機械器具等 16 体温計

電子体温計

オムロン 電子体温計 MC-940

取扱説明書を必ず参照する

作成又は改訂年月日

**2010年1月8日(第3版)

 *2006年8月1日(第2版)

承認・届出等

販売名

オムロン 電子体温計 MC-940

添付文書管理コード

218AGBZX00018000_A_01

認証番号

218AGBZX00018000

認証年月

平成18年6月

一般的名称

14032010
電子体温計

警告

記載なし

禁忌・禁止

(電子体温計を適正にご使用いただくための注意事項です。)

・検温結果の自己診断、治療は危険ですので医師の指導に従っ
 てください。

・人の体温測定以外に使用しないでください。

形状・構造及び原理等

1.
主要部の形状と名称


標準付属品
 収納ケース 1 個
 お試し用電池(アルカリマンガンボタン電池LR41) 1 個
 取扱説明書(品質保証書付き) 1部 

2.
本体寸法及び質量
外形寸法 :18.4(幅)×130.0(長さ) ×11.3(厚さ) mm

質  量 :約 11g(電池含む)

3.
電気的定格
電  源 :アルカリマンガンボタン電池 LR41(DC 1.5V)

電撃保護 :内部電源機器 B 形装着部

4.
作動・動作原理

(1)
本機はサーミスタの抵抗値が温度により変化するという特性
を応用した電子体温計です。

(2)
まず基準抵抗で構成された発振回路により充放電発振をおこ
ない、あらかじめ設定された充放電回数までの時間を求め
ます。

(3)
次にサーミスタで構成された発振回路により充放電発振をお
こない、(2)で求めた時間における充放電回数をカウント
します。

(4)
このカウント数を、あらかじめ設定された計算式により温度
に変換し表示します。


EMC適合 本製品は EMC 規格 IEC 60601-1-2:2001 に適合
      しています。

使用目的、効能又は効果

本製品は、サーミスタ式の電子体温計です。体温計の感温部を
わき(又は舌下)に接触させて、人の体温を測定し、最高温度
を保持しデジタル表示します。わき・口中用。

消費電力 :0.1mW

感 温 部 :サーミスタ

測定方式 :実測(ピークホールド方式)

体温表示 :デジタル表示 3 桁+℃表示、0.1℃毎

測定範囲 :32.0〜42.0℃

ブザー :電子ブザー(約3秒間)


使用環境周囲温度 :+10〜+40℃ 相対湿度:30〜85%RH

保管環境周囲温度 :−20〜+60℃ 相対湿度:30〜95%RH

品目仕様等

1.
最高温度保持機能:実測した最高温度値を保持し一定時間表示する



2.
デジタル表示 :実測した体温をデジタル表示する

3.
最大許容誤差 :±0.1℃
        ※標準室温 23℃にて、恒温水槽で実測測
         定した場合

4.
電源電圧 :JIS T 1140:2005 に適合

5.
応答特性・応答時間 :JIS T 1140:2005 に適合

6.
防  浸 :JIS T 1140:2005 に適合

7.
測温範囲 :32.0〜42.0℃

8.
最小表示単位 :0.1℃

9.
測定範囲外告知 :32℃未満のとき「L」を表示、42℃を超える
         とき「H」を表示

操作方法又は使用方法等

1.
電源スイッチを押して電源を入れます。

2.
「℃」が点滅したら感温部をわき(又は舌下)に挿入し密着
させます。10分間測定してください。(舌下の場合は 5分間)

3.
**温度上昇がほとんどなくなるとブザー音が鳴り、「℃」の点
  滅がとまります。

4.
**お知らせブザーを目安として見る場合は、わき(又は舌下)
  から取り出します。より正確に測るには継続して測定して
  ください。

5.
電源スイッチを押して電源を切ります。

・詳細については取扱説明書をよくお読みください。

使用上の注意

1.
検温中、感温部を検温する部位に密着させるように固定し、
空隙はつくらないようにしてください。また大幅に動かさ
ないでください。

2.
電池の電圧が低下すると電池マークが表示されますので電
池を取り替えてください。

3.
運動や入浴後、30 分以上あけてから検温してください。

4.
飲食後、30 分以上あけてから検温してください。

5.
起床直後の行動開始時期は、比較的激しく体温が上昇しま
すので、30 分以上あけてから検温してください。

6.
わきの下が汗ばんでいるときはわきの下を乾いた布で数回
拭いてから検温してください。

7.
感温部およびプローブは防浸ですが、表示部は防浸ではあ
りません。本体を水につけないでください。

8.
感温部を強く引っ張ったり、曲げたりしないでください。

9.
本体を噛まないでください。

10.
乳幼児の手の届かないところに保管してください。また、
お子様だけでのご使用はさけてください。

11.
周囲温度は 10〜40℃の範囲で使用してください。

貯蔵・保管方法及び使用期間等

1.
貯蔵方法
次のようなところに保管しないでください。

(1)
水のかかるところ。

(2)
高温・多湿、直射日光、ホコリ、暖房器具のそば、塩分な
どを含んだ空気の影響を受けるところ。

(3)
傾斜、振動、重圧、衝撃(運搬時を含む)のあるところ。

(4)
化学薬品の保管場所や腐食性ガスの発生するところ。


2.
耐用期間

製造日から正規の保守点検を行った場合、5年間とする。
[当社データによる。]

保守・点検に係る事項

1.
故障した場合は勝手に修理、分解せず、お客様サービスセ
ンターにご連絡ください。

2.
勝手に改造しないでください。

3.
本製品に水や化学薬品をかけないでください。

4.
本体の汚れは、乾いたやわらかい布で拭き取ってください。

5.
汚れがひどいときは、水または中性洗剤をしみ込ませた布
をかたく絞って拭き取った後、やわらかい布でから拭きし
てください。

包装

1 台/箱

製造販売業者及び製造業者の氏名又は名称及び住所等

氏名又は名称

オムロンヘルスケア株式会社

第一種医療機器製造販売業

住所等

〒615-0084
京都府京都市右京区山ノ内山ノ下町 24 番地

電話番号

電話:0120-30-6606


製 造 元:欧姆龍(大連)有限公司
      OMRON (DALIAN)CO.,LTD.中華人民共和国