症例一覧

    副作用/有害事象が疑われるとして報告された症例について、報告年度・四半期、種類、報告職種、報告分類、状況、性別、年代、身長、体重、転帰、原疾患等、被疑薬名(一般名及び販売名)、一回投与量、投与開始日、投与終了日、投与経路、適用理由、要指導/リスク区分、被疑薬の処置、再投与による再発の有無、評価、副作用/有害事象、発現日、併用被疑薬名(一般名)、併用薬名(一般名)に関する情報を提供します。なお、転帰が死亡の症例については、被疑薬と死亡との因果関係の評価を参考として掲載しています。評価中の症例は評価欄が空欄になっていますが、評価が済み次第、順次掲載します。転帰が死亡の症例以外の症例は評価を掲載しておりません。
評価(被疑薬と死亡との因果関係評価)の記号について
 A:被疑薬と死亡との因果関係が否定できないもの
 B:被疑薬と死亡との因果関係が認められないもの
 C:情報不足等により被疑薬と死亡との因果関係が評価できないもの



“  内用薬”で検索

検索結果が100件を超えています。表示件数を指定してください
表示件数  

報告年度・四半期 2022・第一 種類 自発報告 報告職種 薬剤師 報告分類 医療機関報告 状況 調査完了
性別 年代 60歳代 身長 150cm台 体重 40kg台 転帰 回復
原疾患等 膵癌   過敏症  
被疑薬に関する
情報
一般名/販売名 一回
投与量
投与
開始日
投与
終了日
投与経路 適用理由 要指導/
リスク区分
被疑薬の
処置
再投与による再発の有無 評価
エドキサバントシル酸塩水和物/リクシアナOD 30 mg 20220419 20220425 経口 門脈血栓症(門脈血栓)   不明 上部消化管出血(再投与なし)  
オキサリプラチン/エルプラット 85 mg 20220222 20220419 静脈内(明記されていない場合) 膵癌(膵体部癌)   非該当    
イリノテカン塩酸塩水和物/トポテシン 130 mg 20220222 20220419 静脈内(明記されていない場合) 膵癌(膵体部癌)   非該当    
フルオロウラシル 2400 mg 20220222 20220419 静脈内(明記されていない場合) 膵癌(膵体部癌)   非該当    
副作用/有害事象
(発現日)
上部消化管出血(20220422)  
併用薬 五苓散   膵臓性消化酵素配合剤(1)   ランソプラゾール   ラクトミン  

報告年度・四半期 2022・第一 種類 自発報告 報告職種 薬剤師 報告分類 医療機関報告 状況 調査完了
性別 年代 70歳代 身長 160cm台 体重 60kg台 転帰 軽快
原疾患等 肺の悪性新生物   肝機能異常   アルコール摂取  
被疑薬に関する
情報
一般名/販売名 一回
投与量
投与
開始日
投与
終了日
投与経路 適用理由 要指導/
リスク区分
被疑薬の
処置
再投与による再発の有無 評価
エドキサバントシル酸塩水和物/リクシアナOD 30 mg 20210520 20210527 経口 深部静脈血栓症(DVT)   投与中止 肝機能異常(再投与なし)  
副作用/有害事象
(発現日)
肝機能異常(20210527)  
併用薬 カンデサルタン シレキセチル   テネリグリプチン臭化水素酸塩水和物   ピタバスタチンカルシウム   酸化マグネシウム   ラタノプロスト   アセトアミノフェン   デキサメタゾンリン酸エステルナトリウム   パロノセトロン塩酸塩   ファモチジン   クロルフェニラミンマレイン酸塩   UNKNOWNDRUG  

報告年度・四半期 2022・第一 種類 自発報告 報告職種 薬剤師 報告分類 医療機関報告 状況 調査完了
性別 年代 80歳代 身長 160cm台 体重 50kg台 転帰 回復
原疾患等 脳梗塞   アルコール摂取   元タバコ使用者  
被疑薬に関する
情報
一般名/販売名 一回
投与量
投与
開始日
投与
終了日
投与経路 適用理由 要指導/
リスク区分
被疑薬の
処置
再投与による再発の有無 評価
アピキサバン/エリキュース 10 mg 20190515 20190603 経口 予防(脳梗塞再発防止、抗凝固療法に必要)   投与中止 肝酵素上昇(再投与なし)  
エドキサバントシル酸塩水和物/リクシアナ 30 mg 20190603 20190610 経口 予防(脳梗塞再発防止、抗凝固療法に必要)   投与中止    
副作用/有害事象
(発現日)
肝酵素上昇(20190528)  
併用薬 ランソプラゾール   アムロジピンベシル酸塩   ワルファリンカリウム   ウルソデオキシコール酸  

報告年度・四半期 2022・第一 種類 自発報告 報告職種 薬剤師 報告分類 企業報告 状況 調査完了
性別 年代 60歳代 身長 体重 転帰 回復
原疾患等 心房細動  
被疑薬に関する
情報
一般名/販売名 一回
投与量
投与
開始日
投与
終了日
投与経路 適用理由 要指導/
リスク区分
被疑薬の
処置
再投与による再発の有無 評価
エドキサバントシル酸塩水和物/リクシアナOD         経口 心房細動(Atrial fibrillation)   減量 メレナ(再投与なし)  
        経口
副作用/有害事象
(発現日)
メレナ  
併用薬    

報告年度・四半期 2022・第一 種類 自発報告 報告職種 医師 報告分類 企業報告 状況 調査完了
性別 年代 80歳代 身長 体重 転帰 回復
原疾患等 呼吸困難   腎不全   慢性心不全  
被疑薬に関する
情報
一般名/販売名 一回
投与量
投与
開始日
投与
終了日
投与経路 適用理由 要指導/
リスク区分
被疑薬の
処置
再投与による再発の有無 評価
サクビトリルバルサルタンナトリウム水和物/エンレスト 100 mg 不明 不明 経口 慢性心不全(慢性心不全)   非該当    
200 mg 不明 不明 経口
400 mg 不明 20220519 経口
エドキサバントシル酸塩水和物/リクシアナ     不明   経口 腎不全(腎不全)        
15 mg 不明   経口
副作用/有害事象
(発現日)
腎機能障害(20220519)  
併用薬 プレドニゾロン   スルファメトキサゾール・トリメトプリム   アレンドロン酸ナトリウム水和物   エソメプラゾールマグネシウム水和物  

報告年度・四半期 2022・第一 種類 自発報告 報告職種 医師 報告分類 企業報告 状況 調査完了
性別 年代 70歳代 身長 体重 転帰 軽快
原疾患等 心房細動  
被疑薬に関する
情報
一般名/販売名 一回
投与量
投与
開始日
投与
終了日
投与経路 適用理由 要指導/
リスク区分
被疑薬の
処置
再投与による再発の有無 評価
エドキサバントシル酸塩水和物/リクシアナ         経口 心房細動(Atrial fibrillation)   投与中止 肺血腫(再投与なし)  
副作用/有害事象
(発現日)
肺血腫  
併用薬    

報告年度・四半期 2022・第一 種類 自発報告 報告職種 医師 報告分類 企業報告 状況 調査完了
性別 年代 90歳代 身長 150cm台 体重 70kg台 転帰 回復
原疾患等 心房細動   高血圧  
被疑薬に関する
情報
一般名/販売名 一回
投与量
投与
開始日
投与
終了日
投与経路 適用理由 要指導/
リスク区分
被疑薬の
処置
再投与による再発の有無 評価
エドキサバントシル酸塩水和物/リクシアナ 15 mg     経口 心房細動(Atrial fibrillation)   投与中止 視床出血(再投与なし)  
副作用/有害事象
(発現日)
視床出血(20220430)  
併用薬 カンデサルタン シレキセチル   トラセミド   酢酸亜鉛水和物   アルファカルシドール   クエン酸第一鉄ナトリウム   L−アスパラギン酸カリウム   酸化マグネシウム   酪酸菌配合剤   大建中湯  

報告年度・四半期 2022・第一 種類 自発報告 報告職種 医師 報告分類 企業報告 状況 調査完了
性別 年代 80歳代 身長 体重 転帰 回復
原疾患等 心房細動   経皮的冠インターベンション  
被疑薬に関する
情報
一般名/販売名 一回
投与量
投与
開始日
投与
終了日
投与経路 適用理由 要指導/
リスク区分
被疑薬の
処置
再投与による再発の有無 評価
エドキサバントシル酸塩水和物/リクシアナOD 15 mg     経口 心房細動(Atrial fibrillation)   投与中止 肺胞出血(再投与なし)  
プラスグレル塩酸塩/エフィエント 3.75 mg     経口 経皮的冠インターベンション(Percutaneous coronary intervention)   不明 肺胞出血(再投与なし)  
副作用/有害事象
(発現日)
肺胞出血  
併用薬    

報告年度・四半期 2022・第一 種類 自発報告 報告職種 薬剤師 報告分類 企業報告 状況 調査完了
性別 年代 70歳代 身長 160cm台 体重 60kg台 転帰 回復
原疾患等 肝膿瘍   メレナ  
被疑薬に関する
情報
一般名/販売名 一回
投与量
投与
開始日
投与
終了日
投与経路 適用理由 要指導/
リスク区分
被疑薬の
処置
再投与による再発の有無 評価
エドキサバントシル酸塩水和物/リクシアナOD 60 mg 20210423 20220404 経口 適応症不明の製品使用(Product used for unknown indication)   投与中止 メレナ(不明)  
    20220411   経口
副作用/有害事象
(発現日)
メレナ(20220326)  
併用薬 エソメプラゾールマグネシウム水和物   ウルソデオキシコール酸   酪酸菌製剤   ベポタスチンベシル酸塩   モンテルカストナトリウム   ビソプロロールフマル酸塩   イルベサルタン   ロスバスタチンカルシウム   ベンズブロマロン   アムロジピンベシル酸塩  

報告年度・四半期 2022・第一 種類 自発報告 報告職種 医療関係者 報告分類 企業報告 状況 調査完了
性別 年代 80歳代 身長 体重 転帰 回復
原疾患等    
被疑薬に関する
情報
一般名/販売名 一回
投与量
投与
開始日
投与
終了日
投与経路 適用理由 要指導/
リスク区分
被疑薬の
処置
再投与による再発の有無 評価
アスピリン/バイアスピリン         経口 一過性脳虚血発作(一過性脳虚血発作)、心房細動(心房細動)   不明    
エドキサバントシル酸塩水和物         経口 一過性脳虚血発作(一過性脳虚血発作)、心房細動(心房細動)   不明    
副作用/有害事象
(発現日)
出血性腸憩室  
併用薬    

報告年度・四半期 2022・第一 種類 自発報告 報告職種 医師 報告分類 企業報告 状況 調査完了
性別 年代 70歳代 身長 160cm台 体重 50kg台 転帰 不明
原疾患等 心房細動   頚動脈狭窄  
被疑薬に関する
情報
一般名/販売名 一回
投与量
投与
開始日
投与
終了日
投与経路 適用理由 要指導/
リスク区分
被疑薬の
処置
再投与による再発の有無 評価
エドキサバントシル酸塩水和物/リクシアナ         経口 心房細動(atrial fibrillation)   不明 穿刺部位出血(再投与なし)、胃腸出血(再投与なし)  
アドレナリン/ボスミン .3 mg     静脈内(明記されていない場合) 心室細動(VF)   非該当 穿刺部位出血(再投与なし)、胃腸出血(再投与なし)  
フェニレフリン塩酸塩         静脈内(明記されていない場合) 血圧管理(maintain systolic blood pressure)   不明    
副作用/有害事象
(発現日)
穿刺部位出血   胃腸出血  
併用薬 ビソプロロールフマル酸塩   ニフェジピン   プロポフォール   フェンタニルクエン酸塩   ロクロニウム臭化物   レミフェンタニル塩酸塩   デスフルラン   ノルアドレナリン   ランジオロール塩酸塩  

報告年度・四半期 2022・第一 種類 試験 報告職種 医師;医療関係者 報告分類 企業報告 状況 調査完了
性別 年代 80歳代 身長 体重 転帰 軽快
原疾患等 高血圧  
被疑薬に関する
情報
一般名/販売名 一回
投与量
投与
開始日
投与
終了日
投与経路 適用理由 要指導/
リスク区分
被疑薬の
処置
再投与による再発の有無 評価
エドキサバントシル酸塩水和物/リクシアナ         不明 適応症不明の製品使用(Product used for unknown indication)   投与中止 血管偽動脈瘤(再投与なし)  
副作用/有害事象
(発現日)
血管偽動脈瘤  
併用薬    

