬の
処置
再投与による再発の有無 評価
ファビピラビル/アビガン 3600 mg 20210213 20210214 経口 COVID−19(COVID−19)   投与中止 発疹(再投与なし)、肝障害(再投与なし)  
1600 mg 20210214 20210226 経口
副作用/有害事象
(発現日)
発疹(20210225)   肝障害(20210222)  
併用薬 アセトアミノフェン   ランソプラゾール   プレドニゾロン   モサプリドクエン酸塩水和物   エスゾピクロン   オフロキサシン  

報告年度・四半期 2020・第四 種類 自発報告 報告職種 薬剤師 報告分類 医療機関報告 状況 調査完了
性別 年代 50歳代 身長 150cm台 体重 40kg台 転帰 不明
原疾患等 COVID−19肺炎   アルコール摂取   過敏症  
被疑薬に関する
情報
一般名/販売名 一回
投与量
投与
開始日
投与
終了日
投与経路 適用理由 要指導/
リスク区分
被疑薬の
処置
再投与による再発の有無 評価
ファビピラビル/アビガン 3600 mg 20201212 20201212 経口 COVID−19治療(COVID-19の治療)   投与中止 血中尿酸増加(再投与なし)  
1600 mg 20201213 20201222 経口
副作用/有害事象
(発現日)
血中尿酸増加(20201218)  
併用薬 アジスロマイシン水和物   メトホルミン塩酸塩   ブリモニジン酒石酸塩   ブリンゾラミド   リパスジル塩酸塩水和物   ベタメタゾンリン酸エステルナトリウム   チモロールマレイン酸塩   ブロムフェナクナトリウム水和物  

報告年度・四半期 2020・第四 種類 自発報告 報告職種 薬剤師 報告分類 医療機関報告 状況 調査完了
性別 年代 40歳代 身長 160cm台 体重 50kg台 転帰 軽快
原疾患等 COVID−19肺炎   アルコール摂取   過敏症  
被疑薬に関する
情報
一般名/販売名 一回
投与量
投与
開始日
投与
終了日
投与経路 適用理由 要指導/
リスク区分
被疑薬の
処置
再投与による再発の有無 評価
ファビピラビル/アビガン 3600 mg 20201218 20201218 経口 COVID−19治療(COVID-19の治療)   投与中止 薬疹(再投与なし)  
1600 mg 20201219 20201221 経口
副作用/有害事象
(発現日)
薬疹(20201221)  
併用薬 デキサメタゾン   ヘパリンカルシウム  

報告年度・四半期 2020・第四 種類 自発報告 報告職種 薬剤師 報告分類 医療機関報告 状況 調査完了
性別 年代 60歳代 身長 140cm台 体重 40kg台 転帰 不明
原疾患等 COVID−19肺炎   過敏症  
被疑薬に関する
情報
一般名/販売名 一回
投与量
投与
開始日
投与
終了日
投与経路 適用理由 要指導/
リスク区分
被疑薬の
処置
再投与による再発の有無 評価
ファビピラビル/アビガン 3600 mg 20201208 20201208 経口 感染(感染症の治療)   投与中止 血中尿酸増加(再投与なし)  
1600 mg 20201209 20201215 経口
副作用/有害事象
(発現日)
血中尿酸増加(20201215)  
併用薬 ヘパリンカルシウム   アセトアミノフェン  

報告年度・四半期 2020・第四 種類 自発報告 報告職種 薬剤師 報告分類 医療機関報告 状況 調査完了
性別 年代 80歳代 身長 150cm台 体重 40kg台 転帰 不明
原疾患等 COVID−19肺炎  
被疑薬に関する
情報
一般名/販売名 一回
投与量
投与
開始日
投与
終了日
投与経路 適用理由 要指導/
リスク区分
被疑薬の
処置
再投与による再発の有無 評価
ファビピラビル/アビガン 3600 mg 20201208 20201208 経口 感染(感染症の治療)   投与中止 血中尿酸増加(再投与なし)  
1600 mg 20201209 20201215 経口
副作用/有害事象
(発現日)
血中尿酸増加(20201215)  
併用薬 アトルバスタチンカルシウム水和物   クラリスロマイシン   ボノプラザンフマル酸塩   デキサメタゾン   レボフロキサシン水和物   アスピリン  

報告年度・四半期 2020・第四 種類 自発報告 報告職種 薬剤師 報告分類 医療機関報告 状況 調査完了
性別 年代 50歳代 身長 150cm台 体重 70kg台 転帰 不明
原疾患等 COVID−19   アルコール摂取  
被疑薬に関する
情報
一般名/販売名 一回
投与量
投与
開始日
投与
終了日
投与経路 適用理由 要指導/
リスク区分
被疑薬の
処置
再投与による再発の有無 評価
ファビピラビル/アビガン 3600 mg 20201209 20201209 経口 感染(感染症治療)   不明 血中尿酸増加(再投与なし)  
1600 mg 20201210 20201217 経口
副作用/有害事象
(発現日)
血中尿酸増加(20201214)  
併用薬 ヘパリンカルシウム   アジスロマイシン水和物   ロキソプロフェンナトリウム水和物  

報告年度・四半期 2020・第四 種類 自発報告 報告職種 医療関係者 報告分類 企業報告 状況 調査完了
性別 年代 40歳代 身長 体重 転帰 回復
原疾患等 皮膚筋炎   間質性肺疾患  
被疑薬に関する
情報
一般名/販売名 一回
投与量
投与
開始日
投与
終了日
投与経路 適用理由 要指導/
リスク区分
被疑薬の
処置
再投与による再発の有無 評価
プレドニゾロン 50 mg 2020 2020 不明 間質性肺疾患   非該当    
メチルプレドニゾロン 500 mg 2020 2020 不明 間質性肺疾患(INTERSTITIAL PNEUMONIA)   不明    
シクロホスファミド水和物 750 mg 2020 2020 静脈内(明記されていない場合) 間質性肺疾患(INTERSTITIAL PNEUMONIA)   不明    
タクロリムス水和物 4 mg 2020 2020 不明 間質性肺疾患(INTERSTITIAL PNEUMONIA)   不明    
シクレソニド     202005 202005 吸入 COVID−19肺炎(COVID-19 PNEUMONIA)   非該当    
ファビピラビル     202005 202005 不明 COVID−19肺炎(COVID-19 PNEUMONIA)   非該当    
ナファモスタットメシル酸塩/ナファモスタット     202005 202005 不明 COVID−19肺炎(COVID-19 PNEUMONIA)   非該当    
副作用/有害事象
(発現日)
COVID−19肺炎(20200423)   ウイルス量増加(2020)  
併用薬    

報告年度・四半期 2020・第四 種類 自発報告 報告職種 薬剤師 報告分類 企業報告 状況 調査完了
性別 年代 80歳代 身長 体重 転帰 死亡
原疾患等 COVID−19肺炎   心不全   貧血   慢性腎臓病   糖尿病   B型肝炎  
被疑薬に関する
情報
一般名/販売名 一回
投与量
投与
開始日
投与
終了日
投与経路 適用理由 要指導/
リスク区分
被疑薬の
処置
再投与による再発の有無 評価
ファビピラビル/アビガン 1800 mg 20210221   経口 COVID−19肺炎(COVID-19肺炎)   投与量変更せず   C
400 mg 20210222   経口
副作用/有害事象
(発現日)
血小板数減少  
併用薬 レベチラセタム   デキサメタゾンリン酸エステルナトリウム   ウルソデオキシコール酸   ニフェジピン   カルベジロール   ラクツロース   ドキサゾシンメシル酸塩  

報告年度・四半期 2020・第四 種類 自発報告 報告職種 薬剤師 報告分類 企業報告 状況 調査完了
性別 年代 80歳代 身長 体重 転帰 死亡
原疾患等 COVID−19肺炎   心不全   房室ブロック   尿路感染   2型糖尿病   認知症   慢性腎臓病   高血圧  
被疑薬に関する
情報
一般名/販売名 一回
投与量
投与
開始日
投与
終了日
投与経路 適用理由 要指導/
リスク区分
被疑薬の
処置
再投与による再発の有無 評価
ファビピラビル/アビガン 1800 mg 20210218   経口 COVID−19肺炎(COVID-19肺炎)   投与量変更せず   C
400 mg 20210219   経口
副作用/有害事象
(発現日)
胃腸出血(20210301)  
併用薬 ドネペジル塩酸塩   デュタステリド   フェブキソスタット   アムロジピンベシル酸塩   デキサメタゾンリン酸エステルナトリウム   ヘパリンカルシウム  

報告年度・四半期 2020・第四 種類 自発報告 報告職種 薬剤師 報告分類 企業報告 状況 調査完了
性別 年代 90歳代 身長 体重 転帰 死亡
原疾患等 COVID−19肺炎   C型肝炎   高血圧   慢性腎臓病   下肢切断   末梢動脈閉塞  
被疑薬に関する
情報
一般名/販売名 一回
投与量
投与
開始日
投与
終了日
投与経路 適用理由 要指導/
リスク区分
被疑薬の
処置
再投与による再発の有無 評価
ファビピラビル/アビガン 1800 mg 20210215 20210216 経口 COVID−19肺炎(COVID-19肺炎)   不明   C
400 mg 20210216 20210219 経口
副作用/有害事象
(発現日)
胃腸出血(20210219)  
併用薬 ビソプロロール   セフェピム塩酸塩水和物   アトルバスタチンカルシウム水和物   ボノプラザンフマル酸塩   塩化ナトリウム   沈降炭酸カルシウム   デキサメタゾンリン酸エステルナトリウム   ロラタジン   ラクツロース   クエン酸第一鉄ナトリウム   テルミサルタン   ニコランジル   サルポグレラート塩酸塩  

