症例一覧

    副作用/有害事象が疑われるとして報告された症例について、報告年度・四半期、種類、報告職種、報告分類、状況、性別、年代、身長、体重、転帰、原疾患等、被疑薬名(一般名及び販売名)、一回投与量、投与開始日、投与終了日、投与経路、適用理由、要指導/リスク区分、被疑薬の処置、再投与による再発の有無、評価、副作用/有害事象、発現日、併用被疑薬名(一般名)、併用薬名(一般名)に関する情報を提供します。なお、転帰が死亡の症例については、被疑薬と死亡との因果関係の評価を参考として掲載しています。評価中の症例は評価欄が空欄になっていますが、評価が済み次第、順次掲載します。転帰が死亡の症例以外の症例は評価を掲載しておりません。
評価(被疑薬と死亡との因果関係評価)の記号について
 A:被疑薬と死亡との因果関係が否定できないもの
 B:被疑薬と死亡との因果関係が認められないもの
 C:情報不足等により被疑薬と死亡との因果関係が評価できないもの



“  内用薬”で検索

検索結果が100件を超えています。表示件数を指定してください
表示件数  

報告年度・四半期 2013・第三 種類 自発報告 報告職種 医師 報告分類 企業報告 状況 調査完了
性別 年代 40歳代 身長 体重 転帰 不明
原疾患等    
被疑薬に関する
情報
一般名/販売名 一回
投与量
投与
開始日
投与
終了日
投与経路 適用理由 要指導/
リスク区分
被疑薬の
処置
再投与による再発の有無 評価
フィナステリド/プロペシア 0.2 mg 20120927 201301 経口     投与中止    
副作用/有害事象
(発現日)
過換気(20130519)   自殺念慮(20130701)   男性生殖器萎縮(20130816)   うつ病(20130201)   陰茎痛(2012)   勃起不全(20130816)   胆石症(20130816)   脂肪肝(20130816)   食欲減退(20130201)   血圧上昇(20130201)   尿失禁   肛門失禁   肝機能異常(20130816)   体重減少(20130201)  
併用被疑薬 フィナステリド  
併用薬 酸化マグネシウム   ピコスルファートナトリウム水和物   センノシド  

報告年度・四半期 2013・第三 種類 自発報告 報告職種 消費者等 報告分類 企業報告 状況 調査完了
性別 年代 不明 身長 体重 転帰 不明
原疾患等 良性前立腺肥大症  
被疑薬に関する
情報
一般名/販売名 一回
投与量
投与
開始日
投与
終了日
投与経路 適用理由 要指導/
リスク区分
被疑薬の
処置
再投与による再発の有無 評価
フィナステリド/プロペシア         経口     不明    
副作用/有害事象
(発現日)
前立腺癌(2012)  
併用被疑薬    
併用薬    

報告年度・四半期 2013・第三 種類 自発報告 報告職種 医師 報告分類 企業報告 状況 調査完了
性別 年代 20歳代 身長 体重 転帰 不明
原疾患等 アンドロゲン性脱毛症  
被疑薬に関する
情報
一般名/販売名 一回
投与量
投与
開始日
投与
終了日
投与経路 適用理由 要指導/
リスク区分
被疑薬の
処置
再投与による再発の有無 評価
フィナステリド/プロペシア 1 DF 200901 201302 経口 アンドロゲン性脱毛症   非該当    
副作用/有害事象
(発現日)
勃起不全(201303)   血中テストステロン減少(201303)   筋力低下  
併用被疑薬    
併用薬    

報告年度・四半期 2013・第一 種類 自発報告 報告職種 医師 報告分類 企業報告 状況 調査完了
性別 年代 60歳代 身長 体重 転帰 未回復
原疾患等    
被疑薬に関する
情報
一般名/販売名 一回
投与量
投与
開始日
投与
終了日
投与経路 適用理由 要指導/
リスク区分
被疑薬の
処置
再投与による再発の有無 評価
フィナステリド/プロペシア 1 mg 200608   経口 アンドロゲン性脱毛症   投与量変更せず 前立腺癌(不明)  
副作用/有害事象
(発現日)
前立腺癌(201306)  
併用被疑薬    
併用薬    

報告年度・四半期 2013・第一 種類 自発報告 報告職種 医師 報告分類 企業報告 状況 調査完了
性別 年代 40歳代 身長 体重 転帰 不明
原疾患等    
被疑薬に関する
情報
一般名/販売名 一回
投与量
投与
開始日
投与
終了日
投与経路 適用理由 要指導/
リスク区分
被疑薬の
処置
再投与による再発の有無 評価
フィナステリド/プロペシア     2011   経口     不明    
副作用/有害事象
(発現日)
湿疹   横紋筋融解症  
併用被疑薬 ミノキシジル  
併用薬    