報告年度・四半期 2022・第一 種類 自発報告 報告職種 医師 報告分類 企業報告 状況 調査中
性別 年代 80歳代 身長 体重 転帰 軽快
原疾患等    
被疑薬に関する
情報
一般名/販売名 一回
投与量
投与
開始日
投与
終了日
投与経路 適用理由 要指導/
リスク区分
被疑薬の
処置
再投与による再発の有無 評価
エドキサバントシル酸塩水和物/リクシアナ 60 mg 202202 20220425 経口 適応症不明の製品使用(Product used for unknown indication)   減量 変色便(再投与なし)  
30 mg 20220426   経口
クロピドグレル硫酸塩/クロピドグレル 75 mg     不明     不明    
副作用/有害事象
(発現日)
変色便  
併用薬 エソメプラゾールマグネシウム水和物   スピロノラクトン   アトルバスタチンカルシウム水和物   シロドシン   インダパミド  

報告年度・四半期 2022・第一 種類 自発報告 報告職種 薬剤師 報告分類 企業報告 状況 調査完了
性別 年代 80歳代 身長 体重 転帰 不明
原疾患等 静脈塞栓症  
被疑薬に関する
情報
一般名/販売名 一回
投与量
投与
開始日
投与
終了日
投与経路 適用理由 要指導/
リスク区分
被疑薬の
処置
再投与による再発の有無 評価
エドキサバントシル酸塩水和物/リクシアナ 30 mg 20220331 20220409 経口 静脈塞栓症(Embolism venous)   投与中止 好中球数減少(再投与なし)  
クロピドグレル硫酸塩/クロピドグレル         経口     不明    
副作用/有害事象
(発現日)
好中球数減少  
併用薬 アスピリン・ダイアルミネート  

報告年度・四半期 2022・第一 種類 自発報告 報告職種 医師 報告分類 企業報告 状況 調査中
性別 年代 80歳代 身長 体重 転帰 軽快
原疾患等 僧帽弁閉鎖不全症   心房細動  
被疑薬に関する
情報
一般名/販売名 一回
投与量
投与
開始日
投与
終了日
投与経路 適用理由 要指導/
リスク区分
被疑薬の
処置
再投与による再発の有無 評価
エドキサバントシル酸塩水和物/リクシアナ         不明 心房細動(Atrial fibrillation)   投与中止 小腸閉塞(不明)  
        不明
        不明
副作用/有害事象
(発現日)
小腸閉塞  
併用薬    

報告年度・四半期 2022・第一 種類 試験 報告職種 医師 報告分類 企業報告 状況 調査完了
性別 年代 70歳代 身長 160cm台 体重 60kg台 転帰 回復
原疾患等 慢性骨髄性白血病   慢性心不全   パーキンソン病   高血圧   大腸ポリープ   胆石症   良性前立腺肥大症   脂質異常症   心房細動  
被疑薬に関する
情報
一般名/販売名 一回
投与量
投与
開始日
投与
終了日
投与経路 適用理由 要指導/
リスク区分
被疑薬の
処置
再投与による再発の有無 評価
ボスチニブ水和物/ボシュリフ 100 mg 20220215 20220217 経口 慢性骨髄性白血病(Chronic myeloid leukaemia)   投与中止    
200 mg 20220218 20220220 経口
300 mg 20220221 20220301 経口
アムロジピンベシル酸塩 5 mg     経口 高血圧(Hypertension)   不明    
バルサルタン 40 mg     経口 高血圧(Hypertension)   不明    
レボドパ・カルビドパ水和物/ドパコール 2 {DF}     経口 パーキンソン病(Parkinson's disease)   投与量変更せず    
ドンペリドン 10 mg     経口 悪心(Queasy)、嘔吐(Vomiting)   不明    
エドキサバントシル酸塩水和物/リクシアナOD 30 mg     経口 心房細動(Atrial fibrillation)   不明    
ロペラミド塩酸塩 1 mg   20220302 経口 下痢(Diarrhoea)   投与中止    
副作用/有害事象
(発現日)
アスパラギン酸アミノトランスフェラーゼ増加(20220302)   アラニンアミノトランスフェラーゼ増加(20220302)  
併用薬    

報告年度・四半期 2022・第一 種類 試験 報告職種 医師 報告分類 企業報告 状況 調査完了
性別 年代 60歳代 身長 体重 転帰 回復
原疾患等 心房細動   大脳動脈塞栓症   片麻痺   失語症  
被疑薬に関する
情報
一般名/販売名 一回
投与量
投与
開始日
投与
終了日
投与経路 適用理由 要指導/
リスク区分
被疑薬の
処置
再投与による再発の有無 評価
エドキサバントシル酸塩水和物/リクシアナ         経口 心房細動(atrial fibrillation)   不明 血管偽動脈瘤(再投与なし)、末梢動脈狭窄(再投与なし)  
副作用/有害事象
(発現日)
血管偽動脈瘤   末梢動脈狭窄  
併用薬    

報告年度・四半期 2022・第一 種類 自発報告 報告職種 医師 報告分類 企業報告 状況 調査中
性別 年代 70歳代 身長 体重 転帰 軽快
原疾患等 深部静脈血栓症   徐脈   完全房室ブロック   心臓ペースメーカー挿入  
被疑薬に関する
情報
一般名/販売名 一回
投与量
投与
開始日
投与
終了日
投与経路 適用理由 要指導/
リスク区分
被疑薬の
処置
再投与による再発の有無 評価
エドキサバントシル酸塩水和物/リクシアナ         不明 深部静脈血栓症(deep venous thrombosis)   不明 出血(再投与なし)  
副作用/有害事象
(発現日)
出血  
併用薬    

報告年度・四半期 2022・第一 種類 自発報告 報告職種 医師 報告分類 企業報告 状況 調査完了
性別 年代 60歳代 身長 150cm台 体重 50kg台 転帰 不明
原疾患等 乳癌   高血圧   発熱性好中球減少症   播種性血管内凝固   肺炎   心房細動   敗血症   浮腫   不整脈   便秘  
被疑薬に関する
情報
一般名/販売名 一回
投与量
投与
開始日
投与
終了日
投与経路 適用理由 要指導/
リスク区分
被疑薬の
処置
再投与による再発の有無 評価
エドキサバントシル酸塩水和物/リクシアナ 30 mg 20180622 20180623 経口 心房細動(Atrial fibrillation)   投与中止 出血性ショック(再投与なし)、出血性ショック(再投与なし)、腹壁血腫(再投与なし)、腹腔内出血(再投与なし)、貧血(再投与なし)  
トロンボモデュリン アルファ(遺伝子組換え)/リコモジュリン 1.535 [iU] 20180619 20180623 静脈内点滴 播種性血管内凝固(Disseminated intravascular coagulation)   不明    
副作用/有害事象
(発現日)
出血性ショック(20180623)   出血性ショック(20180624)   腹壁血腫(201806)   腹腔内出血(201806)   貧血(201806)  
併用薬 乳酸カルシウム水和物   メロペネム水和物   ヒドロコルチゾンコハク酸エステルナトリウム   アゾセミド   スピロノラクトン   ピルシカイニド塩酸塩水和物   アムロジピンベシル酸塩   アルファカルシドール   ルビプロストン   ドキソルビシン塩酸塩   シクロホスファミド水和物   成分名不明   ノルアドレナリン   メチルプレドニゾロンコハク酸エステルナトリウム   利尿剤   不整脈用剤   レボチロキシンナトリウム水和物  

報告年度・四半期 2022・第一 種類 自発報告 報告職種 医師 報告分類 企業報告 状況 調査完了
性別 年代 80歳代 身長 130cm台 体重 40kg台 転帰 回復
原疾患等 脳梗塞   心房細動   高血圧   糖尿病   血尿  
被疑薬に関する
情報
一般名/販売名 一回
投与量
投与
開始日
投与
終了日
投与経路 適用理由 要指導/
リスク区分
被疑薬の
処置
再投与による再発の有無 評価
エドキサバントシル酸塩水和物/リクシアナ 15 mg 20220325 20220408 経口 脳梗塞(Cerebral infarction)   投与中止 腎嚢胞出血(再投与なし)、血尿(再投与なし)  
副作用/有害事象
(発現日)
腎嚢胞出血(20220408)   血尿(20220408)  
併用薬 ランソプラゾール   アゾセミド   テネリグリプチン臭化水素酸塩水和物   ウラピジル   ビソプロロールフマル酸塩   メチルジゴキシン   アルファカルシドール   ミチグリニドカルシウム水和物   クエン酸第一鉄ナトリウム   スピロノラクトン  

報告年度・四半期 2022・第一 種類 自発報告 報告職種 医師 報告分類 企業報告 状況 調査完了
性別 年代 50歳代 身長 150cm台 体重 50kg台 転帰 軽快
原疾患等 心房細動   僧帽弁閉鎖不全症   赤血球増加症   脊髄小脳障害   肝機能異常  
被疑薬に関する
情報
一般名/販売名 一回
投与量
投与
開始日
投与
終了日
投与経路 適用理由 要指導/
リスク区分
被疑薬の
処置
再投与による再発の有無 評価
エドキサバントシル酸塩水和物/リクシアナOD 30 mg 20210904 20220323 経口 心房細動(Atrial fibrillation)   投与中止 血小板減少症(再投与なし)  
副作用/有害事象
(発現日)
血小板減少症(20220323)  
併用薬    

報告年度・四半期 2022・第一 種類 自発報告 報告職種 医師 報告分類 企業報告 状況 調査完了
性別 年代 90歳代 身長 140cm台 体重 40kg台 転帰 不明
原疾患等 抗利尿ホルモン不適合分泌   食物アレルギー   無力症   炎症   低ナトリウム血症   低カリウム血症  
被疑薬に関する
情報
一般名/販売名 一回
投与量
投与
開始日
投与
終了日
投与経路 適用理由 要指導/
リスク区分
被疑薬の
処置
再投与による再発の有無 評価
トルバプタン/サムスカOD 3.75 mg 20220222   経口 抗利尿ホルモン不適合分泌(SIADH)   不明    
3.75 mg     経口
3.75 mg     経口
トルバプタン/サムスカ 3.75 mg 20220226   経口 抗利尿ホルモン不適合分泌(抗利尿ホルモン不適合分泌症候群(SIADH))   不明    
エドキサバントシル酸塩水和物/リクシアナOD 15 mg 20220226   経口 適応症不明の製品使用(適応症不明の製品使用)   非該当    
副作用/有害事象
(発現日)
白血球数減少(20220312)   心房細動(20220225)   汎血球減少症(20220226)   血小板数減少  
併用薬 経腸成分栄養剤(11)   アピキサバン   トラセミド   ウルソデオキシコール酸   アムロジピンベシル酸塩   エソメプラゾールマグネシウム水和物  

報告年度・四半期 2022・第一 種類 試験 報告職種 医師 報告分類 企業報告 状況 調査完了
性別 年代 60歳代 身長 体重 転帰 不明
原疾患等 静脈塞栓症   深部静脈血栓症   胃癌   リンパ節転移   肺塞栓症  
被疑薬に関する
情報
一般名/販売名 一回
投与量
投与
開始日
投与
終了日
投与経路 適用理由 要指導/
リスク区分
被疑薬の
処置
再投与による再発の有無 評価
エドキサバントシル酸塩水和物/リクシアナ     20180320 20181117 経口 静脈塞栓症(Embolism venous)、深部静脈血栓症(Deep vein thrombosis)、肺塞栓症(Pulmonary embolism)   投与中止 腫瘍出血(再投与なし)  
副作用/有害事象
(発現日)
腫瘍出血(2018)  
併用薬    

報告年度・四半期 2022・第一 種類 自発報告 報告職種 消費者等 報告分類 企業報告 状況 調査完了
性別 年代 80歳代 身長 体重 転帰 軽快
原疾患等 心房細動  
被疑薬に関する
情報
一般名/販売名 一回
投与量
投与
開始日
投与
終了日
投与経路 適用理由 要指導/
リスク区分
被疑薬の
処置
再投与による再発の有無 評価
エドキサバントシル酸塩水和物/リクシアナ         経口 心房細動(Atrial fibrillation)   投与中止 脱水(再投与なし)、腎機能障害(再投与なし)、鼻出血(再投与なし)、着色尿(再投与なし)  
副作用/有害事象
(発現日)
脱水   腎機能障害   鼻出血   着色尿  
併用薬    