報告年度・四半期 2020・第四 種類 自発報告 報告職種 医療関係者 報告分類 企業報告 状況 調査完了
性別 年代 40歳代 身長 体重 転帰 回復
原疾患等 皮膚筋炎   間質性肺疾患   適応外使用  
被疑薬に関する
情報
一般名/販売名 一回
投与量
投与
開始日
投与
終了日
投与経路 適用理由 要指導/
リスク区分
被疑薬の
処置
再投与による再発の有無 評価
プレドニゾロン 50 mg 2020 2020 不明 間質性肺疾患(間質性肺疾患)   非該当 COVID−19肺炎(再投与なし)、ウイルス量増加(再投与なし)  
タクロリムス水和物 4 mg 2020 2020 不明 間質性肺疾患(間質性肺疾患)   非該当 COVID−19肺炎(再投与なし)、ウイルス量増加(再投与なし)  
メチルプレドニゾロン 500 mg 2020 2020 不明 間質性肺疾患(間質性肺炎)   非該当    
シクロホスファミド水和物 750 mg 2020 2020 静脈内(明記されていない場合) 間質性肺疾患(間質性肺炎)   非該当    
シクレソニド         その他(吸入に使用) COVID−19肺炎(COVID−19肺炎)   非該当    
ファビピラビル         不明 COVID−19肺炎(COVID−19肺炎)   非該当    
ナファモスタットメシル酸塩/ナファモスタット         不明 COVID−19肺炎(COVID−19肺炎)   非該当    
副作用/有害事象
(発現日)
COVID−19肺炎(20200423)   ウイルス量増加(2020)  
併用薬    

報告年度・四半期 2020・第四 種類 自発報告 報告職種 医師 報告分類 企業報告 状況 調査完了
性別 年代 40歳代 身長 体重 転帰 回復
原疾患等 COVID−19   頭痛   発熱  
被疑薬に関する
情報
一般名/販売名 一回
投与量
投与
開始日
投与
終了日
投与経路 適用理由 要指導/
リスク区分
被疑薬の
処置
再投与による再発の有無 評価
ロキソプロフェンナトリウム水和物         不明 頭痛(頭痛)   投与中止 対称性薬剤性間擦性および屈側部発疹(不明)  
アセトアミノフェン         不明 発熱(発熱)   不明 対称性薬剤性間擦性および屈側部発疹(不明)  
ファビピラビル         不明 COVID−19(COVID−19)   不明    
副作用/有害事象
(発現日)
対称性薬剤性間擦性および屈側部発疹  
併用薬    

報告年度・四半期 2020・第四 種類 自発報告 報告職種 医師 報告分類 企業報告 状況 調査完了
性別 年代 40歳代 身長 体重 転帰 回復
原疾患等 COVID−19   頭痛   発熱  
被疑薬に関する
情報
一般名/販売名 一回
投与量
投与
開始日
投与
終了日
投与経路 適用理由 要指導/
リスク区分
被疑薬の
処置
再投与による再発の有無 評価
アセトアミノフェン/アンヒバ         不明 発熱(発熱)   不明 対称性薬剤性間擦性および屈側部発疹(不明)  
ロキソプロフェンナトリウム水和物         不明 頭痛(頭痛)   投与中止 対称性薬剤性間擦性および屈側部発疹(不明)  
ファビピラビル         不明 COVID−19(COVID−19)   不明    
副作用/有害事象
(発現日)
対称性薬剤性間擦性および屈側部発疹  
併用薬    

報告年度・四半期 2020・第四 種類 自発報告 報告職種 医療関係者 報告分類 企業報告 状況 調査完了
性別 年代 70歳代 身長 体重 転帰 死亡
原疾患等    
被疑薬に関する
情報
一般名/販売名 一回
投与量
投与
開始日
投与
終了日
投与経路 適用理由 要指導/
リスク区分
被疑薬の
処置
再投与による再発の有無 評価
セフトリアキソンナトリウム水和物/セフトリアキソンナトリウム「VTRS」           抗生物質予防投与(prevent secondary infections)   不明   C
アジスロマイシン水和物/ジスロマック           抗生物質予防投与(prevent secondary infections)   不明   C
シクレソニド         COVID−19(covid-19)   不明   C
ファビピラビル         経口 COVID−19(covid-19)   不明   C
ヒドロキシクロロキン硫酸塩           COVID−19(covid-19)   不明   C
ノルアドレナリン           COVID−19(covid-19)   不明   C
副作用/有害事象
(発現日)
心筋炎   適応外使用  
併用薬    

報告年度・四半期 2020・第四 種類 自発報告 報告職種 薬剤師 報告分類 企業報告 状況 調査完了
性別 年代 70歳代 身長 150cm台 体重 50kg台 転帰 回復
原疾患等 COVID−19肺炎   うつ病   高脂血症   高血圧  
被疑薬に関する
情報
一般名/販売名 一回
投与量
投与
開始日
投与
終了日
投与経路 適用理由 要指導/
リスク区分
被疑薬の
処置
再投与による再発の有無 評価
ファビピラビル/アビガン 1600 mg 20201222 20201222 経口 COVID−19肺炎(COVID-19肺炎)   投与中止 肝機能異常(再投与なし)  
600 mg 20201223 20210104 経口
トシリズマブ(遺伝子組換え)/アクテムラ 480 mg 20201225 20201225 静脈内点滴 COVID−19肺炎(COVID-19肺炎)   非該当    
副作用/有害事象
(発現日)
肝機能異常(20210104)  
併用薬 経腸成分栄養剤(2−1)   アズレンスルホン酸ナトリウム水和物   デキストロメトルファン臭化水素酸塩水和物   コデインリン酸塩水和物   オランザピン   スボレキサント   エスゾピクロン   フルボキサミンマレイン酸塩   イコサペント酸エチル   アムロジピンベシル酸塩  

報告年度・四半期 2020・第四 種類 自発報告 報告職種 医師 報告分類 企業報告 状況 調査完了
性別 年代 80歳代 身長 130cm台 体重 60kg台 転帰 不明
原疾患等 COVID−19   IgA腎症   慢性腎臓病   高血圧  
被疑薬に関する
情報
一般名/販売名 一回
投与量
投与
開始日
投与
終了日
投与経路 適用理由 要指導/
リスク区分
被疑薬の
処置
再投与による再発の有無 評価
ファビピラビル/アビガン 1800 mg 20210128 20210128 経口 COVID−19(COVID−19)   投与中止    
800 mg 20210129 20210202 経口
副作用/有害事象
(発現日)
腎機能障害(20210201)   イレウス(20210131)  
併用薬 デキサメタゾン   クラリスロマイシン   炭酸水素ナトリウム   L−カルボシステイン   ゾルピデム酒石酸塩   エチゾラム   センナ・センナ実   エルデカルシトール   エソメプラゾールマグネシウム水和物   バルサルタン   ニフェジピン   シルニジピン   アトルバスタチンカルシウム水和物   フェブキソスタット  

報告年度・四半期 2020・第四 種類 自発報告 報告職種 医療関係者 報告分類 企業報告 状況 調査完了
性別 年代 40歳代 身長 体重 転帰 回復
原疾患等 喘息   非タバコ使用者   入院   COVID−19肺炎  
被疑薬に関する
情報
一般名/販売名 一回
投与量
投与
開始日
投与
終了日
投与経路 適用理由 要指導/
リスク区分
被疑薬の
処置
再投与による再発の有無 評価
ナファモスタットメシル酸塩 250 mg     その他 COVID−19肺炎   非該当    
メチルプレドニゾロン 160 mg     その他 COVID−19肺炎(COVID-19 PNEUMONIA)   非該当    
シクレソニド 1200 ug     吸入 COVID−19肺炎(COVID-19 PNEUMONIA)   不明    
ファビピラビル 1600 mg     経口 COVID−19肺炎(COVID-19 PNEUMONIA)   非該当    
副作用/有害事象
(発現日)
COVID−19肺炎   SARS−CoV−2検査陽性   ウイルス量増加  
併用薬    

報告年度・四半期 2020・第四 種類 自発報告 報告職種 薬剤師 報告分類 企業報告 状況 調査完了
性別 年代 40歳代 身長 160cm台 体重 60kg台 転帰 軽快
原疾患等    
被疑薬に関する
情報
一般名/販売名 一回
投与量
投与
開始日
投与
終了日
投与経路 適用理由 要指導/
リスク区分
被疑薬の
処置
再投与による再発の有無 評価
ロピナビル・リトナビル/カレトラ 4 {DF}   20200504 経口 COVID−19(COVID-19)   投与中止    
ファビピラビル/アビガン 8 {DF} 20200501 20200512 経口 COVID−19(COVID-19)        
ナファモスタットメシル酸塩/ナファモスタット 250 mg 20200505 20200509 静脈内点滴 COVID−19(COVID-19)        
副作用/有害事象
(発現日)
薬物性肝障害(20200503)  
併用薬    