報告年度・四半期 2013・第一 種類 自発報告 報告職種 医師 報告分類 企業報告 状況 調査完了
性別 年代 40歳代 身長 体重 転帰 死亡
原疾患等    
被疑薬に関する
情報
一般名/販売名 一回
投与量
投与
開始日
投与
終了日
投与経路 適用理由 要指導/
リスク区分
被疑薬の
処置
再投与による再発の有無 評価
フィナステリド/プロペシア         経口 アンドロゲン性脱毛症   非該当   C
副作用/有害事象
(発現日)
心肺停止(20130315)   心室細動(20130315)  
併用被疑薬    
併用薬 ロキソプロフェンナトリウム水和物   ジメモルファンリン酸塩   アンブロキソール塩酸塩   レバミピド  

報告年度・四半期 2012・第四 種類 自発報告 報告職種 医師 報告分類 企業報告 状況 調査完了
性別 年代 40歳代 身長 体重 転帰 不明
原疾患等    
被疑薬に関する
情報
一般名/販売名 一回
投与量
投与
開始日
投与
終了日
投与経路 適用理由 要指導/
リスク区分
被疑薬の
処置
再投与による再発の有無 評価
フィナステリド/プロペシア         経口     不明    
副作用/有害事象
(発現日)
突発性難聴  
併用被疑薬    
併用薬    

報告年度・四半期 2012・第四 種類 自発報告 報告職種 消費者等 報告分類 企業報告 状況 調査完了
性別 年代 不明 身長 体重 転帰 不明
原疾患等    
被疑薬に関する
情報
一般名/販売名 一回
投与量
投与
開始日
投与
終了日
投与経路 適用理由 要指導/
リスク区分
被疑薬の
処置
再投与による再発の有無 評価
フィナステリド/プロペシア         経口     不明    
副作用/有害事象
(発現日)
急性肝炎  
併用被疑薬    
併用薬 抗生物質製剤   UNKNOWNDRUG  

報告年度・四半期 2012・第二 種類 自発報告 報告職種 消費者等 報告分類 企業報告 状況 調査完了
性別 年代 不明 身長 体重 転帰 不明
原疾患等    
被疑薬に関する
情報
一般名/販売名 一回
投与量
投与
開始日
投与
終了日
投与経路 適用理由 要指導/
リスク区分
被疑薬の
処置
再投与による再発の有無 評価
フィナステリド/プロペシア         経口     不明    
副作用/有害事象
(発現日)
腎癌  
併用被疑薬    
併用薬    

報告年度・四半期 2012・第二 種類 自発報告 報告職種 医師 報告分類 企業報告 状況 調査完了
性別 年代 30歳代 身長 160cm台 体重 60kg台 転帰 回復
原疾患等 アンドロゲン性脱毛症  
被疑薬に関する
情報
一般名/販売名 一回
投与量
投与
開始日
投与
終了日
投与経路 適用理由 要指導/
リスク区分
被疑薬の
処置
再投与による再発の有無 評価
フィナステリド/プロペシア 1 mg 20120404 20120817 経口 アンドロゲン性脱毛症   投与中止    
副作用/有害事象
(発現日)
肝機能異常(20120810)  
併用被疑薬    
併用薬    

報告年度・四半期 2012・第二 種類 自発報告 報告職種 医師 報告分類 企業報告 状況 調査完了
性別 年代 40歳代 身長 体重 転帰 不明
原疾患等 アンドロゲン性脱毛症   副甲状腺機能亢進症   アルコール摂取  
被疑薬に関する
情報
一般名/販売名 一回
投与量
投与
開始日
投与
終了日
投与経路 適用理由 要指導/
リスク区分
被疑薬の
処置
再投与による再発の有無 評価
フィナステリド/プロペシア 1 mg   20120721 経口 脱毛症   投与中止    
副作用/有害事象
(発現日)
肝機能異常(20120721)   皮膚炎(20120625)   体重減少(20120723)  
併用被疑薬    
併用薬    

報告年度・四半期 2012・第三 種類 自発報告 報告職種 薬剤師 報告分類 企業報告 状況 調査完了
性別 年代 不明 身長 体重 転帰 不明
原疾患等    
被疑薬に関する
情報
一般名/販売名 一回
投与量
投与
開始日
投与
終了日
投与経路 適用理由 要指導/
リスク区分
被疑薬の
処置
再投与による再発の有無 評価
フィナステリド/プロペシア         経口     不明    
副作用/有害事象
(発現日)
胃癌  
併用被疑薬    
併用薬    

報告年度・四半期 2012・第三 種類 自発報告 報告職種 薬剤師 報告分類 企業報告 状況 調査完了
性別 年代 不明 身長 体重 転帰 不明
原疾患等    
被疑薬に関する
情報
一般名/販売名 一回
投与量
投与
開始日
投与
終了日
投与経路 適用理由 要指導/
リスク区分
被疑薬の
処置
再投与による再発の有無 評価
フィナステリド/プロペシア         経口     不明    
副作用/有害事象
(発現日)
前立腺特異性抗原増加(201205)  
併用被疑薬    
併用薬    