報告年度・四半期 2022・第一 種類 自発報告 報告職種 医師 報告分類 企業報告 状況 調査完了
性別 年代 80歳代 身長 150cm台 体重 50kg台 転帰 不明
原疾患等 心房細動   大動脈弁閉鎖不全症   僧帽弁閉鎖不全症  
被疑薬に関する
情報
一般名/販売名 一回
投与量
投与
開始日
投与
終了日
投与経路 適用理由 要指導/
リスク区分
被疑薬の
処置
再投与による再発の有無 評価
エドキサバントシル酸塩水和物/リクシアナOD 30 mg   20220203 経口 心房細動(Atrial fibrillation)   投与中止 肋骨骨折(再投与なし)、くも膜下出血(再投与なし)、硬膜下血腫(再投与なし)、脳挫傷(再投与なし)  
アスピリン/バイアスピリン 100 mg   20220203 経口     不明    
副作用/有害事象
(発現日)
肋骨骨折(202202)   くも膜下出血(20220203)   硬膜下血腫(20220203)   脳挫傷(20220203)  
併用薬 ランソプラゾール   プラバスタチンナトリウム   フェブキソスタット   フロセミド   エプレレノン   ウルソデオキシコール酸   クエン酸第一鉄ナトリウム   グルコン酸カリウム  

報告年度・四半期 2022・第一 種類 自発報告 報告職種 医師 報告分類 企業報告 状況 調査完了
性別 年代 70歳代 身長 140cm台 体重 40kg台 転帰 不明
原疾患等    
被疑薬に関する
情報
一般名/販売名 一回
投与量
投与
開始日
投与
終了日
投与経路 適用理由 要指導/
リスク区分
被疑薬の
処置
再投与による再発の有無 評価
セレコキシブ 100 mg     経口     不明    
エドキサバントシル酸塩水和物 30 mg     経口 心房細動(Atrial fibrillation paroxysmal)、心房粗動(Paroxysmal atrial flutter)、血栓症予防(Thromboembolism prophylaxis)   不明    
副作用/有害事象
(発現日)
出血性胃潰瘍  
併用薬 ビソプロロールフマル酸塩   ベラパミル塩酸塩   フロセミド   アゾセミド   プレドニゾロン   タクロリムス水和物   アムロジピンベシル酸塩   オルメサルタン メドキソミル   エソメプラゾールマグネシウム水和物   エルデカルシトール   シンバスタチン  

報告年度・四半期 2022・第一 種類 自発報告 報告職種 医師 報告分類 企業報告 状況 調査完了
性別 年代 60歳代 身長 170cm台 体重 50kg台 転帰 回復(後)
原疾患等 胃癌   腹膜転移   肝転移   肺塞栓症   深部静脈血栓症  
被疑薬に関する
情報
一般名/販売名 一回
投与量
投与
開始日
投与
終了日
投与経路 適用理由 要指導/
リスク区分
被疑薬の
処置
再投与による再発の有無 評価
エドキサバントシル酸塩水和物/リクシアナ 60 mg 20210517   経口 肺塞栓症(Pulmonary embolism)、深部静脈血栓症(Deep vein thrombosis)、胃癌(Gastric cancer)   投与中止 くも膜下出血(再投与なし)  
副作用/有害事象
(発現日)
くも膜下出血(20210620)  
併用薬 フルオロウラシル   レボホリナートカルシウム   オキサリプラチン   フロセミド   エソメプラゾールマグネシウム水和物   酸化マグネシウム   メトクロプラミド   テガフール・ギメラシル・オテラシルカリウム配合剤   スピロノラクトン  

報告年度・四半期 2022・第一 種類 試験 報告職種 医師 報告分類 企業報告 状況 調査完了
性別 年代 70歳代 身長 170cm台 体重 60kg台 転帰 不明
原疾患等 心房細動   脂質異常症   慢性腎臓病  
被疑薬に関する
情報
一般名/販売名 一回
投与量
投与
開始日
投与
終了日
投与経路 適用理由 要指導/
リスク区分
被疑薬の
処置
再投与による再発の有無 評価
エドキサバントシル酸塩水和物/リクシアナ       20211228 経口 心房細動(Atrial fibrillation)   投与中止 硬膜下血腫(再投与なし)  
副作用/有害事象
(発現日)
硬膜下血腫(20211227)  
併用薬 ピタバスタチンカルシウム   ビソプロロールフマル酸塩  

報告年度・四半期 2022・第一 種類 自発報告 報告職種 医師 報告分類 企業報告 状況 調査中
性別 年代 80歳代 身長 体重 転帰 不明
原疾患等 心房細動  
被疑薬に関する
情報
一般名/販売名 一回
投与量
投与
開始日
投与
終了日
投与経路 適用理由 要指導/
リスク区分
被疑薬の
処置
再投与による再発の有無 評価
エドキサバントシル酸塩水和物/リクシアナ         経口 心房細動(Atrial fibrillation)   不明 動脈損傷(再投与なし)、出血性ショック(再投与なし)  
副作用/有害事象
(発現日)
動脈損傷   出血性ショック  
併用薬    

報告年度・四半期 2022・第一 種類 自発報告 報告職種 医師 報告分類 企業報告 状況 調査完了
性別 年代 50歳代 身長 150cm台 体重 50kg台 転帰 軽快
原疾患等 卵巣癌   肺塞栓症   高血圧   胃食道逆流性疾患   高脂血症  
被疑薬に関する
情報
一般名/販売名 一回
投与量
投与
開始日
投与
終了日
投与経路 適用理由 要指導/
リスク区分
被疑薬の
処置
再投与による再発の有無 評価
エドキサバントシル酸塩水和物/リクシアナOD 30 mg 20190401   経口 肺塞栓症(Pulmonary embolism)   投与中止 出血性胆嚢炎(再投与なし)  
ベバシズマブ(遺伝子組換え)/アバスチン 850 mg 20190326 20211008 静脈内(明記されていない場合) 卵巣癌(Ovarian cancer)   不明    
副作用/有害事象
(発現日)
出血性胆嚢炎(20211010)  
併用薬 パクリタキセル   カルボプラチン   ベンフォチアミン・B6・B12配合剤(1)   酸化マグネシウム   人参養栄湯   柴苓湯   牛車腎気丸   フェキソフェナジン塩酸塩   ロキソプロフェンナトリウム水和物   バルサルタン   ファモチジン   アトルバスタチンカルシウム水和物  

報告年度・四半期 2022・第一 種類 自発報告 報告職種 医師;消費者等 報告分類 企業報告 状況 調査完了
性別 年代 60歳代 身長 体重 転帰 回復
原疾患等 心房細動   睡眠時無呼吸症候群   アレルギー性鼻炎   高血圧  
被疑薬に関する
情報
一般名/販売名 一回
投与量
投与
開始日
投与
終了日
投与経路 適用理由 要指導/
リスク区分
被疑薬の
処置
再投与による再発の有無 評価
オロパタジン塩酸塩 10 mg 不明   経口 適応症不明の製品使用(Product used for unknown indication)   不明    
サクビトリルバルサルタンナトリウム水和物/エンレスト 100 mg 20211201 20220302 経口 高血圧(高血圧)        
100 mg 20220304   不明
ニトログリセリン/ミオコール     20220302 20220302 舌下 適応症不明の製品使用(Product used for unknown indication)        
エドキサバントシル酸塩水和物/リクシアナOD 30 mg 201212   経口 適応症不明の製品使用(適応症不明の製品使用)        
副作用/有害事象
(発現日)
血圧低下(20220302)  
併用薬    

報告年度・四半期 2022・第一 種類 自発報告 報告職種 医師 報告分類 企業報告 状況 調査完了
性別 年代 80歳代 身長 体重 転帰 死亡
原疾患等 脳梗塞   心房細動   失神  
被疑薬に関する
情報
一般名/販売名 一回
投与量
投与
開始日
投与
終了日
投与経路 適用理由 要指導/
リスク区分
被疑薬の
処置
再投与による再発の有無 評価
エドキサバントシル酸塩水和物/リクシアナ         経口 脳梗塞(Cerebral infarction)   不明 メレナ(再投与なし) C
副作用/有害事象
(発現日)
メレナ  
併用薬 ミドドリン塩酸塩  

報告年度・四半期 2021・第四 種類 自発報告 報告職種 薬剤師 報告分類 医療機関報告 状況 調査完了
性別 年代 60歳代 身長 150cm台 体重 30kg台 転帰 軽快
原疾患等 各種物質毒性   うつ病  
被疑薬に関する
情報
一般名/販売名 一回
投与量
投与
開始日
投与
終了日
投与経路 適用理由 要指導/
リスク区分
被疑薬の
処置
再投与による再発の有無 評価
ラモトリギン/ラミクタール     20210528   経口 双極性障害(双極性障害)   減量 肝機能異常(無)  
50 mg 20210611   経口
100 mg 20210625   経口
100 mg 20210702   経口
125 mg 20210709   経口
150 mg 20210716   経口
125 mg 20210817   経口
100 mg 20210825   経口
75 mg 20210901   経口
リスペリドン/リスペリドンOD 1 mg 20210524   経口 不安(不安・焦燥感)   不明    
エドキサバントシル酸塩水和物/リクシアナOD 30 mg 20210507 20210825 経口 血栓症予防(下肢静脈血栓予防)   不明    
レンボレキサント/デエビゴ 10 mg 20210601   経口 不眠症(不眠)   不明    
テネリグリプチン臭化水素酸塩水和物/テネリア 20 mg     経口 糖尿病(糖尿病)   不明    
抑肝散/ツムラ抑肝散エキス顆粒(医療用) 2 {DF} 20210525 20210907 経口 不安(不安・焦燥感)   不明    
メトホルミン塩酸塩/メトグルコ 750 mg     経口 糖尿病(糖尿病)   不明    
グリクラジド/グリミクロン 20 mg     経口 糖尿病(糖尿病)   不明    
ポラプレジンク/ポラプレジンクOD 75 mg 20210811 20210813 経口 低亜鉛血症(低亜鉛血症)   不明    
酢酸亜鉛水和物/ノベルジン 25 mg 20210813   経口 低亜鉛血症(低亜鉛血症)   不明    
副作用/有害事象
(発現日)
肝機能異常(20210805)  
併用薬 ラメルテオン   酸化マグネシウム   酪酸菌製剤  

報告年度・四半期 2021・第四 種類 自発報告 報告職種 薬剤師 報告分類 医療機関報告 状況 調査完了
性別 年代 80歳代 身長 体重 30kg台 転帰 軽快
原疾患等 脳梗塞  
被疑薬に関する
情報
一般名/販売名 一回
投与量
投与
開始日
投与
終了日
投与経路 適用理由 要指導/
リスク区分
被疑薬の
処置
再投与による再発の有無 評価
エドキサバントシル酸塩水和物/リクシアナOD 30 mg 20210112 20210119 経口 予防(脳卒中の発症抑制)   投与中止 肝機能異常(再投与なし)  
副作用/有害事象
(発現日)
肝機能異常(20210120)  
併用薬 ランソプラゾール   ニコランジル   ビソプロロールフマル酸塩   ビソプロロール   ピタバスタチンカルシウム   ロラタジン   タゾバクタムナトリウム・ピペラシリンナトリウム   アミノ酸・糖・電解質・ビタミン(4)  

報告年度・四半期 2021・第四 種類 自発報告 報告職種 薬剤師 報告分類 医療機関報告 状況 調査完了
性別 年代 60歳代 身長 170cm台 体重 70kg台 転帰 未回復
原疾患等 脳梗塞   心房細動   アルコール摂取   タバコ使用者  
被疑薬に関する
情報
一般名/販売名 一回
投与量
投与
開始日
投与
終了日
投与経路 適用理由 要指導/
リスク区分
被疑薬の
処置
再投与による再発の有無 評価
アスピリン 100 mg     経口 脳梗塞(脳梗塞)   投与中止 脳出血(無)  
エドキサバントシル酸塩水和物/リクシアナ 60 mg 202101   経口 心房細動(心房細動)   不明 脳出血(無)  
    20211103   経口
副作用/有害事象
(発現日)
脳出血(20211026)  
併用薬 アムロジピンベシル酸塩   アロプリノール  

