セネガシロップ シオエ


作成又は改訂年月

2021年1月改訂(第3版)

2014年12月改訂

日本標準商品分類番号

872231

日本標準商品分類番号等

再評価結果公表年月(最新)
1981年8月

薬効分類名

去痰剤

承認等

販売名
セネガシロップ シオエ

販売名コード

2231001Q1044

承認・許可番号

承認番号
16100AMZ00930
欧文商標名
Senega Syrup SIOE

薬価基準収載年月

1950年9月

販売開始年月

2004年3月

貯法・使用期限等

貯法:

室温保存

使用期限:

3年 (表示の使用期限を参照すること。)

注意:

本剤は原料に天然物が含まれておりますので、その産地や採取時期により、製品の色調やにおいが一定しないことがあります。

基準名

日本薬局方

セネガシロップ

組成

100mL中 セネガ 4g

及び添加物として白糖、エタノール、パラオキシ安息香酸ブチル、パラオキシ安息香酸イソブチル、パラオキシ安息香酸イソプロピル含有。

性状

黄褐色の濃稠な液で、サリチル酸メチル様の特異なにおいがあり、味は甘い。

禁忌

(次の患者には投与しないこと)

ジスルフィラム、シアナミド、カルモフール、プロカルバジン塩酸塩を投与中の患者 (「相互作用」の項参照)

効能又は効果

下記疾患に伴う喀痰喀出困難
急性気管支炎、感冒・上気道炎

用法及び用量

通常、成人1日10〜35mLを3回に分割経口投与する。
なお、年齢、症状により適宜増減する。

使用上の注意

相互作用

併用禁忌

(併用しないこと)

薬剤名等 
ジスルフィラム (ノックビン)、シアナミド (シアナマイド)、カルモフール (ミフロール)、プロカルバジン塩酸塩

臨床症状・措置方法
これらの薬剤とのアルコール反応 (顔面潮紅、血圧降下、悪心、頻脈、めまい、呼吸困難、視力低下等) を起こすおそれがある。

機序・危険因子
本剤はエタノールを含有しているため。

併用注意

(併用に注意すること)

薬剤名等 
N−メチルテトラゾールチオメチル基を有するセフェム系抗生物質 (セフメノキシム塩酸塩、セフォペラゾンナトリウム、セフブペラゾンナトリウム、セフミノクスナトリウム水和物、セフメタゾールナトリウム、ラタモキセフナトリウム)、メトロニダゾール

臨床症状・措置方法
これらの薬剤とのアルコール反応 (顔面潮紅、悪心、頻脈、多汗、頭痛等) を起こすおそれがある。

機序・危険因子
本剤はエタノールを含有しているため。

副作用

本剤は使用成績調査等の副作用発現頻度が明確となる調査を実施していない。

大量投与
(頻度不明) 
嘔気、嘔吐、下痢、食欲不振

薬効薬理

咽頭などの粘膜刺激により気道液分泌を増加し、分泌された粘液の排出機能をも亢進し、去痰作用をあらわすと推定される。

包装

500mL

製造販売業者等の氏名又は名称及び住所

発売元
丸石製薬株式会社

大阪市鶴見区今津中2-4-2

製造販売元
シオエ製薬株式会社

兵庫県尼崎市潮江3丁目1番11号