報告年度・四半期 2012・第三 種類 自発報告 報告職種 消費者等 報告分類 企業報告 状況 調査完了
性別 年代 不明 身長 体重 転帰 回復
原疾患等    
被疑薬に関する
情報
一般名/販売名 一回
投与量
投与
開始日
投与
終了日
投与経路 適用理由 要指導/
リスク区分
被疑薬の
処置
再投与による再発の有無 評価
フィナステリド/プロペシア         経口     不明    
副作用/有害事象
(発現日)
不整脈  
併用被疑薬    
併用薬 ミノキシジル  

報告年度・四半期 2012・第三 種類 自発報告 報告職種 医師 報告分類 企業報告 状況 調査完了
性別 年代 40歳代 身長 180cm台 体重 70kg台 転帰 回復
原疾患等 タバコ使用者   アルコール摂取  
被疑薬に関する
情報
一般名/販売名 一回
投与量
投与
開始日
投与
終了日
投与経路 適用理由 要指導/
リスク区分
被疑薬の
処置
再投与による再発の有無 評価
フィナステリド/プロペシア 1 mg 201009 20120902 経口 アンドロゲン性脱毛症   投与中止    
副作用/有害事象
(発現日)
脳梗塞(20120902)  
併用被疑薬 ミノキシジル  
併用薬    

報告年度・四半期 2012・第一 種類 自発報告 報告職種 医師 報告分類 企業報告 状況 調査完了
性別 年代 40歳代 身長 体重 転帰 回復
原疾患等    
被疑薬に関する
情報
一般名/販売名 一回
投与量
投与
開始日
投与
終了日
投与経路 適用理由 要指導/
リスク区分
被疑薬の
処置
再投与による再発の有無 評価
フィナステリド/プロペシア         経口     投与中止    
副作用/有害事象
(発現日)
肝機能検査異常   末梢性浮腫   顔面浮腫  
併用被疑薬 セルトラリン塩酸塩  
併用薬 エゼチミブ   フェノフィブラート  

報告年度・四半期 2012・第一 種類 自発報告 報告職種 医師 報告分類 企業報告 状況 調査完了
性別 年代 50歳代 身長 体重 転帰 不明
原疾患等    
被疑薬に関する
情報
一般名/販売名 一回
投与量
投与
開始日
投与
終了日
投与経路 適用理由 要指導/
リスク区分
被疑薬の
処置
再投与による再発の有無 評価
フィナステリド/プロペシア         経口     不明    
副作用/有害事象
(発現日)
尿検査異常   腎炎  
併用被疑薬    
併用薬    

報告年度・四半期 2012・第一 種類 自発報告 報告職種 消費者等 報告分類 企業報告 状況 調査完了
性別 年代 60歳代 身長 体重 転帰 不明
原疾患等    
被疑薬に関する
情報
一般名/販売名 一回
投与量
投与
開始日
投与
終了日
投与経路 適用理由 要指導/
リスク区分
被疑薬の
処置
再投与による再発の有無 評価
フィナステリド/プロペシア         経口     不明    
副作用/有害事象
(発現日)
前立腺癌   薬効欠如  
併用被疑薬    
併用薬    

報告年度・四半期 2012・第一 種類 自発報告 報告職種 医師 報告分類 企業報告 状況 調査完了
性別 年代 50歳代 身長 体重 転帰 回復
原疾患等 心房細動  
被疑薬に関する
情報
一般名/販売名 一回
投与量
投与
開始日
投与
終了日
投与経路 適用理由 要指導/
リスク区分
被疑薬の
処置
再投与による再発の有無 評価
フィナステリド/プロペシア 1 mg 20111115 20120208 経口 脱毛症   投与中止 回転性めまい(有)、回転性めまい(有)  
副作用/有害事象
(発現日)
回転性めまい(20120207)   回転性めまい(20120322)  
併用被疑薬 フィナステリド  
併用薬 ジゴキシン   ワルファリンカリウム  

報告年度・四半期 2012・第一 種類 自発報告 報告職種 薬剤師 報告分類 企業報告 状況 調査完了
性別 年代 不明 身長 体重 転帰 不明
原疾患等    
被疑薬に関する
情報
一般名/販売名 一回
投与量
投与
開始日
投与
終了日
投与経路 適用理由 要指導/
リスク区分
被疑薬の
処置
再投与による再発の有無 評価
フィナステリド/プロペシア         経口     不明    
副作用/有害事象
(発現日)
横紋筋融解症  
併用被疑薬    
併用薬    

報告年度・四半期 2012・第一 種類 自発報告 報告職種 医師 報告分類 企業報告 状況 調査完了
性別 年代 不明 身長 体重 転帰 不明
原疾患等    
被疑薬に関する
情報
一般名/販売名 一回
投与量
投与
開始日
投与
終了日
投与経路 適用理由 要指導/
リスク区分
被疑薬の
処置
再投与による再発の有無 評価
フィナステリド/プロペシア         経口     不明    
副作用/有害事象
(発現日)
脱毛症  
併用被疑薬    
併用薬    

