クラシエ桂枝茯苓丸料エキス細粒


作成又は改訂年月

*2010年7月改訂 (第2版)

2007年7月作成

日本標準商品分類番号

875200

薬効分類名

漢方製剤

承認等

販売名
クラシエ桂枝茯苓丸料エキス細粒

販売名コード

5200038C1080

承認・許可番号

承認番号
(61AM)3503

薬価基準収載年月

2007年7月

販売開始年月

2007年7月
※ 1986年10月
※ 旧販売名による

貯法・使用期限等

貯法:

直射日光をさけ、吸湿注意。
開封後は密栓保存。

使用期間:

3年 (使用期限は外箱・ラベルに表示)

組成

本薬1日量 (6.0g) 中

日局ケイヒ    4.0g
日局ブクリョウ  4.0g
日局ボタンピ   4.0g
日局トウニン   4.0g
日局シャクヤク  4.0g
上記の混合生薬より抽出した日局桂枝茯苓丸エキス2,300mgを含有する。

添加物として日局ステアリン酸マグネシウム、日局結晶セルロース、日局乳糖水和物、含水二酸化ケイ素を含有する。

性状

剤形 (色・形状)

淡かっ色〜かっ色の細粒で、特異なにおいがあり、味はわずかに苦く甘い。

内容量 (1包中) 識別記号

3.0g KB-25
2.0g EK-25

一般的名称

桂枝茯苓丸

効能又は効果

比較的体力があり、ときに下腹部痛、肩こり、頭重、めまい、のぼせて足冷えなどを訴える次の諸症:
月経不順、月経異常、月経痛、更年期障害、血の道症、肩こり、めまい、頭重、打ち身(打撲症)、しもやけ、しみ

用法及び用量

通常、成人1日6.0gを2〜3回に分割し、食前又は食間に経口投与する。
なお、年齢、体重、症状により適宜増減する。

使用上の注意

慎重投与

(次の患者には慎重に投与すること)

著しく体力の衰えている患者[副作用があらわれやすくなり、その症状が増強されるおそれがある。]

重要な基本的注意

1.
本剤の使用にあたっては、患者の証(体質・症状)を考慮して投与すること。なお、経過を十分に観察し、症状・所見の改善が認められない場合には、継続投与を避けること。

2.
他の漢方製剤等を併用する場合は、含有生薬の重複に注意すること。

副作用

副作用等発現状況の概要

本剤は使用成績調査等の副作用発現頻度が明確となる調査を実施していないため、発現頻度は不明である。

重大な副作用

肝機能障害、黄疸
AST (GOT)、ALT (GPT)、Al-P、γ-GTPの上昇等を伴う肝機能障害、黄疸があらわれることがあるので、観察を十分に行い、異常が認められた場合には投与を中止し、適切な処置を行うこと。

その他の副作用

過敏症注1)
(頻度不明) 
発疹、発赤、そう痒等

消化器
(頻度不明) 
食欲不振、胃部不快感、悪心、下痢等

注1) このような症状があらわれた場合には投与を中止すること。

高齢者への投与

一般に高齢者では生理機能が低下しているので減量するなど注意すること。

妊婦、産婦、授乳婦等への投与

妊婦又は妊娠している可能性のある婦人には投与しないことが望ましい。[本剤に含まれるトウニン、ボタンピにより流早産の危険性がある。]

小児等への投与

小児等に対する安全性は確立していない。[使用経験が少ない]

薬効薬理

ラット更年期障害モデルの hot flush 改善作用1)
本エキス粉末 (経口投与) は、卵巣摘出ラットにLHRHアゴニストを脳室内投与し誘発した更年期障害様hot flushモデルの直腸温低下を抑制した。

包装

1.
クラシエ桂枝茯苓丸料エキス細粒 KB-25
  3.0g×28包
  3.0g×168包

2.
クラシエ桂枝茯苓丸料エキス細粒 EK-25
  2.0g×42包
  2.0g×294包
  500g

主要文献及び文献請求先

主要文献

1)
島村美智枝ほか: 和漢医薬学雑誌, 14, 219 (1997)

文献請求先

文献請求先

クラシエ薬品株式会社 医薬学術部

〒108-8080 東京都港区海岸3-20-20

*TEL 03(5446)3352

*FAX 03(5446)3371

*製品情報お問合せ先

クラシエ薬品株式会社 お客様相談センター

〒108-8080 東京都港区海岸3-20-20

TEL 03(5446)3334

FAX 03(5446)3374

〈受付時間〉10:00〜17:00 (土、日、祝日、弊社休業日を除く)

製造販売業者等の氏名又は名称及び住所

発売元
クラシエ薬品株式会社

東京都港区海岸3-20-20 (郵便番号 108-8080)

製造販売元
クラシエ製薬株式会社

東京都港区海岸3-20-20 (郵便番号 108-8080)