報告年度・四半期 2020・第四 種類 自発報告 報告職種 薬剤師 報告分類 企業報告 状況 調査完了
性別 年代 40歳代 身長 体重 転帰 軽快
原疾患等 COVID−19  
被疑薬に関する
情報
一般名/販売名 一回
投与量
投与
開始日
投与
終了日
投与経路 適用理由 要指導/
リスク区分
被疑薬の
処置
再投与による再発の有無 評価
ファビピラビル/アビガン 800 mg 20210115 20210123 経口 COVID−19(COVID-19)   投与中止    
エソメプラゾールマグネシウム水和物/ネキシウム 20 mg 20210115 20210123 経口     投与中止    
副作用/有害事象
(発現日)
発疹(20210123)  
併用薬    

報告年度・四半期 2020・第四 種類 自発報告 報告職種 薬剤師 報告分類 企業報告 状況 調査完了
性別 年代 70歳代 身長 160cm台 体重 70kg台 転帰 未回復
原疾患等 COVID−19   胃潰瘍   良性前立腺肥大症   肺補助デバイス治療   高血圧   高脂血症   胆道閉塞   肝機能異常   アルコール中毒者   アルコール性肝炎   血栓症   呼吸不全   持続的血液透析濾過   入院  
被疑薬に関する
情報
一般名/販売名 一回
投与量
投与
開始日
投与
終了日
投与経路 適用理由 要指導/
リスク区分
被疑薬の
処置
再投与による再発の有無 評価
メロペネム水和物/メロペネム*ファイザー     202002     抗生物質療法(Antimicrobial therapy)   不明    
バンコマイシン塩酸塩/バンコマイシン     202002 2020   抗生物質療法(Antimicrobial therapy)   投与中止    
ファビピラビル 6000 mg 202002 202002   COVID−19(COVID-19)   不明    
2400 mg 202002    
副作用/有害事象
(発現日)
肝損傷(2020)   アラニンアミノトランスフェラーゼ増加(2020)   アスパラギン酸アミノトランスフェラーゼ増加(2020)   血中乳酸脱水素酵素増加(2020)  
併用薬 アンチトロンビン ガンマ(遺伝子組換え)   プレドニゾロン   ミノサイクリン塩酸塩   スルファメトキサゾール・トリメトプリム   ミカファンギンナトリウム  

報告年度・四半期 2020・第四 種類 自発報告 報告職種 医師 報告分類 企業報告 状況 調査完了
性別 年代 40歳代 身長 体重 転帰 回復
原疾患等 急性呼吸窮迫症候群   COVID−19  
被疑薬に関する
情報
一般名/販売名 一回
投与量
投与
開始日
投与
終了日
投与経路 適用理由 要指導/
リスク区分
被疑薬の
処置
再投与による再発の有無 評価
ミダゾラム         不明 鎮静療法   非該当    
セフトリアキソンナトリウム水和物/セフトリアキソンNa 2 g     不明 急性呼吸窮迫症候群(ACUTE RESPIRATORY DISTRESS SYNDROME)、COVID−19(COVID-19)   非該当    
アジスロマイシン水和物 500 mg     不明 急性呼吸窮迫症候群(ACUTE RESPIRATORY DISTRESS SYNDROME)、COVID−19(COVID-19)   非該当    
ファビピラビル         不明 急性呼吸窮迫症候群(ACUTE RESPIRATORY DISTRESS SYNDROME)、COVID−19(COVID-19)   投与中止    
メチルプレドニゾロン 1 g     不明 急性呼吸窮迫症候群(ACUTE RESPIRATORY DISTRESS SYNDROME)、COVID−19(COVID-19)   非該当    
フェンタニルクエン酸塩/フェンタニル         不明 適応症不明の製品使用(DRUG USE FOR UNKNOWN INDICATION)   投与中止    
副作用/有害事象
(発現日)
悪性症候群   急性腎障害  
併用薬 プロポフォール   ロクロニウム臭化物   デクスメデトミジン塩酸塩  

報告年度・四半期 2020・第四 種類 自発報告 報告職種 医師 報告分類 企業報告 状況 調査完了
性別 年代 40歳代 身長 体重 転帰 軽快
原疾患等 急性呼吸窮迫症候群   COVID−19   譫妄  
被疑薬に関する
情報
一般名/販売名 一回
投与量
投与
開始日
投与
終了日
投与経路 適用理由 要指導/
リスク区分
被疑薬の
処置
再投与による再発の有無 評価
ミダゾラム         不明 適応症不明の製品使用   非該当    
タゾバクタムナトリウム・ピペラシリンナトリウム         不明 急性呼吸窮迫症候群(ACUTE RESPIRATORY DISTRESS SYNDROME)、COVID−19(COVID-19)   不明    
アジスロマイシン水和物         不明 急性呼吸窮迫症候群(ACUTE RESPIRATORY DISTRESS SYNDROME)、COVID−19(COVID-19)   不明    
ファビピラビル         不明 急性呼吸窮迫症候群(ACUTE RESPIRATORY DISTRESS SYNDROME)、COVID−19(COVID-19)   投与中止    
メチルプレドニゾロン 100 mg     不明 急性呼吸窮迫症候群(ACUTE RESPIRATORY DISTRESS SYNDROME)、COVID−19(COVID-19)   非該当    
リスペリドン         不明 譫妄(DELIRIUM)   投与中止    
副作用/有害事象
(発現日)
悪性症候群  
併用薬 デクスメデトミジン塩酸塩  

報告年度・四半期 2020・第四 種類 自発報告 報告職種 医師 報告分類 企業報告 状況 調査完了
性別 年代 40歳代 身長 体重 転帰 軽快
原疾患等 急性呼吸窮迫症候群   COVID−19   譫妄  
被疑薬に関する
情報
一般名/販売名 一回
投与量
投与
開始日
投与
終了日
投与経路 適用理由 要指導/
リスク区分
被疑薬の
処置
再投与による再発の有無 評価
タゾバクタムナトリウム・ピペラシリンナトリウム/タゾピペ         不明 急性呼吸窮迫症候群(急性呼吸窮迫症候群)、COVID−19(COVID−19)   不明 悪性症候群(不明)  
ファビピラビル         不明 急性呼吸窮迫症候群(急性呼吸窮迫症候群)、COVID−19(COVID−19)   投与中止    
メチルプレドニゾロン 100 mg     不明 急性呼吸窮迫症候群(急性呼吸窮迫症候群)、COVID−19(COVID−19)   非該当    
アジスロマイシン水和物         不明 急性呼吸窮迫症候群(急性呼吸窮迫症候群)、COVID−19(COVID−19)   不明    
リスペリドン         不明 譫妄(譫妄)   投与中止    
ミダゾラム         不明 適応症不明の製品使用(適応症不明の薬剤使用)   非該当    
副作用/有害事象
(発現日)
悪性症候群  
併用薬 デクスメデトミジン塩酸塩  

報告年度・四半期 2020・第四 種類 自発報告 報告職種 医師 報告分類 企業報告 状況 調査完了
性別 年代 70歳代 身長 170cm台 体重 60kg台 転帰 軽快
原疾患等 COVID−19肺炎   非タバコ使用者   炎症   呼吸不全   肺硬化   気管支拡張症  
被疑薬に関する
情報
一般名/販売名 一回
投与量
投与
開始日
投与
終了日
投与経路 適用理由 要指導/
リスク区分
被疑薬の
処置
再投与による再発の有無 評価
プレドニゾロン         不明 COVID−19肺炎   投与量変更せず    
ファビピラビル 1800 mg     不明 COVID−19肺炎(COVID-19 PNEUMONIA)、COVID−19肺炎(COVID-19 pneumonia)   非該当    
800 mg     不明
アジスロマイシン水和物 500 mg     不明 COVID−19肺炎(COVID-19 PNEUMONIA)   非該当    
ヒスタミン加人免疫グロブリン 5000 mg     静脈内(明記されていない場合) COVID−19肺炎(COVID-19 PNEUMONIA)   非該当    
メチルプレドニゾロン 500 mg     静脈内(明記されていない場合) COVID−19肺炎(COVID-19 PNEUMONIA)   不明    
副作用/有害事象
(発現日)
気胸  
併用薬    

報告年度・四半期 2020・第二 種類 自発報告 報告職種 薬剤師 報告分類 医療機関報告 状況 調査完了
性別 年代 20歳代 身長 160cm台 体重 70kg台 転帰 不明
原疾患等 COVID−19   アルコール摂取  
被疑薬に関する
情報
一般名/販売名 一回
投与量
投与
開始日
投与
終了日
投与経路 適用理由 要指導/
リスク区分
被疑薬の
処置
再投与による再発の有無 評価
ファビピラビル/アビガン     20200703 20200703 経口 COVID−19(COVID19感染症)   不明 血中尿酸増加(再投与なし)  
    20200704 20200716 経口
副作用/有害事象
(発現日)
血中尿酸増加(20200703)  
併用薬    