報告年度・四半期 2012・第一 種類 自発報告 報告職種 医師 報告分類 企業報告 状況 調査完了
性別 年代 不明 身長 体重 転帰 不明
原疾患等    
被疑薬に関する
情報
一般名/販売名 一回
投与量
投与
開始日
投与
終了日
投与経路 適用理由 要指導/
リスク区分
被疑薬の
処置
再投与による再発の有無 評価
フィナステリド/プロペシア         経口     不明    
副作用/有害事象
(発現日)
頭痛  
併用被疑薬    
併用薬    

報告年度・四半期 2012・第一 種類 自発報告 報告職種 消費者等 報告分類 企業報告 状況 調査完了
性別 年代 不明 身長 体重 転帰 不明
原疾患等    
被疑薬に関する
情報
一般名/販売名 一回
投与量
投与
開始日
投与
終了日
投与経路 適用理由 要指導/
リスク区分
被疑薬の
処置
再投与による再発の有無 評価
フィナステリド/プロペシア         経口     不明    
副作用/有害事象
(発現日)
前立腺癌  
併用被疑薬    
併用薬    

報告年度・四半期 2011・第四 種類 自発報告 報告職種 医師 報告分類 企業報告 状況 調査完了
性別 年代 30歳代 身長 体重 転帰 未回復
原疾患等    
被疑薬に関する
情報
一般名/販売名 一回
投与量
投与
開始日
投与
終了日
投与経路 適用理由 要指導/
リスク区分
被疑薬の
処置
再投与による再発の有無 評価
フィナステリド/プロペシア 1 mg 20110520 20111020 経口 アンドロゲン性脱毛症   投与中止    
副作用/有害事象
(発現日)
精液量減少(20110922)   リビドー減退(20111020)   勃起不全(20111020)  
併用被疑薬    
併用薬    

報告年度・四半期 2011・第四 種類 自発報告 報告職種 医師 報告分類 企業報告 状況 調査完了
性別 年代 50歳代 身長 180cm台 体重 80kg台 転帰 未回復
原疾患等 アンドロゲン性脱毛症  
被疑薬に関する
情報
一般名/販売名 一回
投与量
投与
開始日
投与
終了日
投与経路 適用理由 要指導/
リスク区分
被疑薬の
処置
再投与による再発の有無 評価
フィナステリド/プロペシア 1 mg 2006 20110117 経口 アンドロゲン性脱毛症   投与中止    
副作用/有害事象
(発現日)
白内障(2010)  
併用被疑薬    
併用薬    

報告年度・四半期 2011・第四 種類 自発報告 報告職種 消費者等 報告分類 企業報告 状況 調査完了
性別 年代 不明 身長 体重 転帰 不明
原疾患等    
被疑薬に関する
情報
一般名/販売名 一回
投与量
投与
開始日
投与
終了日
投与経路 適用理由 要指導/
リスク区分
被疑薬の
処置
再投与による再発の有無 評価
フィナステリド/プロペシア         経口     不明    
副作用/有害事象
(発現日)
骨壊死  
併用被疑薬    
併用薬    

報告年度・四半期 2011・第四 種類 自発報告 報告職種 医師 報告分類 企業報告 状況 調査完了
性別 年代 不明 身長 体重 転帰 不明
原疾患等    
被疑薬に関する
情報
一般名/販売名 一回
投与量
投与
開始日
投与
終了日
投与経路 適用理由 要指導/
リスク区分
被疑薬の
処置
再投与による再発の有無 評価
フィナステリド/プロペシア 1 mg 201009   その他 アンドロゲン性脱毛症   投与量変更せず    
副作用/有害事象
(発現日)
胎児死亡(20120106)  
併用被疑薬    
併用薬    

報告年度・四半期 2011・第四 種類 自発報告 報告職種 医師 報告分類 企業報告 状況 調査完了
性別 年代 30歳代 身長 170cm台 体重 80kg台 転帰 軽快
原疾患等 横静脈洞血栓症   アルコール摂取  
被疑薬に関する
情報
一般名/販売名 一回
投与量
投与
開始日
投与
終了日
投与経路 適用理由 要指導/
リスク区分
被疑薬の
処置
再投与による再発の有無 評価
フィナステリド/プロペシア 1 mg 201106 20111216 経口 アンドロゲン性脱毛症   投与中止    
副作用/有害事象
(発現日)
横静脈洞血栓症(20111218)   脳出血(201112)  
併用被疑薬    
併用薬 ボグリボース   ピオグリタゾン塩酸塩   グリメピリド  

報告年度・四半期 2011・第二 種類 自発報告 報告職種 医師 報告分類 企業報告 状況 調査完了
性別 年代 30歳代 身長 体重 転帰 不明
原疾患等    
被疑薬に関する
情報
一般名/販売名 一回
投与量
投与
開始日
投与
終了日
投与経路 適用理由 要指導/
リスク区分
被疑薬の
処置
再投与による再発の有無 評価
フィナステリド/プロペシア 1 mg     経口     不明    
副作用/有害事象
(発現日)
白内障(20110823)  
併用被疑薬    
併用薬    