報告年度・四半期 2021・第四 種類 自発報告 報告職種 医師 報告分類 医療機関報告 状況 調査完了
性別 年代 80歳代 身長 150cm台 体重 50kg台 転帰 回復
原疾患等 心房細動  
被疑薬に関する
情報
一般名/販売名 一回
投与量
投与
開始日
投与
終了日
投与経路 適用理由 要指導/
リスク区分
被疑薬の
処置
再投与による再発の有無 評価
エドキサバントシル酸塩水和物/リクシアナ 30 mg   20211118 経口 出血(出血の確認)   不明 メレナ(再投与なし)、大腸出血(再投与なし)、粘膜出血(再投与なし)  
副作用/有害事象
(発現日)
メレナ(20211105)   大腸出血(20211105)   粘膜出血(20211105)  
併用薬 ビソプロロールフマル酸塩   ボノプラザンフマル酸塩  

報告年度・四半期 2021・第四 種類 自発報告 報告職種 薬剤師 報告分類 医療機関報告 状況 調査完了
性別 年代 60歳代 身長 160cm台 体重 50kg台 転帰 軽快
原疾患等 出血性腸憩室   失血性貧血   アルコール摂取   過敏症  
被疑薬に関する
情報
一般名/販売名 一回
投与量
投与
開始日
投与
終了日
投与経路 適用理由 要指導/
リスク区分
被疑薬の
処置
再投与による再発の有無 評価
エドキサバントシル酸塩水和物/リクシアナOD 30 mg 20211025 20211222 経口 深部静脈血栓症(深部静脈血栓症)   不明    
    20211229   経口
ロキソプロフェンナトリウム水和物 180 mg 20210106 20211222 経口 関節リウマチ(関節リウマチ)   不明    
    20211229   経口
プレドニゾロン 10 mg 20191205   経口 関節リウマチ(関節リウマチ)   不明    
副作用/有害事象
(発現日)
出血性腸憩室(20211222)  
併用薬 タクロリムス水和物   レバミピド   アジルサルタン・アムロジピンベシル酸塩配合剤  

報告年度・四半期 2021・第四 種類 自発報告 報告職種 薬剤師 報告分類 医療機関報告 状況 調査完了
性別 年代 80歳代 身長 170cm台 体重 50kg台 転帰 軽快
原疾患等 脳梗塞   タバコ使用者  
被疑薬に関する
情報
一般名/販売名 一回
投与量
投与
開始日
投与
終了日
投与経路 適用理由 要指導/
リスク区分
被疑薬の
処置
再投与による再発の有無 評価
エドキサバントシル酸塩水和物/リクシアナ 30 mg 20211006 20211117 経口 脳梗塞(脳梗塞)   不明 間質性肺疾患(再投与なし)  
副作用/有害事象
(発現日)
間質性肺疾患(20211117)  
併用薬    

報告年度・四半期 2021・第四 種類 自発報告 報告職種 医師 報告分類 企業報告 状況 調査完了
性別 年代 70歳代 身長 体重 転帰 不明
原疾患等 化学療法  
被疑薬に関する
情報
一般名/販売名 一回
投与量
投与
開始日
投与
終了日
投与経路 適用理由 要指導/
リスク区分
被疑薬の
処置
再投与による再発の有無 評価
エドキサバントシル酸塩水和物/リクシアナ         経口 適応症不明の製品使用(Product used for unknown indication)   不明 出血性脳梗塞(再投与なし)  
副作用/有害事象
(発現日)
出血性脳梗塞  
併用薬    

報告年度・四半期 2021・第四 種類 自発報告 報告職種 医師 報告分類 企業報告 状況 調査完了
性別 年代 80歳代 身長 160cm台 体重 60kg台 転帰 軽快
原疾患等 心房細動   脳梗塞   胆嚢癌  
被疑薬に関する
情報
一般名/販売名 一回
投与量
投与
開始日
投与
終了日
投与経路 適用理由 要指導/
リスク区分
被疑薬の
処置
再投与による再発の有無 評価
エドキサバントシル酸塩水和物/リクシアナ 60 mg 20190816 20190818 経口 心房細動(Atrial fibrillation)   減量 血性胆汁(再投与なし)  
30 mg 20190820   経口
副作用/有害事象
(発現日)
血性胆汁(20190818)  
併用薬 リスペリドン  

報告年度・四半期 2021・第四 種類 自発報告 報告職種 医師 報告分類 企業報告 状況 調査中
性別 年代 60歳代 身長 体重 転帰 不明
原疾患等 静脈血栓症   卵管閉塞   子宮付属器嚢胞  
被疑薬に関する
情報
一般名/販売名 一回
投与量
投与
開始日
投与
終了日
投与経路 適用理由 要指導/
リスク区分
被疑薬の
処置
再投与による再発の有無 評価
エドキサバントシル酸塩水和物/リクシアナ         経口 静脈血栓症(Venous thrombosis)   不明 性器出血(再投与なし)、血管偽動脈瘤(再投与なし)  
副作用/有害事象
(発現日)
性器出血   血管偽動脈瘤  
併用薬    

報告年度・四半期 2021・第四 種類 自発報告 報告職種 医師 報告分類 企業報告 状況 調査完了
性別 年代 90歳代 身長 体重 50kg台 転帰 軽快
原疾患等 胃食道逆流性疾患   骨粗鬆症   心房細動   高血圧   緊張性膀胱   脳梗塞  
被疑薬に関する
情報
一般名/販売名 一回
投与量
投与
開始日
投与
終了日
投与経路 適用理由 要指導/
リスク区分
被疑薬の
処置
再投与による再発の有無 評価
エドキサバントシル酸塩水和物/リクシアナ 30 mg 20180204 20220320 経口 心房細動(Atrial fibrillation)   投与中止 胃腸出血(不明)、急性心筋梗塞(再投与なし)  
30 mg 20220408   経口
副作用/有害事象
(発現日)
胃腸出血(20220319)   急性心筋梗塞(20220407)  
併用薬 エソメプラゾールマグネシウム水和物   エルデカルシトール  

報告年度・四半期 2021・第四 種類 自発報告 報告職種 医師 報告分類 企業報告 状況 調査完了
性別 年代 80歳代 身長 体重 40kg台 転帰 不明
原疾患等 深部静脈血栓症   高血圧   糖尿病   高尿酸血症   骨粗鬆症  
被疑薬に関する
情報
一般名/販売名 一回
投与量
投与
開始日
投与
終了日
投与経路 適用理由 要指導/
リスク区分
被疑薬の
処置
再投与による再発の有無 評価
エドキサバントシル酸塩水和物/リクシアナ 15 mg   20220323 経口 深部静脈血栓症(Deep vein thrombosis)   投与中止 血胸(再投与なし)  
副作用/有害事象
(発現日)
血胸(20220305)  
併用薬 アレンドロン酸ナトリウム水和物   アムロジピンベシル酸塩   アロプリノール   フロセミド   テネリグリプチン臭化水素酸塩水和物   エソメプラゾールマグネシウム水和物  

報告年度・四半期 2021・第四 種類 自発報告 報告職種 医師 報告分類 企業報告 状況 調査完了
性別 年代 90歳代 身長 140cm台 体重 40kg台 転帰 軽快
原疾患等 心房頻脈   心房細動   神経因性膀胱   慢性心不全   慢性腎臓病   尿路感染   鉄欠乏性貧血   骨粗鬆症   慢性胃炎   便秘  
被疑薬に関する
情報
一般名/販売名 一回
投与量
投与
開始日
投与
終了日
投与経路 適用理由 要指導/
リスク区分
被疑薬の
処置
再投与による再発の有無 評価
エドキサバントシル酸塩水和物/リクシアナ 30 mg     経口 心房細動(Atrial fibrillation)   減量 血尿(再投与なし)、出血性膀胱炎(再投与なし)  
        経口
副作用/有害事象
(発現日)
血尿(20211021)   出血性膀胱炎(20211021)  
併用薬 アミオダロン塩酸塩   スピロノラクトン   アルファカルシドール   アレンドロン酸ナトリウム水和物   メトクロプラミド   モサプリドクエン酸塩水和物   酸化マグネシウム  

報告年度・四半期 2021・第四 種類 自発報告 報告職種 医師 報告分類 企業報告 状況 調査中
性別 年代 70歳代 身長 140cm台 体重 40kg台 転帰 不明
原疾患等 心房粗動   心房細動   洞結節機能不全   うっ血性心不全   肥大型心筋症   全身性エリテマトーデス   慢性腎臓病   高血圧   脂質異常症  
被疑薬に関する
情報
一般名/販売名 一回
投与量
投与
開始日
投与
終了日
投与経路 適用理由 要指導/
リスク区分
被疑薬の
処置
再投与による再発の有無 評価
エドキサバントシル酸塩水和物/リクシアナ 30 mg     経口 心房粗動(Atrial flutter)、心房細動(Atrial fibrillation)   不明 出血性胃潰瘍(再投与なし)、出血性ショック(再投与なし)  
オルメサルタン メドキソミル/オルメテックOD 20 mg     経口 高血圧(Hypertension)   不明 出血性胃潰瘍(再投与なし)、出血性ショック(再投与なし)  
副作用/有害事象
(発現日)
出血性胃潰瘍   出血性ショック  
併用薬 ビソプロロールフマル酸塩   ベラパミル塩酸塩   フロセミド   アゾセミド   プレドニゾロン   タクロリムス水和物   アムロジピンベシル酸塩   エソメプラゾールマグネシウム水和物   セレコキシブ   エルデカルシトール   シンバスタチン  

報告年度・四半期 2021・第四 種類 自発報告 報告職種 薬剤師;消費者等 報告分類 企業報告 状況 調査完了
性別 年代 60歳代 身長 150cm台 体重 30kg台 転帰 軽快
原疾患等 双極性障害   各種物質毒性   うつ病   非タバコ使用者   不安   易刺激性   抑うつ気分   無為   無感情   入院  
被疑薬に関する
情報
一般名/販売名 一回
投与量
投与
開始日
投与
終了日
投与経路 適用理由 要指導/
リスク区分
被疑薬の
処置
再投与による再発の有無 評価
ラモトリギン/ラミクタール 25 mg 20210528   経口 双極性障害(双極性障害)   減量 肝機能異常(再投与なし)  
50 mg 20210611   経口
100 mg 20210625   経口
100 mg 20210702   経口
125 mg 20210709   経口
150 mg 20210716   経口
125 mg     経口
100 mg     経口
75 mg     経口
エドキサバントシル酸塩水和物/リクシアナOD 30 mg 20210507 20210825 経口 予防(下肢静脈血栓予防)   投与中止    
リスペリドン/リスペリドンOD 1 mg 20210524   経口 不安(不安・焦燥感)、易刺激性(不安・焦燥感)、落ち着きのなさ(不穏)   投与量変更せず    
抑肝散/ツムラ抑肝散エキス顆粒(医療用) 5 g 20210525 20210907 経口 易刺激性(不安・焦燥感)、不安(不安・焦燥感)、落ち着きのなさ(不穏)   投与中止    
レンボレキサント/デエビゴ 10 mg 20210601   経口 不眠症(不眠)   投与量変更せず    
ポラプレジンク/ポラプレジンクOD 75 mg 20210811 20210813 経口 低亜鉛血症(低亜鉛血症)   投与中止    
酢酸亜鉛水和物/ノベルジン 25 mg 20210813   経口 低亜鉛血症(低亜鉛血症)   投与量変更せず    
テネリグリプチン臭化水素酸塩水和物/テネリア 20 mg     経口 糖尿病(糖尿病)   投与量変更せず    
メトホルミン塩酸塩/メトグルコ 750 mg     経口 糖尿病(糖尿病)   投与量変更せず    
グリクラジド/グリミクロン 20 mg     経口 糖尿病(糖尿病)   投与量変更せず    
副作用/有害事象
(発現日)
肝機能異常(20210805)  
併用薬 ラメルテオン   酸化マグネシウム   酪酸菌製剤  

報告年度・四半期 2021・第四 種類 自発報告 報告職種 医師 報告分類 企業報告 状況 調査完了
性別 年代 80歳代 身長 体重 転帰 不明
原疾患等 心房細動  
被疑薬に関する
情報
一般名/販売名 一回
投与量
投与
開始日
投与
終了日
投与経路 適用理由 要指導/
リスク区分
被疑薬の
処置
再投与による再発の有無 評価
エドキサバントシル酸塩水和物/リクシアナ         経口 心房細動(Atrial fibrillation)   不明 血性腹水(再投与なし)  
副作用/有害事象
(発現日)
血性腹水  
併用薬    