報告年度・四半期 2020・第二 種類 自発報告 報告職種 薬剤師 報告分類 医療機関報告 状況 調査完了
性別 年代 20歳代 身長 170cm台 体重 60kg台 転帰 不明
原疾患等 COVID−19  
被疑薬に関する
情報
一般名/販売名 一回
投与量
投与
開始日
投与
終了日
投与経路 適用理由 要指導/
リスク区分
被疑薬の
処置
再投与による再発の有無 評価
ファビピラビル/アビガン     20200814 20200826 経口 感染(感染症治療)   不明 血中尿酸増加(再投与なし)  
副作用/有害事象
(発現日)
血中尿酸増加(20200821)  
併用薬 酪酸菌配合剤   ランソプラゾール   レバミピド   メトクロプラミド  

報告年度・四半期 2020・第二 種類 自発報告 報告職種 薬剤師 報告分類 医療機関報告 状況 調査完了
性別 年代 40歳代 身長 150cm台 体重 60kg台 転帰 不明
原疾患等 COVID−19   過敏症  
被疑薬に関する
情報
一般名/販売名 一回
投与量
投与
開始日
投与
終了日
投与経路 適用理由 要指導/
リスク区分
被疑薬の
処置
再投与による再発の有無 評価
ファビピラビル/アビガン 3600 mg 20200729 20200729 経口 感染(感染症の治療)   投与中止 血中トリグリセリド増加(再投与なし)、血中尿酸増加(再投与なし)  
1600 mg 20200730 20200804 経口
副作用/有害事象
(発現日)
血中トリグリセリド増加(20200729)   血中尿酸増加(20200729)  
併用薬 アジルサルタン   アムロジピンベシル酸塩   ヘパリンカルシウム  

報告年度・四半期 2020・第二 種類 自発報告 報告職種 薬剤師 報告分類 医療機関報告 状況 調査完了
性別 年代 60歳代 身長 160cm台 体重 60kg台 転帰 軽快
原疾患等 COVID−19   アルコール摂取  
被疑薬に関する
情報
一般名/販売名 一回
投与量
投与
開始日
投与
終了日
投与経路 適用理由 要指導/
リスク区分
被疑薬の
処置
再投与による再発の有無 評価
ファビピラビル/アビガン 3600 mg 20200717   経口 感染(感染症の治療)   非該当 アスパラギン酸アミノトランスフェラーゼ増加(再投与なし)、アラニンアミノトランスフェラーゼ増加(再投与なし)、γ−グルタミルトランスフェラーゼ増加(再投与なし)  
1600 mg 20200718 20200724 経口
副作用/有害事象
(発現日)
アスパラギン酸アミノトランスフェラーゼ増加(20200730)   アラニンアミノトランスフェラーゼ増加(20200730)   γ−グルタミルトランスフェラーゼ増加(20200730)  
併用薬 アトルバスタチンカルシウム水和物   L−カルボシステイン   クロピドグレル硫酸塩   ジルチアゼム塩酸塩   テルミサルタン   エソメプラゾールマグネシウム水和物   ベニジピン塩酸塩   デキストロメトルファン臭化水素酸塩水和物   アンブロキソール塩酸塩  

報告年度・四半期 2020・第二 種類 自発報告 報告職種 医師 報告分類 企業報告 状況 調査完了
性別 年代 40歳代 身長 体重 転帰 軽快
原疾患等 急性呼吸窮迫症候群   COVID−19  
被疑薬に関する
情報
一般名/販売名 一回
投与量
投与
開始日
投与
終了日
投与経路 適用理由 要指導/
リスク区分
被疑薬の
処置
再投与による再発の有無 評価
ファビピラビル/アビガン 1800 mg     経口 COVID−19(COVID−19)   投与中止    
800 mg     経口
リスペリドン         不明 譫妄(譫妄)   投与中止    
ミダゾラム         静脈内(明記されていない場合)     投与中止    
副作用/有害事象
(発現日)
悪性症候群  
併用薬 メチルプレドニゾロンコハク酸エステルナトリウム   タゾバクタムナトリウム・ピペラシリンナトリウム   アジスロマイシン水和物   プロポフォール   デクスメデトミジン塩酸塩   フェンタニルクエン酸塩  

報告年度・四半期 2020・第二 種類 自発報告 報告職種 医師 報告分類 企業報告 状況 調査完了
性別 年代 40歳代 身長 体重 転帰 回復
原疾患等 急性呼吸窮迫症候群   COVID−19  
被疑薬に関する
情報
一般名/販売名 一回
投与量
投与
開始日
投与
終了日
投与経路 適用理由 要指導/
リスク区分
被疑薬の
処置
再投与による再発の有無 評価
ファビピラビル/アビガン 1800 mg     経口 COVID−19(COVID-19)   投与中止    
800 mg     経口
ミダゾラム         静脈内(明記されていない場合)     投与中止    
フェンタニルクエン酸塩         静脈内(明記されていない場合)     投与中止    
副作用/有害事象
(発現日)
悪性症候群  
併用薬 メチルプレドニゾロンコハク酸エステルナトリウム   セフトリアキソンナトリウム水和物   アジスロマイシン水和物   プロポフォール   ロクロニウム臭化物   デクスメデトミジン塩酸塩  

報告年度・四半期 2020・第二 種類 自発報告 報告職種 医師 報告分類 企業報告 状況 調査完了
性別 年代 60歳代 身長 体重 転帰 不明
原疾患等 2型糖尿病  
被疑薬に関する
情報
一般名/販売名 一回
投与量
投与
開始日
投与
終了日
投与経路 適用理由 要指導/
リスク区分
被疑薬の
処置
再投与による再発の有無 評価
カルベジロール/アーチスト     20200502 20200522 不明 高血圧(Hypertension)   投与中止 好中球数減少(再投与なし)、薬物性肝障害(再投与なし)、播種性血管内凝固(再投与なし)、腎機能障害(再投与なし)  
トシリズマブ(遺伝子組換え)/アクテムラ 400 mg 20200502 20200503 静脈内点滴 COVID−19肺炎(COVID-19 pneumonia)   不明    
シクレソニド/オルベスコ     20200502 20200601 不明 COVID−19(COVID-19)   不明    
カモスタットメシル酸塩     20200502 20200512 不明 COVID−19(COVID-19)   不明    
ファビピラビル/アビガン     20200502 20200503 不明 COVID−19(COVID-19)   不明    
    20200503 20200515 不明
ヒドロキシクロロキン硫酸塩/プラケニル     20200502 20200502 不明 COVID−19(COVID-19)   不明    
    20200503 20200511 不明
アジスロマイシン水和物/ジスロマック     20200502 20200506 不明 COVID−19(COVID-19)   不明    
メチルプレドニゾロン     20200502 20200502 不明 COVID−19(COVID-19)   不明    
    20200503 20200506 不明
    20200507 20200508 不明
    20200509 20200510 不明
    20200511 20200512 不明
アムロジピンベシル酸塩/アムロジピン     20200502 20200522 不明 高血圧(Hypertension)   不明    
アジルサルタン/アジルバ     20200502 20200602 不明 高血圧(Hypertension)   不明    
トロンボモデュリン アルファ(遺伝子組換え)/リコモジュリン 25600 [iU] 20200519 20200529 不明 播種性血管内凝固(Disseminated intravascular coagulation)   不明    
アピキサバン/エリキュース 5 mg 20200530 20200530 不明 播種性血管内凝固(Disseminated intravascular coagulation)   不明    
ファモチジン     20200530 20200530 不明 播種性血管内凝固(Disseminated intravascular coagulation)   不明    
インスリン アスパルト(遺伝子組換え)/ノボラピッド         不明 2型糖尿病(Type 2 diabetes mellitus)   不明    
副作用/有害事象
(発現日)
好中球数減少(20200519)   薬物性肝障害(202005)   播種性血管内凝固(202005)   腎機能障害(2020)  
併用薬    

報告年度・四半期 2020・第二 種類 自発報告 報告職種 医療関係者 報告分類 企業報告 状況 調査完了
性別 年代 30歳代 身長 170cm台 体重 110kg台 転帰 軽快
原疾患等 COVID−19   肺塞栓症   意識レベルの低下   運動性低下   痙攣発作  
被疑薬に関する
情報
一般名/販売名 一回
投与量
投与
開始日
投与
終了日
投与経路 適用理由 要指導/
リスク区分
被疑薬の
処置
再投与による再発の有無 評価
ヘパリンナトリウム/ヘパリンNaロック 5000 [iU]     静脈NOS(42) 血栓症予防   投与中止    
300 [iU]     静脈内(明記されていない場合)
ファビピラビル         経口 COVID−19(COVID-19)   非該当    
シクレソニド         吸入 COVID−19(COVID-19)   非該当    
副作用/有害事象
(発現日)
ヘパリン起因性血小板減少症  
併用薬    

報告年度・四半期 2020・第二 種類 自発報告 報告職種 医師 報告分類 企業報告 状況 調査完了
性別 年代 30歳代 身長 体重 転帰 不明
原疾患等    
被疑薬に関する
情報
一般名/販売名 一回
投与量
投与
開始日
投与
終了日
投与経路 適用理由 要指導/
リスク区分
被疑薬の
処置
再投与による再発の有無 評価
アジスロマイシン水和物/ジスロマック 500 mg       COVID−19(COVID-19)   投与中止    
ヒドロキシクロロキン硫酸塩 400 mg       COVID−19(COVID-19)   投与中止    
ファビピラビル           COVID−19(COVID-19)   不明    
副作用/有害事象
(発現日)
心室細動   心電図QT延長   適応外使用   未承認適応に対する薬剤の効果   未承認の適応に対する製品使用  
併用薬 シクレソニド  