報告年度・四半期 2011・第二 種類 自発報告 報告職種 消費者等 報告分類 企業報告 状況 調査完了
性別 年代 不明 身長 体重 転帰 不明
原疾患等    
被疑薬に関する
情報
一般名/販売名 一回
投与量
投与
開始日
投与
終了日
投与経路 適用理由 要指導/
リスク区分
被疑薬の
処置
再投与による再発の有無 評価
フィナステリド/プロペシア         経口     投与量変更せず    
副作用/有害事象
(発現日)
肝機能異常   下痢  
併用被疑薬    
併用薬    

報告年度・四半期 2011・第三 種類 自発報告 報告職種 消費者等 報告分類 企業報告 状況 調査完了
性別 年代 不明 身長 体重 転帰 不明
原疾患等    
被疑薬に関する
情報
一般名/販売名 一回
投与量
投与
開始日
投与
終了日
投与経路 適用理由 要指導/
リスク区分
被疑薬の
処置
再投与による再発の有無 評価
フィナステリド/プロペシア         経口     不明    
副作用/有害事象
(発現日)
膀胱癌  
併用被疑薬    
併用薬    

報告年度・四半期 2011・第三 種類 自発報告 報告職種 薬剤師 報告分類 企業報告 状況 調査完了
性別 年代 30歳代 身長 体重 転帰 不明
原疾患等    
被疑薬に関する
情報
一般名/販売名 一回
投与量
投与
開始日
投与
終了日
投与経路 適用理由 要指導/
リスク区分
被疑薬の
処置
再投与による再発の有無 評価
フィナステリド/プロペシア         経口     不明    
副作用/有害事象
(発現日)
肝機能異常  
併用被疑薬    
併用薬 UNKNOWNDRUG  

報告年度・四半期 2011・第三 種類 自発報告 報告職種 薬剤師 報告分類 企業報告 状況 調査完了
性別 年代 不明 身長 体重 転帰 不明
原疾患等    
被疑薬に関する
情報
一般名/販売名 一回
投与量
投与
開始日
投与
終了日
投与経路 適用理由 要指導/
リスク区分
被疑薬の
処置
再投与による再発の有無 評価
フィナステリド/プロペシア         経口     不明    
副作用/有害事象
(発現日)
急性肝炎  
併用被疑薬    
併用薬    

報告年度・四半期 2011・第三 種類 自発報告 報告職種 薬剤師 報告分類 企業報告 状況 調査完了
性別 年代 50歳代 身長 体重 転帰 不明
原疾患等    
被疑薬に関する
情報
一般名/販売名 一回
投与量
投与
開始日
投与
終了日
投与経路 適用理由 要指導/
リスク区分
被疑薬の
処置
再投与による再発の有無 評価
フィナステリド/プロペシア 1 mg     経口     不明    
副作用/有害事象
(発現日)
急性膵炎  
併用被疑薬    
併用薬 UNKNOWNDRUG  

報告年度・四半期 2011・第一 種類 自発報告 報告職種 医師 報告分類 企業報告 状況 調査完了
性別 年代 60歳代 身長 170cm台 体重 60kg台 転帰 軽快
原疾患等 高コレステロール血症   高血圧   頚腕症候群  
被疑薬に関する
情報
一般名/販売名 一回
投与量
投与
開始日
投与
終了日
投与経路 適用理由 要指導/
リスク区分
被疑薬の
処置
再投与による再発の有無 評価
フィナステリド/プロペシア 0.25 mg 20051226 201102 経口 アンドロゲン性脱毛症   投与中止    
副作用/有害事象
(発現日)
精液量減少(201101)   筋断裂(2007)   筋肉痛(201004)  
併用被疑薬    
併用薬 ジクロフェナクナトリウム   エゼチミブ   アムロジピンベシル酸塩  

報告年度・四半期 2011・第一 種類 自発報告 報告職種 薬剤師 報告分類 企業報告 状況 調査完了
性別 年代 40歳代 身長 体重 転帰 不明
原疾患等    
被疑薬に関する
情報
一般名/販売名 一回
投与量
投与
開始日
投与
終了日
投与経路 適用理由 要指導/
リスク区分
被疑薬の
処置
再投与による再発の有無 評価
フィナステリド/プロペシア         経口     不明    
副作用/有害事象
(発現日)
痙攣発作  
併用被疑薬 フェニトイン  
併用薬    

報告年度・四半期 2011・第一 種類 自発報告 報告職種 消費者等 報告分類 企業報告 状況 調査完了
性別 年代 不明 身長 体重 転帰 不明
原疾患等    
被疑薬に関する
情報
一般名/販売名 一回
投与量
投与
開始日
投与
終了日
投与経路 適用理由 要指導/
リスク区分
被疑薬の
処置
再投与による再発の有無 評価
フィナステリド/プロペシア 1 mg     経口     投与中止    
副作用/有害事象
(発現日)
膵炎  
併用被疑薬    
併用薬    