報告年度・四半期 2021・第四 種類 自発報告 報告職種 医師 報告分類 企業報告 状況 調査中
性別 年代 70歳代 身長 体重 転帰 不明
原疾患等 末梢動脈狭窄   腸骨動脈閉塞   末梢動脈閉塞  
被疑薬に関する
情報
一般名/販売名 一回
投与量
投与
開始日
投与
終了日
投与経路 適用理由 要指導/
リスク区分
被疑薬の
処置
再投与による再発の有無 評価
エドキサバントシル酸塩水和物/リクシアナ         不明 心房細動(Atrial fibrillation)   非該当 貧血(再投与なし)  
ロキソプロフェンナトリウム水和物/ロキソニン         不明 適応症不明の製品使用(Product used for unknown indication)   投与中止 貧血(再投与なし)  
副作用/有害事象
(発現日)
貧血  
併用薬 アスピリン   クロピドグレル硫酸塩  

報告年度・四半期 2021・第四 種類 自発報告 報告職種 薬剤師 報告分類 企業報告 状況 調査完了
性別 年代 50歳代 身長 体重 転帰 回復
原疾患等 心房細動  
被疑薬に関する
情報
一般名/販売名 一回
投与量
投与
開始日
投与
終了日
投与経路 適用理由 要指導/
リスク区分
被疑薬の
処置
再投与による再発の有無 評価
ダビガトランエテキシラートメタンスルホン酸塩/プラザキサ 300 mg 20220308 20220309 経口 心房細動(心房細動)   投与中止    
エドキサバントシル酸塩水和物/リクシアナ       20220307 経口 適応症不明の製品使用(適応症不明の薬剤使用)   非該当    
副作用/有害事象
(発現日)
心タンポナーデ(20220309)  
併用薬    

報告年度・四半期 2021・第四 種類 自発報告 報告職種 医師 報告分類 企業報告 状況 調査完了
性別 年代 80歳代 身長 160cm台 体重 70kg台 転帰 回復
原疾患等 高血圧   糖尿病   心房細動  
被疑薬に関する
情報
一般名/販売名 一回
投与量
投与
開始日
投与
終了日
投与経路 適用理由 要指導/
リスク区分
被疑薬の
処置
再投与による再発の有無 評価
エドキサバントシル酸塩水和物/リクシアナOD 15 mg 20210122   経口 血栓症予防(Thrombosis prophylaxis)   投与中止 出血性腸憩室(無)  
15 mg 20210319   経口
15 mg     経口
15 mg 20220325   経口
副作用/有害事象
(発現日)
出血性腸憩室(20211005)  
併用薬 エサキセレノン   フロセミド   アテノロール   バルサルタン・アムロジピンベシル酸塩配合剤   アムロジピンベシル酸塩   シタグリプチンリン酸塩水和物  

報告年度・四半期 2021・第四 種類 自発報告 報告職種 薬剤師 報告分類 企業報告 状況 調査完了
性別 年代 60歳代 身長 170cm台 体重 80kg台 転帰 死亡
原疾患等 高血圧   糖尿病   脂質異常症   胃癌   心房細動  
被疑薬に関する
情報
一般名/販売名 一回
投与量
投与
開始日
投与
終了日
投与経路 適用理由 要指導/
リスク区分
被疑薬の
処置
再投与による再発の有無 評価
エドキサバントシル酸塩水和物/リクシアナOD 60 mg 20220127 20220304 経口 心房細動(Atrial fibrillation)   投与中止 被殻出血(再投与なし) C
副作用/有害事象
(発現日)
被殻出血(20220304)  
併用薬 ビソプロロールフマル酸塩   ランソプラゾール   アゾセミド   ラメルテオン   トルバプタン   シロドシン   酸化マグネシウム  

報告年度・四半期 2021・第四 種類 試験 報告職種 医師 報告分類 企業報告 状況 調査完了
性別 年代 80歳代 身長 160cm台 体重 50kg台 転帰 不明
原疾患等 心障害   心房細動   高血圧  
被疑薬に関する
情報
一般名/販売名 一回
投与量
投与
開始日
投与
終了日
投与経路 適用理由 要指導/
リスク区分
被疑薬の
処置
再投与による再発の有無 評価
エドキサバントシル酸塩水和物/リクシアナ       20220122 不明 心房細動(Atrial fibrillation)   投与中止 被殻出血(再投与なし)、視床出血(再投与なし)  
副作用/有害事象
(発現日)
被殻出血(20220123)   視床出血(20220123)  
併用薬 ジスチグミン臭化物   シロドシン   トリクロルメチアジド   カルベジロール   L−カルボシステイン   イルベサルタン・アムロジピンベシル酸塩配合剤   セレコキシブ  

報告年度・四半期 2021・第四 種類 自発報告 報告職種 医師 報告分類 企業報告 状況 調査完了
性別 年代 90歳代 身長 170cm台 体重 50kg台 転帰 回復(後)
原疾患等 心房細動   房室ブロック   高血圧   胃食道逆流性疾患   便秘  
被疑薬に関する
情報
一般名/販売名 一回
投与量
投与
開始日
投与
終了日
投与経路 適用理由 要指導/
リスク区分
被疑薬の
処置
再投与による再発の有無 評価
エドキサバントシル酸塩水和物/リクシアナOD 15 mg 20220224 20220310 経口 心房細動(Atrial fibrillation)   投与中止 視床出血(再投与なし)  
副作用/有害事象
(発現日)
視床出血(20220310)  
併用薬 エソメプラゾールマグネシウム水和物   酸化マグネシウム  

報告年度・四半期 2021・第四 種類 自発報告 報告職種 医師 報告分類 企業報告 状況 調査完了
性別 年代 80歳代 身長 体重 転帰 回復
原疾患等    
被疑薬に関する
情報
一般名/販売名 一回
投与量
投与
開始日
投与
終了日
投与経路 適用理由 要指導/
リスク区分
被疑薬の
処置
再投与による再発の有無 評価
エドキサバントシル酸塩水和物/リクシアナ         経口 心房細動(Atrial fibrillation)   投与中止 硬膜下血腫(再投与なし)  
        経口
        経口
副作用/有害事象
(発現日)
硬膜下血腫  
併用薬    

報告年度・四半期 2021・第四 種類 自発報告 報告職種 医師 報告分類 企業報告 状況 調査完了
性別 年代 70歳代 身長 体重 30kg台 転帰 軽快
原疾患等 高血圧   脂質異常症   心不全   心房細動  
被疑薬に関する
情報
一般名/販売名 一回
投与量
投与
開始日
投与
終了日
投与経路 適用理由 要指導/
リスク区分
被疑薬の
処置
再投与による再発の有無 評価
エドキサバントシル酸塩水和物/リクシアナOD 30 mg   20220308 経口 心房細動(Atrial fibrillation)   投与量変更せず 脳出血(再投与なし)  
15 mg     経口
副作用/有害事象
(発現日)
脳出血(20220307)  
併用薬    

報告年度・四半期 2021・第四 種類 自発報告 報告職種 医師 報告分類 企業報告 状況 調査中
性別 年代 70歳代 身長 体重 転帰 死亡
原疾患等 心房粗動  
被疑薬に関する
情報
一般名/販売名 一回
投与量
投与
開始日
投与
終了日
投与経路 適用理由 要指導/
リスク区分
被疑薬の
処置
再投与による再発の有無 評価
エドキサバントシル酸塩水和物/リクシアナ         不明 心房粗動(Atrial flutter)   非該当 肺毒性(再投与なし)  
副作用/有害事象
(発現日)
肺毒性  
併用薬    

報告年度・四半期 2021・第四 種類 自発報告 報告職種 医療関係者 報告分類 企業報告 状況 調査完了
性別 年代 60歳代 身長 体重 転帰 不明
原疾患等 膵癌第4期   遊走性血栓静脈炎   遠隔転移を伴う膵癌   肝転移   肺転移   腹膜転移  
被疑薬に関する
情報
一般名/販売名 一回
投与量
投与
開始日
投与
終了日
投与経路 適用理由 要指導/
リスク区分
被疑薬の
処置
再投与による再発の有無 評価
アスピリン/バイアスピリン           大脳動脈閉塞(left middle cerebral artery occlusion)、血栓除去(After thrombectomy)   投与中止    
オザグレルナトリウム/オザグレルNa           大脳動脈閉塞(left middle cerebral artery occlusion)、血栓除去(After thrombectomy for middle cerebral artery occlusion)   不明    
クロピドグレル硫酸塩/クロピドグレル 300 mg         不明    
エドキサバントシル酸塩水和物           深部静脈血栓症(deep venous thrombus on both lower extremities)   不明    
副作用/有害事象
(発現日)
血便排泄  
併用薬    

報告年度・四半期 2021・第四 種類 自発報告 報告職種 薬剤師 報告分類 企業報告 状況 調査完了
性別 年代 80歳代 身長 140cm台 体重 40kg台 転帰 不明
原疾患等 骨粗鬆症   変形性関節症  
被疑薬に関する
情報
一般名/販売名 一回
投与量
投与
開始日
投与
終了日
投与経路 適用理由 要指導/
リスク区分
被疑薬の
処置
再投与による再発の有無 評価
エルデカルシトール/エディロール 0.75 ug   20220118 経口 骨粗鬆症(骨粗鬆症)   投与中止 食道潰瘍(再投与なし)、深部静脈血栓症(不明)  
エドキサバントシル酸塩水和物/リクシアナ     20220104 20220114 不明 深部静脈血栓症(DVT疑い)        
    20220208   不明
副作用/有害事象
(発現日)
食道潰瘍(20220114)   深部静脈血栓症(20220104)  
併用薬 アムロジピンベシル酸塩   乾燥硫酸鉄(3)   シアノコバラミン   バゼドキシフェン酢酸塩   メコバラミン  

報告年度・四半期 2021・第四 種類 自発報告 報告職種 医師 報告分類 企業報告 状況 調査完了
性別 年代 60歳代 身長 150cm台 体重 60kg台 転帰 回復
原疾患等 胆管細胞癌   リンパ節転移   肺動脈血栓症   四肢静脈血栓症   高血圧   化学療法  
被疑薬に関する
情報
一般名/販売名 一回
投与量
投与
開始日
投与
終了日
投与経路 適用理由 要指導/
リスク区分
被疑薬の
処置
再投与による再発の有無 評価
エドキサバントシル酸塩水和物/リクシアナOD 30 mg 20201217 20210904 経口 肺動脈血栓症(Pulmonary artery thrombosis)、深部静脈血栓症(Deep vein thrombosis)   投与中止 腫瘍出血(再投与なし)  
15 mg 20210913 20211008 経口
副作用/有害事象
(発現日)
腫瘍出血(20210830)  
併用薬 ボノプラザンフマル酸塩   ゲムシタビン塩酸塩   シスプラチン   テガフール・ギメラシル・オテラシルカリウム配合剤   アムロジピンベシル酸塩   オルメサルタン メドキソミル  

報告年度・四半期 2021・第四 種類 自発報告 報告職種 医師 報告分類 企業報告 状況 調査中
性別 不明 年代 80歳代 身長 体重 転帰 死亡
原疾患等    
被疑薬に関する
情報
一般名/販売名 一回
投与量
投与
開始日
投与
終了日
投与経路 適用理由 要指導/
リスク区分
被疑薬の
処置
再投与による再発の有無 評価
エドキサバントシル酸塩水和物/リクシアナOD 30 mg 20220221 20220228 経口 適応症不明の製品使用(Product used for unknown indication)   投与中止 胃腸出血(再投与なし)  
副作用/有害事象
(発現日)
胃腸出血  
併用薬    