報告年度・四半期 2020・第二 種類 自発報告 報告職種 医療関係者 報告分類 企業報告 状況 調査完了
性別 年代 70歳代 身長 体重 60kg台 転帰 軽快
原疾患等    
被疑薬に関する
情報
一般名/販売名 一回
投与量
投与
開始日
投与
終了日
投与経路 適用理由 要指導/
リスク区分
被疑薬の
処置
再投与による再発の有無 評価
ロピナビル・リトナビル/カレトラ         経口(Oral) COVID−19(COVID-19)   不明    
シクレソニド         不明(Unknown) 適応症不明の製品使用(UNKNOWN INDICATION)   不明    
ファビピラビル         不明(Unknown) COVID−19(COVID-19)   不明    
副作用/有害事象
(発現日)
呼吸障害  
併用薬 ロクロニウム臭化物   ミダゾラム   フェンタニルクエン酸塩  

報告年度・四半期 2020・第二 種類 自発報告 報告職種 医師 報告分類 企業報告 状況 調査完了
性別 年代 60歳代 身長 体重 転帰 不明
原疾患等 COVID−19肺炎   2型糖尿病   高血圧  
被疑薬に関する
情報
一般名/販売名 一回
投与量
投与
開始日
投与
終了日
投与経路 適用理由 要指導/
リスク区分
被疑薬の
処置
再投与による再発の有無 評価
トシリズマブ(遺伝子組換え)/アクテムラ 400 mg 20200502 20200503 静脈内点滴(点滴静注) COVID−19肺炎(ウイルス性(COVID-19)肺炎)   非該当    
カルベジロール 10 mg 20200502 20200522 不明 高血圧(高血圧症)   投与中止    
トロンボモデュリン アルファ(遺伝子組換え)/リコモジュリン 25600 [iU] 20200519 20200529 不明 播種性血管内凝固(播種性血管内凝固症候群)   非該当    
アピキサバン/エリキュース 5 mg 20200530 20200530 不明 播種性血管内凝固(播種性血管内凝固症候群)   投与中止    
ファモチジン     20200530 20200530 不明 播種性血管内凝固(播種性血管内凝固症候群)   投与中止    
シクレソニド/オルベスコ 800 ug 20200502 20200601 不明 COVID−19(COVID-19)   不明    
カモスタットメシル酸塩 600 mg 20200502 20200512 不明 COVID−19(COVID-19)   非該当    
ファビピラビル/アビガン 3600 mg 20200502 20200503 不明 COVID−19(COVID-19)   非該当    
1600 mg 20200503 20200515 不明
ヒドロキシクロロキン硫酸塩/プラケニル 600 mg 20200502 20200502 不明 COVID−19(COVID-19)   非該当    
300 mg 20200503 20200511 不明
アジスロマイシン水和物/ジスロマック 500 mg 20200502 20200506 不明 COVID−19(COVID-19)   非該当    
メチルプレドニゾロン 20 mg 20200502 20200502 不明 COVID−19(COVID-19)   非該当    
40 mg 20200503 20200506 不明
30 mg 20200507 20200508 不明
20 mg 20200509 20200510 不明
10 mg 20200511 20200512 不明
インスリン アスパルト(遺伝子組換え)/ノボラピッド         不明 2型糖尿病(2型糖尿病)   不明    
アムロジピンベシル酸塩/アムロジピン 5 mg 20200502 20200522 不明 高血圧(高血圧症)   非該当    
アジルサルタン/アジルバ 10 mg 20200502 20200602 不明 高血圧(高血圧症)   不明    
副作用/有害事象
(発現日)
好中球数減少(20200519)   薬物性肝障害(202005)   播種性血管内凝固(202005)   腎機能障害(2020)  
併用薬    

報告年度・四半期 2020・第二 種類 試験 報告職種 医師 報告分類 企業報告 状況 調査完了
性別 不明 年代 不明 身長 体重 転帰 不明
原疾患等    
被疑薬に関する
情報
一般名/販売名 一回
投与量
投与
開始日
投与
終了日
投与経路 適用理由 要指導/
リスク区分
被疑薬の
処置
再投与による再発の有無 評価
ヒドロキシクロロキン硫酸塩/プラケニル     2020 不明 経口 COVID−19(新型コロナウイルス感染症(COVID-19))、適応症不明の製品使用(新型コロナウイルス感染症(COVID-19))   不明 薬物性肝障害(再投与なし)  
ファビピラビル     2020 不明 不明 COVID−19(新型コロナウイルス感染症(COVID-19))   不明    
副作用/有害事象
(発現日)
薬物性肝障害(2020)  
併用薬    

報告年度・四半期 2020・第二 種類 自発報告 報告職種 医師 報告分類 企業報告 状況 調査完了
性別 年代 60歳代 身長 体重 転帰 回復
原疾患等 COVID−19肺炎   サイトカインストーム   COVID−19   高血圧   脂質異常症   耐糖能障害  
被疑薬に関する
情報
一般名/販売名 一回
投与量
投与
開始日
投与
終了日
投与経路 適用理由 要指導/
リスク区分
被疑薬の
処置
再投与による再発の有無 評価
トシリズマブ(遺伝子組換え)/アクテムラ 6 mg/kg 20200424   静脈内点滴(点滴静注) COVID−19肺炎(ウイルス性(COVID-19)肺炎)、サイトカインストーム(サイトカインストーム/CRS)   不明    
カモスタットメシル酸塩     20200423 20200503 不明 COVID−19(COVID−19)   非該当    
ファビピラビル/アビガン     20200414 20200427 不明 COVID−19(COVID−19)   非該当    
スルファメトキサゾール・トリメトプリム/ダイフェン         経口     不明    
副作用/有害事象
(発現日)
好中球数減少(20200507)  
併用薬 シクレソニド   血液凝固阻止剤   メチルプレドニゾロン  

報告年度・四半期 2020・第二 種類 自発報告 報告職種 薬剤師;消費者等 報告分類 企業報告 状況 調査完了
性別 年代 60歳代 身長 160cm台 体重 70kg台 転帰 回復
原疾患等 コロナウイルス性肺炎   高尿酸血症   緑内障  
被疑薬に関する
情報
一般名/販売名 一回
投与量
投与
開始日
投与
終了日
投与経路 適用理由 要指導/
リスク区分
被疑薬の
処置
再投与による再発の有無 評価
ファビピラビル/アビガン 1600 mg 20200723 20200723 経口 コロナウイルス性肺炎(COVID-19肺炎)   投与中止 痛風(不明)  
600 mg 20200724 20200726 経口
600 mg 20200728 20200728 経口
副作用/有害事象
(発現日)
痛風(20200727)  
併用薬 シクレソニド   アロプリノール   テプレノン   ケトチフェンフマル酸塩   レボフロキサシン水和物   フルオロメトロン   精製ヒアルロン酸ナトリウム   タフルプロスト  

報告年度・四半期 2020・第二 種類 自発報告 報告職種 薬剤師 報告分類 企業報告 状況 調査完了
性別 年代 50歳代 身長 170cm台 体重 70kg台 転帰 不明
原疾患等 COVID−19   ヘルニア   痛風  
被疑薬に関する
情報
一般名/販売名 一回
投与量
投与
開始日
投与
終了日
投与経路 適用理由 要指導/
リスク区分
被疑薬の
処置
再投与による再発の有無 評価
ファビピラビル/アビガン 1800 mg 20200723 20200723 経口 COVID−19(新型コロナウイルス感染症)   投与中止 肝障害(再投与なし)  
800 mg 20200724 20200727 経口
セフトリアキソンナトリウム水和物 1 g 20200721 20200727 静脈内点滴 細菌感染(細菌感染症疑い)   投与中止    
副作用/有害事象
(発現日)
肝障害(20200727)  
併用薬 フェブキソスタット   デキサメタゾン   ラベプラゾールナトリウム   デキストロメトルファン臭化水素酸塩水和物   アセトアミノフェン  

報告年度・四半期 2020・第二 種類 自発報告 報告職種 医療関係者 報告分類 企業報告 状況 調査完了
性別 年代 70歳代 身長 160cm台 体重 40kg台 転帰 未回復
原疾患等 COVID−19   構音障害   片麻痺   神経学的無視症候群  
被疑薬に関する
情報
一般名/販売名 一回
投与量
投与
開始日
投与
終了日
投与経路 適用理由 要指導/
リスク区分
被疑薬の
処置
再投与による再発の有無 評価
ヒドロキシクロロキン硫酸塩/プラケニル 200 mg 20200504 20200517 経口 COVID−19(COVID-19)、未承認の適応に対する製品使用(未承認の適応に対する薬剤使用)   不明 肝機能異常(再投与なし)  
ファビピラビル/アビガン 1800 mg 20200504 20200504 経口 COVID−19(COVID-19)   不明    
800 mg 20200505 20200516 経口
800 mg 20200517 20200517 経口
副作用/有害事象
(発現日)
肝機能異常(20200508)  
併用薬 アジスロマイシン水和物   アムロジピンベシル酸塩   ランソプラゾール   酸化マグネシウム   ラメルテオン  