報告年度・四半期 2011・第一 種類 自発報告 報告職種 消費者等 報告分類 企業報告 状況 調査完了
性別 年代 不明 身長 体重 転帰 未回復
原疾患等    
被疑薬に関する
情報
一般名/販売名 一回
投与量
投与
開始日
投与
終了日
投与経路 適用理由 要指導/
リスク区分
被疑薬の
処置
再投与による再発の有無 評価
フィナステリド/プロペシア 1 DF     経口     不明    
副作用/有害事象
(発現日)
肝機能検査異常   黄疸  
併用被疑薬    
併用薬    

報告年度・四半期 2011・第一 種類 自発報告 報告職種 薬剤師 報告分類 企業報告 状況 調査完了
性別 年代 30歳代 身長 体重 転帰 軽快
原疾患等    
被疑薬に関する
情報
一般名/販売名 一回
投与量
投与
開始日
投与
終了日
投与経路 適用理由 要指導/
リスク区分
被疑薬の
処置
再投与による再発の有無 評価
フィナステリド/プロペシア 1 mg     経口     投与中止    
副作用/有害事象
(発現日)
低カリウム血症(201103)  
併用被疑薬    
併用薬    

報告年度・四半期 2010・第四 種類 自発報告 報告職種 医師 報告分類 企業報告 状況 調査完了
性別 年代 40歳代 身長 170cm台 体重 70kg台 転帰 回復
原疾患等 アンドロゲン性脱毛症   アレルギー性鼻炎  
被疑薬に関する
情報
一般名/販売名 一回
投与量
投与
開始日
投与
終了日
投与経路 適用理由 要指導/
リスク区分
被疑薬の
処置
再投与による再発の有無 評価
フィナステリド/プロペシア 1 mg 200604 20101010 経口 脱毛症   投与中止    
副作用/有害事象
(発現日)
肝障害(201010)  
併用被疑薬 セファランチン   セチリジン塩酸塩   ミノサイクリン塩酸塩  
併用薬    

報告年度・四半期 2010・第四 種類 自発報告 報告職種 医師 報告分類 企業報告 状況 調査完了
性別 年代 30歳代 身長 体重 転帰 不明
原疾患等    
被疑薬に関する
情報
一般名/販売名 一回
投与量
投与
開始日
投与
終了日
投与経路 適用理由 要指導/
リスク区分
被疑薬の
処置
再投与による再発の有無 評価
フィナステリド/プロペシア 1 mg     経口 脱毛症   投与中止    
副作用/有害事象
(発現日)
上矢状洞血栓症(20110216)  
併用被疑薬    
併用薬    

報告年度・四半期 2010・第四 種類 自発報告 報告職種 医師 報告分類 企業報告 状況 調査完了
性別 年代 不明 身長 体重 転帰 回復
原疾患等    
被疑薬に関する
情報
一般名/販売名 一回
投与量
投与
開始日
投与
終了日
投与経路 適用理由 要指導/
リスク区分
被疑薬の
処置
再投与による再発の有無 評価
フィナステリド/プロペシア 1 mg     経口 アンドロゲン性脱毛症   投与中止    
副作用/有害事象
(発現日)
横紋筋融解症  
併用被疑薬    
併用薬    

報告年度・四半期 2010・第二 種類 自発報告 報告職種 消費者等 報告分類 企業報告 状況 調査完了
性別 年代 40歳代 身長 体重 転帰 不明
原疾患等    
被疑薬に関する
情報
一般名/販売名 一回
投与量
投与
開始日
投与
終了日
投与経路 適用理由 要指導/
リスク区分
被疑薬の
処置
再投与による再発の有無 評価
フィナステリド/プロペシア 1 mg 201004   経口     不明    
副作用/有害事象
(発現日)
アラニンアミノトランスフェラーゼ増加(20100815)   アスパラギン酸アミノトランスフェラーゼ増加(20100815)   発熱(20100815)   倦怠感  
併用被疑薬    
併用薬    

報告年度・四半期 2010・第二 種類 自発報告 報告職種 医師 報告分類 企業報告 状況 調査完了
性別 年代 不明 身長 体重 転帰 不明
原疾患等    
被疑薬に関する
情報
一般名/販売名 一回
投与量
投与
開始日
投与
終了日
投与経路 適用理由 要指導/
リスク区分
被疑薬の
処置
再投与による再発の有無 評価
フィナステリド/プロペシア         経口     不明    
副作用/有害事象
(発現日)
難聴  
併用被疑薬    
併用薬    

報告年度・四半期 2010・第二 種類 自発報告 報告職種 消費者等 報告分類 企業報告 状況 調査完了
性別 年代 不明 身長 体重 転帰 不明
原疾患等    
被疑薬に関する
情報
一般名/販売名 一回
投与量
投与
開始日
投与
終了日
投与経路 適用理由 要指導/
リスク区分
被疑薬の
処置
再投与による再発の有無 評価
フィナステリド/プロペシア         経口     投与中止    
副作用/有害事象
(発現日)
双極1型障害  
併用被疑薬    
併用薬    