報告年度・四半期 2021・第四 種類 自発報告 報告職種 医師;消費者等 報告分類 企業報告 状況 調査完了
性別 年代 60歳代 身長 体重 転帰 回復
原疾患等 心房細動   睡眠時無呼吸症候群   アレルギー性鼻炎   高血圧  
被疑薬に関する
情報
一般名/販売名 一回
投与量
投与
開始日
投与
終了日
投与経路 適用理由 要指導/
リスク区分
被疑薬の
処置
再投与による再発の有無 評価
サクビトリルバルサルタンナトリウム水和物/エンレスト 100 mg 20211201 20220302 経口 高血圧(高血圧)   投与量変更せず    
100 mg 20220304   不明
オロパタジン塩酸塩/パタノール 10 mg 不明   経口 適応症不明の製品使用(Product used for unknown indication)   不明    
ニトログリセリン/ミオコール     20220302 20220302 舌下 適応症不明の製品使用(Product used for unknown indication)        
エドキサバントシル酸塩水和物/リクシアナOD 30 mg 201212   経口 適応症不明の製品使用(適応症不明の製品使用)        
副作用/有害事象
(発現日)
血圧低下(20220302)  
併用薬    

報告年度・四半期 2021・第四 種類 自発報告 報告職種 医師 報告分類 企業報告 状況 調査完了
性別 年代 50歳代 身長 150cm台 体重 60kg台 転帰 軽快
原疾患等 深部静脈血栓症   卵巣癌   臍ヘルニア   境界性パーソナリティ障害   背部痛   悪心   便秘  
被疑薬に関する
情報
一般名/販売名 一回
投与量
投与
開始日
投与
終了日
投与経路 適用理由 要指導/
リスク区分
被疑薬の
処置
再投与による再発の有無 評価
エドキサバントシル酸塩水和物/リクシアナOD 60 mg 20220222 20220223 経口 深部静脈血栓症(Deep vein thrombosis)   投与中止 腹腔内出血(再投与なし)  
副作用/有害事象
(発現日)
腹腔内出血(20220224)  
併用薬 リスペリドン   プロポフォール   ロクロニウム臭化物   セボフルラン   塩酸レボブピバカイン   フェンタニルクエン酸塩   大建中湯   メトクロプラミド   酸化マグネシウム   ロキソプロフェンナトリウム水和物   レバミピド  

報告年度・四半期 2021・第四 種類 自発報告 報告職種 医師 報告分類 企業報告 状況 調査完了
性別 年代 80歳代 身長 体重 転帰 不明
原疾患等 心筋梗塞   心房細動   血管肉腫   胸膜転移   肺転移   骨転移  
被疑薬に関する
情報
一般名/販売名 一回
投与量
投与
開始日
投与
終了日
投与経路 適用理由 要指導/
リスク区分
被疑薬の
処置
再投与による再発の有無 評価
アスピリン         不明 心筋梗塞(心筋梗塞)、心房細動(心房細動)   投与中止 小腸出血(不明)、処置後出血(不明)、血尿(不明)、血胸(不明)、膀胱タンポナーデ(不明)  
エドキサバントシル酸塩水和物         不明 心筋梗塞(心筋梗塞)、心房細動(心房細動)   投与中止    
副作用/有害事象
(発現日)
小腸出血   処置後出血   血尿   血胸   膀胱タンポナーデ  
併用薬    

報告年度・四半期 2021・第四 種類 自発報告 報告職種 医師 報告分類 企業報告 状況 調査完了
性別 年代 80歳代 身長 体重 40kg台 転帰 不明
原疾患等 心房細動  
被疑薬に関する
情報
一般名/販売名 一回
投与量
投与
開始日
投与
終了日
投与経路 適用理由 要指導/
リスク区分
被疑薬の
処置
再投与による再発の有無 評価
エドキサバントシル酸塩水和物/リクシアナ         不明 心房細動(Atrial fibrillation)   減量 脳出血(再投与なし)  
        不明
副作用/有害事象
(発現日)
脳出血  
併用薬    

報告年度・四半期 2021・第四 種類 自発報告 報告職種 医師 報告分類 企業報告 状況 調査完了
性別 年代 80歳代 身長 160cm台 体重 60kg台 転帰 回復(後)
原疾患等 心房細動   高血圧   糖尿病   心不全   良性前立腺肥大症   慢性膵炎   慢性腎臓病  
被疑薬に関する
情報
一般名/販売名 一回
投与量
投与
開始日
投与
終了日
投与経路 適用理由 要指導/
リスク区分
被疑薬の
処置
再投与による再発の有無 評価
エドキサバントシル酸塩水和物/リクシアナ 30 mg   20210530 経口 心房細動(Atrial fibrillation)   減量 脳出血(再投与なし)  
15 mg     経口
副作用/有害事象
(発現日)
脳出血(20210530)  
併用薬 トホグリフロジン水和物   シタグリプチンリン酸塩水和物   オルメサルタン メドキソミル   ミチグリニドカルシウム水和物   パンクレリパーゼ   ラベプラゾールナトリウム   デュタステリド   シロドシン  

報告年度・四半期 2021・第四 種類 自発報告 報告職種 医師 報告分類 企業報告 状況 調査完了
性別 年代 80歳代 身長 160cm台 体重 50kg台 転帰 死亡
原疾患等 高血圧   良性前立腺肥大症   心房細動   慢性腎臓病  
被疑薬に関する
情報
一般名/販売名 一回
投与量
投与
開始日
投与
終了日
投与経路 適用理由 要指導/
リスク区分
被疑薬の
処置
再投与による再発の有無 評価
エドキサバントシル酸塩水和物/リクシアナ 30 mg 20180118   経口 心房細動(Atrial fibrillation)   非該当 脳出血(再投与なし) C
副作用/有害事象
(発現日)
脳出血(20220125)  
併用薬 ベニジピン塩酸塩   ロサルタンカリウム  

報告年度・四半期 2021・第四 種類 自発報告 報告職種 医師 報告分類 企業報告 状況 調査完了
性別 年代 50歳代 身長 140cm台 体重 60kg台 転帰 回復
原疾患等 COVID−19  
被疑薬に関する
情報
一般名/販売名 一回
投与量
投与
開始日
投与
終了日
投与経路 適用理由 要指導/
リスク区分
被疑薬の
処置
再投与による再発の有無 評価
ヘパリンカルシウム/ヘパリンCa 10000 [iU]     不明 血栓症予防(血栓症予防)   非該当    
エドキサバントシル酸塩水和物 30 mg     経口 血栓症予防(血栓症予防)   投与中止    
副作用/有害事象
(発現日)
腹壁血腫  
併用薬 デキサメタゾンリン酸エステルナトリウム   トシリズマブ(遺伝子組換え)  

報告年度・四半期 2021・第四 種類 自発報告 報告職種 医師;消費者等 報告分類 企業報告 状況 調査完了
性別 年代 80歳代 身長 170cm台 体重 90kg台 転帰 死亡
原疾患等 心房細動   2型糖尿病   高血圧   脂質異常症   脳梗塞   大動脈瘤  
被疑薬に関する
情報
一般名/販売名 一回
投与量
投与
開始日
投与
終了日
投与経路 適用理由 要指導/
リスク区分
被疑薬の
処置
再投与による再発の有無 評価
アスピリン/バイアスピリン     20180828 20200508 経口 心筋梗塞(心筋梗塞)   投与中止   C
エドキサバントシル酸塩水和物/リクシアナOD       20200508 経口 心房細動(心房細動)   投与中止   C
    20200519 20200531  
副作用/有害事象
(発現日)
血胸(20200504)  
併用薬 酸化マグネシウム   シタグリプチンリン酸塩水和物   ロスバスタチンカルシウム   エソメプラゾールマグネシウム水和物  

報告年度・四半期 2021・第四 種類 自発報告 報告職種 医師 報告分類 企業報告 状況 調査完了
性別 年代 80歳代 身長 体重 転帰 死亡
原疾患等 心房細動  
被疑薬に関する
情報
一般名/販売名 一回
投与量
投与
開始日
投与
終了日
投与経路 適用理由 要指導/
リスク区分
被疑薬の
処置
再投与による再発の有無 評価
エドキサバントシル酸塩水和物/リクシアナ         不明 心房細動(atrial fibrillation)   不明 血管肉腫(再投与なし)、胸膜転移(再投与なし)、肺転移(再投与なし)、骨転移(再投与なし)、血胸(再投与なし) C
        不明
アスピリン         不明     不明   C
副作用/有害事象
(発現日)
血管肉腫   胸膜転移   肺転移   骨転移   血胸  
併用薬    

報告年度・四半期 2021・第四 種類 自発報告 報告職種 医師 報告分類 企業報告 状況 調査完了
性別 年代 70歳代 身長 体重 40kg台 転帰 死亡
原疾患等 胃癌   肝転移   胃腸出血   心房細動   慢性心不全   リンパ節転移   貧血  
被疑薬に関する
情報
一般名/販売名 一回
投与量
投与
開始日
投与
終了日
投与経路 適用理由 要指導/
リスク区分
被疑薬の
処置
再投与による再発の有無 評価
エドキサバントシル酸塩水和物/リクシアナ     20220111 20220129 不明 心房細動(Atrial fibrillation)   投与中止 貧血(再投与なし) C
副作用/有害事象
(発現日)
貧血  
併用薬 アピキサバン   ジゴキシン   フマル酸第一鉄   ボノプラザンフマル酸塩   レバミピド   アセトアミノフェン  

報告年度・四半期 2021・第四 種類 自発報告 報告職種 医師 報告分類 企業報告 状況 調査完了
性別 年代 50歳代 身長 140cm台 体重 60kg台 転帰 回復
原疾患等 ターナー症候群   高血圧   下痢   COVID−19   好酸球増加症  
被疑薬に関する
情報
一般名/販売名 一回
投与量
投与
開始日
投与
終了日
投与経路 適用理由 要指導/
リスク区分
被疑薬の
処置
再投与による再発の有無 評価
エドキサバントシル酸塩水和物/リクシアナOD 30 mg 20210908 20210917 経口 血栓症予防(Thrombosis prophylaxis)   投与中止 腹壁血腫(再投与なし)、筋膿瘍(再投与なし)  
副作用/有害事象
(発現日)
腹壁血腫(20210917)   筋膿瘍(20210917)  
併用薬 耐性乳酸菌製剤(3)   L−カルボシステイン   アセトアミノフェン   アンブロキソール塩酸塩   ランソプラゾール   ジメチルイソプロピルアズレン  

報告年度・四半期 2021・第四 種類 自発報告 報告職種 医師;薬剤師 報告分類 企業報告 状況 調査完了
性別 年代 80歳代 身長 140cm台 体重 40kg台 転帰 回復
原疾患等 心房細動   慢性心不全   2型糖尿病   認知症   膀胱炎   腎性貧血   下痢  
被疑薬に関する
情報
一般名/販売名 一回
投与量
投与
開始日
投与
終了日
投与経路 適用理由 要指導/
リスク区分
被疑薬の
処置
再投与による再発の有無 評価
エドキサバントシル酸塩水和物/リクシアナOD 15 mg   20220204 経口 心房細動(Atrial fibrillation)   投与中止 出血時間延長(再投与なし)  
副作用/有害事象
(発現日)
出血時間延長(20220104)  
併用薬 サクビトリルバルサルタンナトリウム水和物   ダパグリフロジンプロピレングリコール水和物   ドネペジル塩酸塩  

報告年度・四半期 2021・第四 種類 自発報告 報告職種 薬剤師 報告分類 企業報告 状況 調査完了
性別 年代 70歳代 身長 体重 転帰 不明
原疾患等    
被疑薬に関する
情報
一般名/販売名 一回
投与量
投与
開始日
投与
終了日
投与経路 適用理由 要指導/
リスク区分
被疑薬の
処置
再投与による再発の有無 評価
シロスタゾール 200 mg     経口 末梢動脈閉塞性疾患(閉塞性動脈硬化症)   投与中止 血尿(再投与なし)、心不全(再投与なし)、心房細動(再投与なし)  
エドキサバントシル酸塩水和物 30 mg     経口 血栓症予防(非弁膜症性心房細動による脳梗塞予防)   投与中止 血尿(無)、心不全(無)、心房細動(無)  
副作用/有害事象
(発現日)
血尿   心不全   心房細動  
併用薬 フロセミド   スピロノラクトン   エナラプリルマレイン酸塩   カルベジロール  

報告年度・四半期 2021・第四 種類 自発報告 報告職種 医師 報告分類 企業報告 状況 調査完了
性別 年代 70歳代 身長 体重 転帰 回復
原疾患等 心房細動   高血圧   心不全  
被疑薬に関する
情報
一般名/販売名 一回
投与量
投与
開始日
投与
終了日
投与経路 適用理由 要指導/
リスク区分
被疑薬の
処置
再投与による再発の有無 評価
エドキサバントシル酸塩水和物/リクシアナ         不明 心房細動(permanent AF)、心房細動(Atrial fibrillation)   投与中止 胃腸出血(再投与なし)  
副作用/有害事象
(発現日)
胃腸出血  
併用薬    