報告年度・四半期 2020・第三 種類 自発報告 報告職種 薬剤師 報告分類 医療機関報告 状況 調査完了
性別 年代 50歳代 身長 150cm台 体重 40kg台 転帰 不明
原疾患等 COVID−19  
被疑薬に関する
情報
一般名/販売名 一回
投与量
投与
開始日
投与
終了日
投与経路 適用理由 要指導/
リスク区分
被疑薬の
処置
再投与による再発の有無 評価
ファビピラビル/アビガン 3600 mg 20201111 20201111 経口 COVID−19治療(感染症の治療)   投与中止 血中尿酸増加(再投与なし)、発疹(再投与なし)  
1600 mg 20201112 20201123 経口
副作用/有害事象
(発現日)
血中尿酸増加(20201118)   発疹(20201122)  
併用薬 ヘパリンカルシウム   アセトアミノフェン   レバミピド  

報告年度・四半期 2020・第三 種類 自発報告 報告職種 薬剤師 報告分類 医療機関報告 状況 調査完了
性別 年代 80歳代 身長 140cm台 体重 50kg台 転帰 軽快
原疾患等 COVID−19  
被疑薬に関する
情報
一般名/販売名 一回
投与量
投与
開始日
投与
終了日
投与経路 適用理由 要指導/
リスク区分
被疑薬の
処置
再投与による再発の有無 評価
ファビピラビル/アビガン 3600 mg 20201107 20201107 経口 COVID−19治療(感染症治療)   投与中止 肝酵素上昇(再投与なし)、血中尿酸増加(再投与なし)  
1600 mg 20201108 20201119 経口
副作用/有害事象
(発現日)
肝酵素上昇(20201112)   血中尿酸増加(20201110)  
併用薬 ヘパリンカルシウム   デキサメタゾンリン酸エステルナトリウム   アジルサルタン   アムロジピンベシル酸塩   エルデカルシトール   ボノプラザンフマル酸塩   デキサメタゾン   リマプロスト アルファデクス   ロスバスタチンカルシウム  

報告年度・四半期 2020・第三 種類 自発報告 報告職種 薬剤師 報告分類 医療機関報告 状況 調査完了
性別 年代 20歳代 身長 160cm台 体重 40kg台 転帰 不明
原疾患等 COVID−19  
被疑薬に関する
情報
一般名/販売名 一回
投与量
投与
開始日
投与
終了日
投与経路 適用理由 要指導/
リスク区分
被疑薬の
処置
再投与による再発の有無 評価
ファビピラビル/アビガン 3600 mg 20201105 20201105 経口 COVID−19治療(感染症治療)   投与中止 血中尿酸増加(再投与なし)、肝酵素上昇(再投与なし)  
1600 mg 20201106 20201112 経口
副作用/有害事象
(発現日)
血中尿酸増加(20201112)   肝酵素上昇(20201112)  
併用薬 ヘパリンカルシウム  

報告年度・四半期 2020・第三 種類 自発報告 報告職種 薬剤師 報告分類 医療機関報告 状況 調査完了
性別 年代 20歳代 身長 170cm台 体重 60kg台 転帰 不明
原疾患等 COVID−19  
被疑薬に関する
情報
一般名/販売名 一回
投与量
投与
開始日
投与
終了日
投与経路 適用理由 要指導/
リスク区分
被疑薬の
処置
再投与による再発の有無 評価
ファビピラビル/アビガン 3600 mg 20201105 20201105 経口 COVID−19治療(感染症治療)   不明 血中尿酸増加(再投与なし)  
1600 mg 20201106 20201112 経口
副作用/有害事象
(発現日)
血中尿酸増加(20201111)  
併用薬 ヘパリンカルシウム   アセトアミノフェン  

報告年度・四半期 2020・第三 種類 自発報告 報告職種 薬剤師 報告分類 医療機関報告 状況 調査完了
性別 年代 20歳代 身長 160cm台 体重 60kg台 転帰 不明
原疾患等 COVID−19   アルコール摂取   タバコ使用者  
被疑薬に関する
情報
一般名/販売名 一回
投与量
投与
開始日
投与
終了日
投与経路 適用理由 要指導/
リスク区分
被疑薬の
処置
再投与による再発の有無 評価
ファビピラビル/アビガン 3600 mg 20201029 20201029 経口 COVID−19(COVID-19感染症)   投与中止 肝機能異常(再投与なし)、血中トリグリセリド増加(再投与なし)、血中尿酸増加(再投与なし)  
1600 mg 20201030 20201105 経口
副作用/有害事象
(発現日)
肝機能異常(20201105)   血中トリグリセリド増加(20201105)   血中尿酸増加(20201105)  
併用薬 ヘパリンカルシウム  

報告年度・四半期 2020・第三 種類 自発報告 報告職種 医療関係者 報告分類 企業報告 状況 調査完了
性別 年代 50歳代 身長 体重 転帰 死亡
原疾患等 マントル細胞リンパ腫  
被疑薬に関する
情報
一般名/販売名 一回
投与量
投与
開始日
投与
終了日
投与経路 適用理由 要指導/
リスク区分
被疑薬の
処置
再投与による再発の有無 評価
シタラビン     201910 202002 不明 マントル細胞リンパ腫   非該当   C
ベンダムスチン塩酸塩     20200310   静脈内(明記されていない場合) マントル細胞リンパ腫(MANTLE CELL LYMPHOMA)   不明   C
ミカファンギンナトリウム     2020   不明 COVID−19(SARS-COV-2 INFECTION)   不明   C
リツキシマブ(遺伝子組換え)     201910 202002 不明 マントル細胞リンパ腫(MANTLE CELL LYMPHOMA)   不明   C
    20200310   不明
シクロホスファミド水和物     201910 202002 不明 マントル細胞リンパ腫(MANTLE CELL LYMPHOMA)   非該当   C
ビンクリスチン硫酸塩     201910 202002 不明 マントル細胞リンパ腫(MANTLE CELL LYMPHOMA)   非該当   C
ドキソルビシン塩酸塩     201910 202002 不明 マントル細胞リンパ腫(MANTLE CELL LYMPHOMA)   非該当   C
デキサメタゾン/デキサメサゾン     201910 202002 不明 マントル細胞リンパ腫(MANTLE CELL LYMPHOMA)   非該当   C
メトトレキサート     201910 202002 不明 マントル細胞リンパ腫(MANTLE CELL LYMPHOMA)   非該当   C
ファビピラビル 1800 mg 2020 2020 不明 COVID−19(SARS-COV-2 INFECTION)   不明   C
800 mg 2020 2020 不明
ヒドロキシクロロキン硫酸塩 400 mg 2020 2020 不明 COVID−19(SARS-COV-2 INFECTION)   不明   C
200 mg 2020 2020 不明
シクレソニド 400 ug 2020 2020 その他 COVID−19(SARS-COV-2 INFECTION)   不明   C
Polyglobin 5 g 2020 2020 静脈内(明記されていない場合) COVID−19(SARS-COV-2 INFECTION)   不明    
副作用/有害事象
(発現日)
COVID−19肺炎(2020)   COVID−19(20200331)   骨髄抑制(2020)   サイトカインストーム(2020)  
併用薬 セフェピム塩酸塩水和物   バンコマイシン塩酸塩   メロペネム水和物   タゾバクタムナトリウム・ピペラシリンナトリウム   テイコプラニン  

報告年度・四半期 2020・第三 種類 自発報告 報告職種 医師;薬剤師 報告分類 企業報告 状況 調査完了
性別 年代 40歳代 身長 150cm台 体重 70kg台 転帰 不明
原疾患等 COVID−19   コロナウイルス性肺炎   椎間板突出  
被疑薬に関する
情報
一般名/販売名 一回
投与量
投与
開始日
投与
終了日
投与経路 適用理由 要指導/
リスク区分
被疑薬の
処置
再投与による再発の有無 評価
レムデシビル/ベクルリー 200 mg 20201128 20201128 静脈内点滴 COVID−19(SARS−CoV−2感染症)   投与量変更せず COVID−19肺炎(再投与なし)  
100 mg 20201129 20201129 静脈内点滴
ファビピラビル/アビガン 1800 mg 20201125 20201126 経口 COVID−19(SARS−CoV−2感染症)   投与中止    
400 mg 20201126 20201127 経口
副作用/有害事象
(発現日)
COVID−19肺炎(20201129)  
併用薬 クラリスロマイシン   ファモチジン   酪酸菌製剤   セフトリアキソンナトリウム水和物   メチルプレドニゾロンコハク酸エステルナトリウム   ジメモルファンリン酸塩   L−カルボシステイン   モンテルカストナトリウム  

報告年度・四半期 2020・第三 種類 自発報告 報告職種 医療関係者 報告分類 企業報告 状況 調査完了
性別 年代 70歳代 身長 体重 転帰 不明
原疾患等 COVID−19   肺炎   自己免疫性膵炎   糖尿病   凝血異常  
被疑薬に関する
情報
一般名/販売名 一回
投与量
投与
開始日
投与
終了日
投与経路 適用理由 要指導/
リスク区分
被疑薬の
処置
再投与による再発の有無 評価
プレドニゾロン 15 mg     経口 自己免疫性膵炎   投与中止    
ヘパリンナトリウム         不明 凝血異常(COAGULOPATHY)   投与中止    
ファビピラビル         不明 COVID−19(SARS-COV-2 ACUTE RESPIRATORY DISEASE)   不明    
ヒドロキシクロロキン硫酸塩         不明 COVID−19(SARS-COV-2 ACUTE RESPIRATORY DISEASE)   不明    
プレドニゾロン 20 mg     静脈内(明記されていない場合) COVID−19(SARS-COV-2 ACUTE RESPIRATORY DISEASE)   不明    
副作用/有害事象
(発現日)
サイトメガロウイルス感染   大腸潰瘍   大腸出血   血液量減少性ショック  
併用薬    