報告年度・四半期 2010・第二 種類 自発報告 報告職種 医師 報告分類 企業報告 状況 調査完了
性別 年代 20歳代 身長 170cm台 体重 60kg台 転帰 未回復
原疾患等    
被疑薬に関する
情報
一般名/販売名 一回
投与量
投与
開始日
投与
終了日
投与経路 適用理由 要指導/
リスク区分
被疑薬の
処置
再投与による再発の有無 評価
フィナステリド/プロペシア 1 mg 20061007 20100821 経口 アンドロゲン性脱毛症   投与中止    
副作用/有害事象
(発現日)
糖尿病(20100807)  
併用被疑薬    
併用薬    

報告年度・四半期 2010・第三 種類 自発報告 報告職種 消費者等 報告分類 企業報告 状況 調査完了
性別 年代 不明 身長 体重 転帰 不明
原疾患等    
被疑薬に関する
情報
一般名/販売名 一回
投与量
投与
開始日
投与
終了日
投与経路 適用理由 要指導/
リスク区分
被疑薬の
処置
再投与による再発の有無 評価
フィナステリド/プロペシア         経口 アンドロゲン性脱毛症   投与量変更せず    
副作用/有害事象
(発現日)
悪性新生物  
併用被疑薬    
併用薬    

報告年度・四半期 2010・第三 種類 自発報告 報告職種 薬剤師 報告分類 企業報告 状況 調査完了
性別 年代 30歳代 身長 体重 転帰 不明
原疾患等    
被疑薬に関する
情報
一般名/販売名 一回
投与量
投与
開始日
投与
終了日
投与経路 適用理由 要指導/
リスク区分
被疑薬の
処置
再投与による再発の有無 評価
フィナステリド/プロペシア         経口     不明    
副作用/有害事象
(発現日)
心筋梗塞(20101031)  
併用被疑薬    
併用薬 ミノキシジル  

報告年度・四半期 2010・第三 種類 自発報告 報告職種 医師 報告分類 企業報告 状況 調査完了
性別 年代 30歳代 身長 体重 転帰 不明
原疾患等    
被疑薬に関する
情報
一般名/販売名 一回
投与量
投与
開始日
投与
終了日
投与経路 適用理由 要指導/
リスク区分
被疑薬の
処置
再投与による再発の有無 評価
フィナステリド/プロペシア 1 mg 201004   経口 アンドロゲン性脱毛症   投与量変更せず    
副作用/有害事象
(発現日)
血中クレアチンホスホキナーゼ増加  
併用被疑薬    
併用薬    

報告年度・四半期 2010・第三 種類 自発報告 報告職種 医師 報告分類 企業報告 状況 調査完了
性別 年代 40歳代 身長 体重 転帰 不明
原疾患等    
被疑薬に関する
情報
一般名/販売名 一回
投与量
投与
開始日
投与
終了日
投与経路 適用理由 要指導/
リスク区分
被疑薬の
処置
再投与による再発の有無 評価
フィナステリド/プロペシア         経口     不明    
副作用/有害事象
(発現日)
網膜動脈閉塞  
併用被疑薬    
併用薬    

報告年度・四半期 2009・第四 種類 自発報告 報告職種 医師 報告分類 企業報告 状況 調査完了
性別 年代 20歳代 身長 体重 転帰 軽快
原疾患等    
被疑薬に関する
情報
一般名/販売名 一回
投与量
投与
開始日
投与
終了日
投与経路 適用理由 要指導/
リスク区分
被疑薬の
処置
再投与による再発の有無 評価
フィナステリド/プロペシア 1 mg 20081101 20091225 経口 アンドロゲン性脱毛症   投与中止    
副作用/有害事象
(発現日)
鉄欠乏性貧血(20091208)  
併用被疑薬    
併用薬    

報告年度・四半期 2009・第二 種類 自発報告 報告職種 医師 報告分類 企業報告 状況 調査完了
性別 年代 50歳代 身長 体重 60kg台 転帰 軽快
原疾患等 高血圧  
被疑薬に関する
情報
一般名/販売名 一回
投与量
投与
開始日
投与
終了日
投与経路 適用理由 要指導/
リスク区分
被疑薬の
処置
再投与による再発の有無 評価
フィナステリド/プロペシア 1 mg 20090820 20090823 経口 アンドロゲン性脱毛症   投与中止    
副作用/有害事象
(発現日)
悪心(20090820)   消化不良(20090820)   悪心(20090821)   消化不良(20090821)   嘔吐(20090822)   発熱(20090823)  
併用被疑薬    
併用薬 アムロジピンベシル酸塩  