報告年度・四半期 2021・第四 種類 自発報告 報告職種 消費者等 報告分類 企業報告 状況 調査完了
性別 年代 高齢者 身長 体重 転帰 未回復
原疾患等 不整脈  
被疑薬に関する
情報
一般名/販売名 一回
投与量
投与
開始日
投与
終了日
投与経路 適用理由 要指導/
リスク区分
被疑薬の
処置
再投与による再発の有無 評価
エドキサバントシル酸塩水和物/リクシアナ     2012   経口 適応症不明の製品使用(Product used for unknown indication)   投与中止 腎不全(再投与なし)  
副作用/有害事象
(発現日)
腎不全  
併用薬 ロサルタンカリウム   アムロジピンベシル酸塩  

報告年度・四半期 2021・第四 種類 自発報告 報告職種 医師 報告分類 企業報告 状況 調査完了
性別 年代 80歳代 身長 160cm台 体重 60kg台 転帰 軽快
原疾患等 心房細動   慢性心不全   高血圧   高尿酸血症   関節リウマチ  
被疑薬に関する
情報
一般名/販売名 一回
投与量
投与
開始日
投与
終了日
投与経路 適用理由 要指導/
リスク区分
被疑薬の
処置
再投与による再発の有無 評価
エドキサバントシル酸塩水和物/リクシアナOD 30 mg   20220112 経口 心房細動(Atrial fibrillation)   投与中止 肺胞出血(無)  
15 mg     経口
副作用/有害事象
(発現日)
肺胞出血(20220112)  
併用薬 ヘパリンナトリウム   ブドウ糖   生理食塩液   プレドニゾロン   ファモチジン   セレコキシブ   アムロジピンベシル酸塩   カルベジロール   アゾセミド   スピロノラクトン   フェブキソスタット   アルファカルシドール   ミノドロン酸水和物   ポリスチレンスルホン酸カルシウム   スルファメトキサゾール・トリメトプリム  

報告年度・四半期 2021・第四 種類 自発報告 報告職種 医師 報告分類 企業報告 状況 調査完了
性別 年代 60歳代 身長 体重 50kg台 転帰 不明
原疾患等 心房細動   抗リン脂質抗体症候群  
被疑薬に関する
情報
一般名/販売名 一回
投与量
投与
開始日
投与
終了日
投与経路 適用理由 要指導/
リスク区分
被疑薬の
処置
再投与による再発の有無 評価
エドキサバントシル酸塩水和物/リクシアナ 30 mg     経口 心房細動(persistent atrial fibrillation)   投与中止 脳出血(再投与なし)  
副作用/有害事象
(発現日)
脳出血  
併用薬 血液凝固阻止剤   成分名不明   ベプリジル塩酸塩水和物  

報告年度・四半期 2021・第四 種類 試験 報告職種 医師 報告分類 企業報告 状況 調査完了
性別 年代 80歳代 身長 150cm台 体重 50kg台 転帰 回復
原疾患等 末梢性ニューロパチー   非小細胞肺癌   糖尿病   B型肝炎   C型肝炎  
被疑薬に関する
情報
一般名/販売名 一回
投与量
投与
開始日
投与
終了日
投与経路 適用理由 要指導/
リスク区分
被疑薬の
処置
再投与による再発の有無 評価
エドキサバントシル酸塩水和物/リクシアナOD         経口 適応症不明の製品使用(Product used for unknown indication)   投与量変更せず 胃潰瘍(再投与なし)  
No Drug (Mirogabalin JP PMS Study)         不明 適応症不明の製品使用(Product used for unknown indication)   非該当 胃潰瘍(再投与なし)  
プラバスタチンナトリウム/メバロチン         経口 適応症不明の製品使用(Product used for unknown indication)   投与量変更せず 胃潰瘍(再投与なし)  
パクリタキセル 158 mg/m2 20211012   不明 非小細胞肺癌(Non-small cell lung cancer)   不明    
副作用/有害事象
(発現日)
胃潰瘍(20211023)  
併用薬 デキサメタゾンリン酸エステルナトリウム   ファモチジン   クロルフェニラミンマレイン酸塩   ペグフィルグラスチム(遺伝子組換え)   アンピシリンナトリウム・スルバクタムナトリウム   エンテカビル水和物  

報告年度・四半期 2021・第四 種類 試験 報告職種 医師 報告分類 企業報告 状況 調査完了
性別 年代 80歳代 身長 体重 転帰 回復
原疾患等 肺塞栓症  
被疑薬に関する
情報
一般名/販売名 一回
投与量
投与
開始日
投与
終了日
投与経路 適用理由 要指導/
リスク区分
被疑薬の
処置
再投与による再発の有無 評価
エドキサバントシル酸塩水和物/リクシアナ 30 mg 20200222 20200322 不明 肺塞栓症(Pulmonary embolism)   投与中止 間質性肺疾患(再投与なし)  
副作用/有害事象
(発現日)
間質性肺疾患(202003)  
併用薬 エソメプラゾールマグネシウム水和物   エペリゾン塩酸塩   ザルトプロフェン   レバミピド  

報告年度・四半期 2021・第四 種類 試験 報告職種 医師 報告分類 企業報告 状況 調査完了
性別 年代 80歳代 身長 160cm台 体重 60kg台 転帰 回復
原疾患等 心房細動  
被疑薬に関する
情報
一般名/販売名 一回
投与量
投与
開始日
投与
終了日
投与経路 適用理由 要指導/
リスク区分
被疑薬の
処置
再投与による再発の有無 評価
エドキサバントシル酸塩水和物/リクシアナ       20160824 経口 心房細動(Atrial fibrillation)   投与中止 出血性腸憩室(不明)  
        経口
クロピドグレル硫酸塩/クロピドグレル       20160824 不明     不明    
    20160830   不明
副作用/有害事象
(発現日)
出血性腸憩室(20160824)  
併用薬    

報告年度・四半期 2021・第四 種類 試験 報告職種 医師 報告分類 企業報告 状況 調査完了
性別 年代 80歳代 身長 170cm台 体重 50kg台 転帰 回復
原疾患等 心房細動  
被疑薬に関する
情報
一般名/販売名 一回
投与量
投与
開始日
投与
終了日
投与経路 適用理由 要指導/
リスク区分
被疑薬の
処置
再投与による再発の有無 評価
エドキサバントシル酸塩水和物/リクシアナ       20190614 経口 心房細動(Atrial fibrillation)   投与中止 出血性腸憩室(不明)  
        経口
        経口
副作用/有害事象
(発現日)
出血性腸憩室(20190614)  
併用薬    

報告年度・四半期 2021・第四 種類 試験 報告職種 医師;医療関係者 報告分類 企業報告 状況 調査完了
性別 年代 高齢者 身長 160cm台 体重 70kg台 転帰 回復
原疾患等 心房細動   高血圧   糖尿病   脂質異常症   心筋梗塞   うっ血性心不全   末梢動脈閉塞性疾患  
被疑薬に関する
情報
一般名/販売名 一回
投与量
投与
開始日
投与
終了日
投与経路 適用理由 要指導/
リスク区分
被疑薬の
処置
再投与による再発の有無 評価
エドキサバントシル酸塩水和物/リクシアナOD 60 mg 20191211 20210126 経口 心房細動(Atrial fibrillation)   減量 鼻出血(再投与なし)  
30 mg 20210127   経口
アスピリン/バイアスピリン 100 mg 20201212 20210125 不明     不明    
クロピドグレル硫酸塩 75 mg     不明     不明    
副作用/有害事象
(発現日)
鼻出血(20210122)  
併用薬 ロスバスタチンカルシウム   センナ・センナ実   ニフェジピン   ボノプラザンフマル酸塩   センノシド   ルビプロストン   スピロノラクトン   インスリン グラルギン(遺伝子組換え)   カルベジロール   ニコランジル   ゾルピデム酒石酸塩   ピコスルファートナトリウム水和物   アミオダロン塩酸塩   ランソプラゾール   アロプリノール   フロセミド   酸化マグネシウム   ニトログリセリン   インスリン アスパルト(遺伝子組換え)   ビルダグリプチン   メトホルミン塩酸塩   エナラプリルマレイン酸塩  

報告年度・四半期 2021・第四 種類 自発報告 報告職種 医師 報告分類 企業報告 状況 調査完了
性別 年代 80歳代 身長 体重 転帰 不明
原疾患等 アルコール性心筋症   心房細動   認知症   高血圧   慢性腎臓病   アルコール中毒者   慢性心不全  
被疑薬に関する
情報
一般名/販売名 一回
投与量
投与
開始日
投与
終了日
投与経路 適用理由 要指導/
リスク区分
被疑薬の
処置
再投与による再発の有無 評価
サクビトリルバルサルタンナトリウム水和物/エンレスト 100 mg 不明 不明 経口 慢性心不全(CHF(HFrEF, stageC~D, NYHA3))、心不全(CHF(HFrEF, stageC~D, NYHA3))   非該当    
200 mg 不明 不明 経口
400 mg 不明 不明 経口
テルミサルタン     不明 不明 不明 適応症不明の製品使用(Product used for unknown indication)        
トラセミド/ルプラック     不明 不明 不明 適応症不明の製品使用(Product used for unknown indication)        
エドキサバントシル酸塩水和物/リクシアナ     不明 不明 不明 適応症不明の製品使用(Product used for unknown indication)        
アムロジピンベシル酸塩/ノルバスク     不明 不明 不明 適応症不明の製品使用(Product used for unknown indication)        
副作用/有害事象
(発現日)
胃腸出血(不明)  
併用薬 トルバプタン   カルベジロール   フェブキソスタット   フロセミド  

報告年度・四半期 2021・第四 種類 自発報告 報告職種 医師 報告分類 企業報告 状況 調査中
性別 年代 90歳代 身長 体重 転帰 回復
原疾患等 心房細動  
被疑薬に関する
情報
一般名/販売名 一回
投与量
投与
開始日
投与
終了日
投与経路 適用理由 要指導/
リスク区分
被疑薬の
処置
再投与による再発の有無 評価
エドキサバントシル酸塩水和物/リクシアナ         経口 心房細動(Atrial fibrillation)   投与量変更せず 動脈瘤破裂(再投与なし)  
副作用/有害事象
(発現日)
動脈瘤破裂  
併用薬    

報告年度・四半期 2021・第四 種類 自発報告 報告職種 薬剤師 報告分類 企業報告 状況 調査完了
性別 年代 70歳代 身長 体重 転帰 不明
原疾患等 末梢動脈閉塞性疾患   心房細動   胃潰瘍   本態性高血圧症   心不全  
被疑薬に関する
情報
一般名/販売名 一回
投与量
投与
開始日
投与
終了日
投与経路 適用理由 要指導/
リスク区分
被疑薬の
処置
再投与による再発の有無 評価
シロスタゾール 200 mg     経口 末梢動脈閉塞性疾患(閉塞性動脈硬化症)   投与中止    
エドキサバントシル酸塩水和物 30 mg     経口 血栓症予防(非弁膜症心房細動による脳梗塞予防)        
        経口
副作用/有害事象
(発現日)
心不全  
併用薬 フロセミド   スピロノラクトン   エナラプリルマレイン酸塩   カルベジロール  

報告年度・四半期 2021・第四 種類 自発報告 報告職種 医師 報告分類 企業報告 状況 調査完了
性別 年代 80歳代 身長 体重 40kg台 転帰 回復
原疾患等 塞栓性脳卒中   心房細動  
被疑薬に関する
情報
一般名/販売名 一回
投与量
投与
開始日
投与
終了日
投与経路 適用理由 要指導/
リスク区分
被疑薬の
処置
再投与による再発の有無 評価
エドキサバントシル酸塩水和物/リクシアナ 30 mg 20180609 20220118 経口 心房細動(Atrial fibrillation)   投与中止 塞栓性脳卒中(再投与なし)  
副作用/有害事象
(発現日)
塞栓性脳卒中(20220118)  
併用薬 ケトプロフェン  