報告年度・四半期 2020・第三 種類 自発報告 報告職種 医師 報告分類 企業報告 状況 調査完了
性別 年代 60歳代 身長 体重 80kg台 転帰 不明
原疾患等 COVID−19   高血圧  
被疑薬に関する
情報
一般名/販売名 一回
投与量
投与
開始日
投与
終了日
投与経路 適用理由 要指導/
リスク区分
被疑薬の
処置
再投与による再発の有無 評価
ファビピラビル/アビガン         経口 COVID−19(COVID−19)   不明    
副作用/有害事象
(発現日)
高ビリルビン血症  
併用薬 ヒドロキシクロロキン硫酸塩   ナファモスタットメシル酸塩   UNKNOWNDRUG  

報告年度・四半期 2020・第三 種類 自発報告 報告職種 医療関係者 報告分類 企業報告 状況 調査完了
性別 年代 70歳代 身長 体重 転帰 不明
原疾患等 COVID−19   肺炎   自己免疫性膵炎   糖尿病   凝血異常  
被疑薬に関する
情報
一般名/販売名 一回
投与量
投与
開始日
投与
終了日
投与経路 適用理由 要指導/
リスク区分
被疑薬の
処置
再投与による再発の有無 評価
プレドニゾロン 15 mg     経口 自己免疫性膵炎(自己免疫性膵炎)   投与中止 サイトメガロウイルス感染(不明)、大腸潰瘍(不明)、大腸出血(不明)、血液量減少性ショック(不明)  
プレドニゾロン 20 mg     静脈内(明記されていない場合) 自己免疫性膵炎(自己免疫性膵炎)、COVID−19(SARS−CoV−2急性呼吸器疾患)   不明 サイトメガロウイルス感染(不明)、大腸潰瘍(不明)、大腸出血(不明)、血液量減少性ショック(不明)  
ヘパリンナトリウム         不明 凝血異常(COVID-19凝血異常)   投与中止    
ファビピラビル         不明 COVID−19(SARS−CoV−2急性呼吸器疾患)   非該当    
ヒドロキシクロロキン硫酸塩         不明 COVID−19(SARS−CoV−2急性呼吸器疾患)   非該当    
副作用/有害事象
(発現日)
サイトメガロウイルス感染   大腸潰瘍   大腸出血   血液量減少性ショック  
併用薬    

報告年度・四半期 2020・第三 種類 自発報告 報告職種 医療関係者 報告分類 企業報告 状況 調査完了
性別 年代 60歳代 身長 体重 転帰 死亡
原疾患等 腎不全   COVID−19  
被疑薬に関する
情報
一般名/販売名 一回
投与量
投与
開始日
投与
終了日
投与経路 適用理由 要指導/
リスク区分
被疑薬の
処置
再投与による再発の有無 評価
メチルプレドニゾロン/メドロール 1 mg/kg       急性呼吸窮迫症候群(ADRS)、COVID−19(COVID-19)、サイトカインストーム(cytokine storm)   非該当   B
ヒドロキシクロロキン硫酸塩 400 mg       COVID−19(COVID-19)   非該当   B
ファビピラビル 1800 mg       COVID−19(COVID-19)   非該当   B
800 mg      
副作用/有害事象
(発現日)
呼吸不全   未承認適応に対する薬効欠如   適応外使用  
併用薬 ナファモスタットメシル酸塩   人免疫グロブリン  

報告年度・四半期 2020・第三 種類 自発報告 報告職種 薬剤師 報告分類 企業報告 状況 調査完了
性別 年代 90歳代 身長 体重 転帰 回復
原疾患等 COVID−19   浮動性めまい   高血圧   甲状腺機能低下症   慢性気管支炎   骨粗鬆症   腎不全   卵巣嚢胞  
被疑薬に関する
情報
一般名/販売名 一回
投与量
投与
開始日
投与
終了日
投与経路 適用理由 要指導/
リスク区分
被疑薬の
処置
再投与による再発の有無 評価
ファビピラビル/アビガン 1600 mg 20200911 20200911 経口 COVID−19(新型コロナ感染症)   非該当    
600 mg 20200912 20200915 経口
乾燥甲状腺/チラーヂン 25 ug 20200912   経口     投与量変更せず    
25 ug 20200914   経口
副作用/有害事象
(発現日)
低血糖(20200916)  
併用薬 モサプリドクエン酸塩水和物   ラベプラゾールナトリウム   トラゾリン塩酸塩  

報告年度・四半期 2020・第一 種類 自発報告 報告職種 薬剤師 報告分類 医療機関報告 状況 調査完了
性別 年代 80歳代 身長 150cm台 体重 40kg台 転帰 未回復
原疾患等 COVID−19肺炎  
被疑薬に関する
情報
一般名/販売名 一回
投与量
投与
開始日
投与
終了日
投与経路 適用理由 要指導/
リスク区分
被疑薬の
処置
再投与による再発の有無 評価
ファビピラビル/アビガン 3600 mg 20200406 20200406 経口 COVID−19肺炎(COVID-19関連肺炎)   投与中止 高尿酸血症(再投与なし)  
1600 mg 20200407 20200409 経口
副作用/有害事象
(発現日)
高尿酸血症(20200407)  
併用薬 カルベジロール   アセトアミノフェン   アジスロマイシン水和物   エプレレノン   エドキサバントシル酸塩水和物   フロセミド   ラベプラゾールナトリウム   アンピシリンナトリウム・スルバクタムナトリウム   フロセミド  

報告年度・四半期 2020・第一 種類 自発報告 報告職種 医師;薬剤師 報告分類 医療機関報告 状況 調査完了
性別 年代 70歳代 身長 150cm台 体重 60kg台 転帰 回復
原疾患等 COVID−19   パーキンソン病  
被疑薬に関する
情報
一般名/販売名 一回
投与量
投与
開始日
投与
終了日
投与経路 適用理由 要指導/
リスク区分
被疑薬の
処置
再投与による再発の有無 評価
ファビピラビル/アビガン 3200 mg 20200410 20200410 経口 COVID−19(COVID-19)   投与中止    
1200 mg 20200411 20200415 経口
アミノ酸・糖・電解質・ビタミン(2−5)/エルネオパNF1号 1000 mL 20200411 20200415 静脈内(明記されていない場合)(24時間持続静注) 非経口栄養(高カロリー輸液管理)   不明    
1000 mL 20200503 20200509 不明
1000 mL 20200518   不明
アミノ酸・糖・電解質・ビタミン(2−6)/エルネオパNF2号     20200411 20200415 静脈内(明記されていない場合)(24時間持続静注) 非経口栄養(高カロリー輸液管理)   不明    
1000 mL 20200510 20200511 不明
1000 mL 20200512 20200517 不明
メロペネム水和物/メロペネム*ファイザー 1.5 g 20200411 20200415 静脈内(明記されていない場合) 細菌性肺炎(細菌性肺炎併発)   投与中止    
副作用/有害事象
(発現日)
黄疸(20200415)   肝機能異常(20200415)  
併用薬 レボドパ・カルビドパ水和物   フロセミド   酸化マグネシウム   セレギリン塩酸塩   ドキサゾシンメシル酸塩   ロチゴチン   ウルソデオキシコール酸   ランソプラゾール   プレドニゾロン   酢酸リンゲル液   セフトリアキソンナトリウム水和物   生理食塩液   維持液(3)   アセトアミノフェン   ドパミン塩酸塩   ロクロニウム臭化物   フェンタニルクエン酸塩   ファモチジン   プロポフォール   デクスメデトミジン塩酸塩   アミノ酸・糖・電解質・ビタミン(4)   セフォペラゾンナトリウム・スルバクタムナトリウム   プレドニゾロンコハク酸エステルナトリウム   塩化ナトリウム   リン酸チアミンジスルフィド・B6・B12配合剤   術後回復液(1)  

報告年度・四半期 2020・第一 種類 自発報告 報告職種 医療関係者;不明 報告分類 医療機関報告 状況 調査完了
性別 年代 70歳代 身長 160cm台 体重 40kg台 転帰 未回復
原疾患等 COVID−19  
被疑薬に関する
情報
一般名/販売名 一回
投与量
投与
開始日
投与
終了日
投与経路 適用理由 要指導/
リスク区分
被疑薬の
処置
再投与による再発の有無 評価
ファビピラビル/アビガン 3600 mg 20200504 20200504 経口 COVID−19(COVID-19)   不明 肝機能異常(再投与なし)  
1600 mg 20200505 20200516 経口
800 mg 20200517 20200517 経口
ヒドロキシクロロキン硫酸塩/プラケニル 400 mg 20200504 20200517 経口 COVID−19(COVID-19)   不明 肝機能異常(再投与なし)  
副作用/有害事象
(発現日)
肝機能異常(20200508)  
併用薬 アムロジピンベシル酸塩   ランソプラゾール   酸化マグネシウム   ラメルテオン  