報告年度・四半期 2021・第四 種類 自発報告 報告職種 医師 報告分類 企業報告 状況 調査完了
性別 年代 80歳代 身長 体重 転帰 不明
原疾患等    
被疑薬に関する
情報
一般名/販売名 一回
投与量
投与
開始日
投与
終了日
投与経路 適用理由 要指導/
リスク区分
被疑薬の
処置
再投与による再発の有無 評価
エドキサバントシル酸塩水和物/リクシアナ         経口 適応症不明の製品使用(Drug use for unknown indication)   投与中止 皮下出血(再投与なし)  
副作用/有害事象
(発現日)
皮下出血  
併用薬    

報告年度・四半期 2021・第四 種類 自発報告 報告職種 医師 報告分類 企業報告 状況 調査完了
性別 年代 80歳代 身長 体重 40kg台 転帰 不明
原疾患等 心不全   肥大型心筋症   心房細動  
被疑薬に関する
情報
一般名/販売名 一回
投与量
投与
開始日
投与
終了日
投与経路 適用理由 要指導/
リスク区分
被疑薬の
処置
再投与による再発の有無 評価
エドキサバントシル酸塩水和物/リクシアナ         不明 心房細動(Atrial fibrillation)   投与中止 貧血(再投与なし)、貧血(有)、脱水(不明)、貧血(再投与なし)  
        不明
        不明
副作用/有害事象
(発現日)
貧血   脱水  
併用薬    

報告年度・四半期 2021・第四 種類 自発報告 報告職種 薬剤師 報告分類 企業報告 状況 調査完了
性別 年代 80歳代 身長 体重 60kg台 転帰 回復(後)
原疾患等 心房細動  
被疑薬に関する
情報
一般名/販売名 一回
投与量
投与
開始日
投与
終了日
投与経路 適用理由 要指導/
リスク区分
被疑薬の
処置
再投与による再発の有無 評価
エドキサバントシル酸塩水和物/リクシアナOD 60 mg     経口 心房細動(Atrial fibrillation)   減量 脳出血(再投与なし)  
        経口
副作用/有害事象
(発現日)
脳出血(20211211)  
併用薬    

報告年度・四半期 2021・第四 種類 自発報告 報告職種 医師 報告分類 企業報告 状況 調査完了
性別 年代 90歳代 身長 160cm台 体重 50kg台 転帰 不明
原疾患等 心アミロイドーシス   心房細動   肥大型心筋症   心不全  
被疑薬に関する
情報
一般名/販売名 一回
投与量
投与
開始日
投与
終了日
投与経路 適用理由 要指導/
リスク区分
被疑薬の
処置
再投与による再発の有無 評価
エドキサバントシル酸塩水和物/リクシアナ         経口 心房細動(Atrial fibrillation)   投与中止 塞栓性脳卒中(再投与なし)  
副作用/有害事象
(発現日)
塞栓性脳卒中  
併用薬 イミダプリル塩酸塩   スピロノラクトン   ビソプロロールフマル酸塩   ピモベンダン   トルバプタン  

報告年度・四半期 2021・第四 種類 試験 報告職種 医師;医療関係者 報告分類 企業報告 状況 調査完了
性別 年代 60歳代 身長 160cm台 体重 60kg台 転帰 死亡
原疾患等 心房細動   胃癌   癌手術   心不全  
被疑薬に関する
情報
一般名/販売名 一回
投与量
投与
開始日
投与
終了日
投与経路 適用理由 要指導/
リスク区分
被疑薬の
処置
再投与による再発の有無 評価
エドキサバントシル酸塩水和物/リクシアナOD 60 mg 20190820 20210625 経口 心房細動(Atrial fibrillation)   非該当 死亡(再投与なし) C
副作用/有害事象
(発現日)
死亡(20210625)  
併用薬 デュタステリド   シロドシン   フェブキソスタット   メコバラミン  

報告年度・四半期 2021・第四 種類 自発報告 報告職種 医師 報告分類 企業報告 状況 調査完了
性別 年代 60歳代 身長 体重 転帰 不明
原疾患等 卵巣癌   脳梗塞  
被疑薬に関する
情報
一般名/販売名 一回
投与量
投与
開始日
投与
終了日
投与経路 適用理由 要指導/
リスク区分
被疑薬の
処置
再投与による再発の有無 評価
エドキサバントシル酸塩水和物/リクシアナ 30 mg     経口 脳梗塞(Cerebral infarction)   不明 血性腹水(再投与なし)  
ヘパリンナトリウム         静脈内点滴 脳梗塞(Cerebral infarction)   不明    
副作用/有害事象
(発現日)
血性腹水  
併用薬    

報告年度・四半期 2021・第四 種類 自発報告 報告職種 医師 報告分類 企業報告 状況 調査完了
性別 年代 70歳代 身長 体重 転帰 回復
原疾患等 心房細動  
被疑薬に関する
情報
一般名/販売名 一回
投与量
投与
開始日
投与
終了日
投与経路 適用理由 要指導/
リスク区分
被疑薬の
処置
再投与による再発の有無 評価
エドキサバントシル酸塩水和物/リクシアナ         経口 心房細動(Atrial fibrillation)   不明 出血性腸憩室(再投与なし)  
副作用/有害事象
(発現日)
出血性腸憩室  
併用薬    

報告年度・四半期 2021・第四 種類 試験 報告職種 医師 報告分類 企業報告 状況 調査完了
性別 年代 60歳代 身長 170cm台 体重 60kg台 転帰 軽快
原疾患等 狭心症   心房細動   経皮的冠インターベンション  
被疑薬に関する
情報
一般名/販売名 一回
投与量
投与
開始日
投与
終了日
投与経路 適用理由 要指導/
リスク区分
被疑薬の
処置
再投与による再発の有無 評価
プラスグレル塩酸塩/エフィエント 3.75 mg 20171207   経口 狭心症(Angina pectoris)   投与中止 脳出血(再投与なし)  
エドキサバントシル酸塩水和物/リクシアナ 30 mg 20171206   経口 心房細動(Atrial fibrillation)   投与中止 脳出血(再投与なし)  
アスピリン/バイアスピリン 100 mg 20171207   経口     不明    
副作用/有害事象
(発現日)
脳出血(20171209)  
併用薬    

報告年度・四半期 2021・第四 種類 自発報告 報告職種 薬剤師 報告分類 企業報告 状況 調査完了
性別 年代 90歳代 身長 160cm台 体重 60kg台 転帰 不明
原疾患等 心房細動   脊柱管狭窄症   高血圧   胃腸潰瘍  
被疑薬に関する
情報
一般名/販売名 一回
投与量
投与
開始日
投与
終了日
投与経路 適用理由 要指導/
リスク区分
被疑薬の
処置
再投与による再発の有無 評価
エドキサバントシル酸塩水和物/リクシアナOD 30 mg   20220101 経口 心房細動(Atrial fibrillation)   投与中止 胃腸出血(再投与なし)、メレナ(不明)  
30 mg 20220106   経口
副作用/有害事象
(発現日)
胃腸出血(20220106)   メレナ  
併用薬 イルベサルタン   アムロジピンベシル酸塩   ドキサゾシンメシル酸塩   アンブロキソール塩酸塩   ツロブテロール   エソメプラゾールマグネシウム水和物   フロセミド   酸化マグネシウム   酪酸菌製剤   カルバゾクロム   トラネキサム酸  

報告年度・四半期 2021・第四 種類 試験 報告職種 医師;医療関係者 報告分類 企業報告 状況 調査完了
性別 年代 80歳代 身長 160cm台 体重 50kg台 転帰 軽快
原疾患等 心房細動   高血圧   脂質異常症   大腸ポリープ   腸憩室  
被疑薬に関する
情報
一般名/販売名 一回
投与量
投与
開始日
投与
終了日
投与経路 適用理由 要指導/
リスク区分
被疑薬の
処置
再投与による再発の有無 評価
エドキサバントシル酸塩水和物/リクシアナ 30 mg 20180219 202112 経口 心房細動(Atrial fibrillation)   投与中止 メレナ(再投与なし)  
副作用/有害事象
(発現日)
メレナ(20211208)  
併用薬 ビソプロロールフマル酸塩   アジルサルタン   アムロジピンベシル酸塩   ランソプラゾール   乙字湯  

報告年度・四半期 2021・第四 種類 自発報告 報告職種 医師 報告分類 企業報告 状況 調査完了
性別 年代 70歳代 身長 体重 転帰 回復
原疾患等 出血性腸憩室   心房細動   血栓性脳梗塞  
被疑薬に関する
情報
一般名/販売名 一回
投与量
投与
開始日
投与
終了日
投与経路 適用理由 要指導/
リスク区分
被疑薬の
処置
再投与による再発の有無 評価
エドキサバントシル酸塩水和物/リクシアナOD 30 mg 20170102 20171102 経口 心房細動(Atrial fibrillation)   投与中止 出血性腸憩室(有)、出血性腸憩室(有)、出血性腸憩室(無)  
30 mg 20171116 20171117 経口
30 mg 20171124 20171129 経口
30 mg 20171206 20180115 経口
クロピドグレル硫酸塩/クロピドグレル 75 mg     経口 血栓性脳梗塞(Thrombotic cerebral infarction)   不明    
副作用/有害事象
(発現日)
出血性腸憩室(20171102)   出血性腸憩室(20171118)   出血性腸憩室(20171130)  
併用薬 テルミサルタン   アムロジピンベシル酸塩   シンバスタチン   フェブキソスタット   フルチカゾンプロピオン酸エステル  

報告年度・四半期 2021・第四 種類 自発報告 報告職種 医師;薬剤師 報告分類 企業報告 状況 調査完了
性別 年代 90歳代 身長 150cm台 体重 60kg台 転帰 不明
原疾患等 本態性高血圧症   心房細動   高脂血症   アルツハイマー型認知症   慢性胃炎   便秘  
被疑薬に関する
情報
一般名/販売名 一回
投与量
投与
開始日
投与
終了日
投与経路 適用理由 要指導/
リスク区分
被疑薬の
処置
再投与による再発の有無 評価
エドキサバントシル酸塩水和物/リクシアナOD     20190912 20211205 不明 心房細動(Atrial fibrillation)   不明 脳出血(再投与なし)  
15 mg 20211206   経口
イコサペント酸エチル 900 mg     経口 高脂血症(Hyperlipidaemia)   不明    
副作用/有害事象
(発現日)
脳出血(20211214)  
併用薬 抑肝散   カンデサルタン シレキセチル   カルベジロール   ファモチジン   センナ・センナ実  

報告年度・四半期 2021・第四 種類 自発報告 報告職種 医師;医療関係者 報告分類 企業報告 状況 調査完了
性別 年代 80歳代 身長 体重 転帰 未回復
原疾患等 心房細動   器質化肺炎   関節リウマチ  
被疑薬に関する
情報
一般名/販売名 一回
投与量
投与
開始日
投与
終了日
投与経路 適用理由 要指導/
リスク区分
被疑薬の
処置
再投与による再発の有無 評価
エドキサバントシル酸塩水和物/リクシアナ     202102   経口 心房細動(Atrial fibrillation)   不明 間質性肺疾患(再投与なし)、肺胞出血(再投与なし)  
副作用/有害事象
(発現日)
間質性肺疾患   肺胞出血  
併用薬    

報告年度・四半期 2021・第四 種類 試験 報告職種 医師;医療関係者 報告分類 企業報告 状況 調査完了
性別 年代 70歳代 身長 170cm台 体重 60kg台 転帰 軽快
原疾患等 心房細動   脂質異常症   慢性糸球体腎炎   腎摘除   大動脈拡張  
被疑薬に関する
情報
一般名/販売名 一回
投与量
投与
開始日
投与
終了日
投与経路 適用理由 要指導/
リスク区分
被疑薬の
処置
再投与による再発の有無 評価
エドキサバントシル酸塩水和物/リクシアナ 30 mg 20210219 20211227 経口 心房細動(Atrial fibrillation)   投与中止 外傷性頭蓋内出血(無)  
30 mg 20211229   経口
エドキサバントシル酸塩水和物/リクシアナOD 60 mg 20201204 20210218 経口 心房細動(Atrial fibrillation)   非該当 外傷性頭蓋内出血(再投与なし)  
副作用/有害事象
(発現日)
外傷性頭蓋内出血(20211227)  
併用薬 ビソプロロールフマル酸塩   ピタバスタチンカルシウム   フロセミド  

2  3  4  5  6  7  8  9  10  次へ