報告年度・四半期 2020・第一 種類 自発報告 報告職種 医師;薬剤師 報告分類 医療機関報告 状況 調査完了
性別 年代 20歳代 身長 170cm台 体重 70kg台 転帰 軽快
原疾患等 COVID−19肺炎   アルコール摂取   タバコ使用者  
被疑薬に関する
情報
一般名/販売名 一回
投与量
投与
開始日
投与
終了日
投与経路 適用理由 要指導/
リスク区分
被疑薬の
処置
再投与による再発の有無 評価
ファビピラビル/アビガン 3600 mg 20200409 20200409 経口 COVID−19(COVID-19)   不明 高尿酸血症(有)  
1600 mg 20200410 20200415 経口
1600 mg 20200419 20200423 経口
副作用/有害事象
(発現日)
高尿酸血症(20200414)  
併用薬 レボフロキサシン水和物   ナファモスタットメシル酸塩   シクレソニド  

報告年度・四半期 2020・第一 種類 自発報告 報告職種 薬剤師 報告分類 企業報告 状況 調査完了
性別 年代 70歳代 身長 体重 60kg台 転帰 不明
原疾患等 急性呼吸窮迫症候群   高血圧  
被疑薬に関する
情報
一般名/販売名 一回
投与量
投与
開始日
投与
終了日
投与経路 適用理由 要指導/
リスク区分
被疑薬の
処置
再投与による再発の有無 評価
トシリズマブ(遺伝子組換え)/アクテムラ 480 mg 20200419 20200419 静脈内点滴(点滴静注) 急性呼吸窮迫症候群(ARDS)   非該当    
ファビピラビル/アビガン     20200419 20200424 不明 COVID−19(COVID-19)   投与中止    
副作用/有害事象
(発現日)
肺炎(20200425)  
併用薬    

報告年度・四半期 2020・第一 種類 自発報告 報告職種 医療関係者 報告分類 企業報告 状況 調査完了
性別 年代 70歳代 身長 160cm台 体重 40kg台 転帰 未回復
原疾患等 COVID−19  
被疑薬に関する
情報
一般名/販売名 一回
投与量
投与
開始日
投与
終了日
投与経路 適用理由 要指導/
リスク区分
被疑薬の
処置
再投与による再発の有無 評価
ファビピラビル/アビガン 1800 mg 20200504 20200504 経口 COVID−19(COVID‐19)   非該当 肝機能異常(再投与なし)  
800 mg 20200505 20200516 経口
800 mg 20200517 20200517 経口
ヒドロキシクロロキン硫酸塩/プラケニル 200 mg 20200504 20200517 経口 COVID−19(COVID‐19)   非該当    
副作用/有害事象
(発現日)
肝機能異常(20200508)  
併用薬 アンピシリンナトリウム・スルバクタムナトリウム   アムロジピンベシル酸塩   ランソプラゾール   酸化マグネシウム   ラメルテオン  

報告年度・四半期 2020・第一 種類 自発報告 報告職種 医師 報告分類 企業報告 状況 調査完了
性別 年代 90歳代 身長 体重 転帰 回復
原疾患等 COVID−19   良性前立腺肥大症  
被疑薬に関する
情報
一般名/販売名 一回
投与量
投与
開始日
投与
終了日
投与経路 適用理由 要指導/
リスク区分
被疑薬の
処置
再投与による再発の有無 評価
ファビピラビル/アビガン 1600 mg 20200414 20200414 経口 COVID−19(コロナウイルス感染)   投与中止    
1600 mg 20200415 20200415 経口
600 mg 20200415 20200415 経口
600 mg 20200416 20200421 経口
メロペネム水和物/メロペン 3 g 20200414 20200421 静脈内点滴     投与中止    
メトクロプラミド 10 mg 20200416 20200421 不明     投与中止    
オメプラゾール 40 mg 20200417 20200421 不明     投与中止    
副作用/有害事象
(発現日)
中毒性皮疹(20200421)  
併用薬 ナファモスタットメシル酸塩   メチルプレドニゾロンコハク酸エステルナトリウム   プレドニゾロン  

報告年度・四半期 2020・第一 種類 試験 報告職種 医師 報告分類 企業報告 状況 調査完了
性別 年代 50歳代 身長 170cm台 体重 60kg台 転帰 回復
原疾患等 COVID−19  
被疑薬に関する
情報
一般名/販売名 一回
投与量
投与
開始日
投与
終了日
投与経路 適用理由 要指導/
リスク区分
被疑薬の
処置
再投与による再発の有無 評価
ファビピラビル/アビガン 3600 mg 20200503 20200503 経口 COVID−19(COVID-19)   非該当 発熱(再投与なし)  
1600 mg 20200504 20200511 経口
800 mg 20200512 20200512 経口
副作用/有害事象
(発現日)
発熱(20200512)  
併用薬 テルミサルタン   ロスバスタチンカルシウム   フェブキソスタット   モンテルカストナトリウム  

報告年度・四半期 2020・第一 種類 自発報告 報告職種 医師 報告分類 企業報告 状況 調査完了
性別 年代 90歳代 身長 150cm台 体重 40kg台 転帰 回復
原疾患等 COVID−19   アルツハイマー型認知症  
被疑薬に関する
情報
一般名/販売名 一回
投与量
投与
開始日
投与
終了日
投与経路 適用理由 要指導/
リスク区分
被疑薬の
処置
再投与による再発の有無 評価
ファビピラビル/アビガン 1800 mg 20200422 20200422 経口 COVID−19(コロナウイルス感染)   投与中止 肝機能異常(再投与なし)  
1800 mg 20200423 20200423 経口
800 mg 20200423 20200423 経口
800 mg 20200424 20200503 経口
800 mg 20200504 20200504 経口
リスペリドン/リスペリドンOD 0.5 mg 20200511   経口 譫妄(譫妄)   投与量変更せず    
0.5 mg 20200512   経口
副作用/有害事象
(発現日)
肝機能異常(20200504)  
併用薬 クエチアピンフマル酸塩   ゾピクロン  

報告年度・四半期 2020・第一 種類 自発報告 報告職種 医師 報告分類 企業報告 状況 調査完了
性別 年代 70歳代 身長 150cm台 体重 70kg台 転帰 死亡
原疾患等 COVID−19   高血圧   慢性腎臓病  
被疑薬に関する
情報
一般名/販売名 一回
投与量
投与
開始日
投与
終了日
投与経路 適用理由 要指導/
リスク区分
被疑薬の
処置
再投与による再発の有無 評価
ファビピラビル/アビガン 1800 mg 20200417   経口 COVID−19(COVID19)   投与量変更せず   C
1800 mg 20200418   経口
800 mg 20200418   経口
800 mg 20200419   経口
800 mg 20200425   経口
シクレソニド/オルベスコ 200 ug 20200410 20200425 吸入 COVID−19(COVID19)   非該当   C
ヒドロキシクロロキン硫酸塩/プラケニル 200 mg 20200413 20200422 経口 COVID−19(COVID19)   非該当   C
アセトアミノフェン/アセリオ 1000 mg 20200417 20200422 静脈内(明記されていない場合) 発熱(発熱)   非該当   C
ナファモスタットメシル酸塩/ナファモスタット 100 mg 20200415 20200422 静脈内(明記されていない場合) 播種性血管内凝固(播種性血管内凝固症候群)   非該当   C
タゾバクタムナトリウム・ピペラシリンナトリウム/タゾピペ 4.5 g 20200415 20200422 静脈内(明記されていない場合) 肺炎(肺炎)   非該当   C
副作用/有害事象
(発現日)
肝酵素上昇(20200423)  
併用薬 アモキシシリン水和物・クラブラン酸カリウム   アジスロマイシン水和物  

報告年度・四半期 2020・第一 種類 自発報告 報告職種 医師 報告分類 企業報告 状況 調査完了
性別 年代 50歳代 身長 160cm台 体重 90kg台 転帰 回復
原疾患等 COVID−19   糖尿病   糖尿病性腎症   高血圧   脂質異常症  
被疑薬に関する
情報
一般名/販売名 一回
投与量
投与
開始日
投与
終了日
投与経路 適用理由 要指導/
リスク区分
被疑薬の
処置
再投与による再発の有無 評価
ファビピラビル/アビガン 1800 mg 20200407 20200407 経口 COVID−19(コロナウイルス感染)   投与中止 腎機能障害(再投与なし)  
1800 mg 20200408 20200408 経口
800 mg 20200408 20200408 経口
800 mg 20200409 20200410 経口
800 mg 20200411 20200411 経口
副作用/有害事象
(発現日)
腎機能障害(20200411)   代謝性アシドーシス(20200412)  
併用薬 アセトアミノフェン   鎮咳配合剤(1)   チペピジンヒベンズ酸塩   セフトリアキソンナトリウム水和物   開始液(1)   ベンフォチアミン・B6・B12配合剤(1)   ミダゾラム   ブプレノルフィン塩酸塩   ロクロニウム臭化物   ニカルジピン塩酸塩   メロペネム水和物   オメプラゾール  

2  次へ