報告年度・四半期 2009・第二 種類 自発報告 報告職種 医師 報告分類 企業報告 状況 調査完了
性別 年代 30歳代 身長 170cm台 体重 70kg台 転帰 回復
原疾患等    
被疑薬に関する
情報
一般名/販売名 一回
投与量
投与
開始日
投与
終了日
投与経路 適用理由 要指導/
リスク区分
被疑薬の
処置
再投与による再発の有無 評価
フィナステリド/プロペシア 1 mg 20061005 20071120 経口 アンドロゲン性脱毛症   減量    
副作用/有害事象
(発現日)
肝機能異常(200708)  
併用被疑薬 フィナステリド  
併用薬    

報告年度・四半期 2009・第二 種類 自発報告 報告職種 医師 報告分類 企業報告 状況 調査完了
性別 年代 60歳代 身長 150cm台 体重 60kg台 転帰 軽快
原疾患等    
被疑薬に関する
情報
一般名/販売名 一回
投与量
投与
開始日
投与
終了日
投与経路 適用理由 要指導/
リスク区分
被疑薬の
処置
再投与による再発の有無 評価
フィナステリド/プロペシア 1 mg 20080617   経口 アンドロゲン性脱毛症   減量    
副作用/有害事象
(発現日)
乳房腫大(20080906)   乳房痛(20080906)  
併用被疑薬 フィナステリド  
併用薬    

報告年度・四半期 2009・第二 種類 自発報告 報告職種 医師 報告分類 企業報告 状況 調査完了
性別 年代 40歳代 身長 体重 転帰 不明
原疾患等 腹部膨満  
被疑薬に関する
情報
一般名/販売名 一回
投与量
投与
開始日
投与
終了日
投与経路 適用理由 要指導/
リスク区分
被疑薬の
処置
再投与による再発の有無 評価
フィナステリド/プロペシア 1 mg 20090203 20090704 経口 アンドロゲン性脱毛症   投与中止    
副作用/有害事象
(発現日)
女性化乳房(20090704)   甲状腺機能亢進症  
併用被疑薬 フィナステリド  
併用薬 ジメチコン   ポリカルボフィルカルシウム   六君子湯  

報告年度・四半期 2009・第二 種類 自発報告 報告職種 医師 報告分類 企業報告 状況 調査完了
性別 年代 40歳代 身長 体重 転帰 不明
原疾患等 高血圧  
被疑薬に関する
情報
一般名/販売名 一回
投与量
投与
開始日
投与
終了日
投与経路 適用理由 要指導/
リスク区分
被疑薬の
処置
再投与による再発の有無 評価
フィナステリド/プロペシア 1 mg 20060410   経口 アンドロゲン性脱毛症   投与中止    
副作用/有害事象
(発現日)
ネフローゼ症候群   低蛋白血症(20090812)   蛋白尿(20090812)  
併用被疑薬    
併用薬 ベタキソロール塩酸塩  

報告年度・四半期 2009・第二 種類 自発報告 報告職種 医師 報告分類 企業報告 状況 調査完了
性別 年代 40歳代 身長 170cm台 体重 50kg台 転帰 回復
原疾患等    
被疑薬に関する
情報
一般名/販売名 一回
投与量
投与
開始日
投与
終了日
投与経路 適用理由 要指導/
リスク区分
被疑薬の
処置
再投与による再発の有無 評価
フィナステリド/プロペシア 0.2 mg 20090610 20090629 経口 脱毛症   投与中止    
副作用/有害事象
(発現日)
胆汁うっ滞(20090629)  
併用被疑薬    
併用薬    

報告年度・四半期 2009・第二 種類 自発報告 報告職種 医師 報告分類 企業報告 状況 調査完了
性別 年代 30歳代 身長 170cm台 体重 60kg台 転帰 未回復
原疾患等    
被疑薬に関する
情報
一般名/販売名 一回
投与量
投与
開始日
投与
終了日
投与経路 適用理由 要指導/
リスク区分
被疑薬の
処置
再投与による再発の有無 評価
フィナステリド/プロペシア 1 mg 200811   経口 脱毛症   投与量変更せず    
副作用/有害事象
(発現日)
脱毛症(200901)  
併用被疑薬 フィナステリド  
併用薬    

報告年度・四半期 2009・第三 種類 自発報告 報告職種 医師 報告分類 企業報告 状況 調査完了
性別 年代 40歳代 身長 160cm台 体重 70kg台 転帰 回復(後)
原疾患等    
被疑薬に関する
情報
一般名/販売名 一回
投与量
投与
開始日
投与
終了日
投与経路 適用理由 要指導/
リスク区分
被疑薬の
処置
再投与による再発の有無 評価
フィナステリド/プロペシア 1 mg 2004 20091124 経口 アンドロゲン性脱毛症   投与中止    
副作用/有害事象
(発現日)
腎梗塞  
併用被疑薬    
併用薬    

報告年度・四半期 2009・第三 種類 自発報告 報告職種 医師 報告分類 企業報告 状況 調査完了
性別 年代 40歳代 身長 170cm台 体重 60kg台 転帰 未回復
原疾患等 アンドロゲン性脱毛症   高尿酸血症  
被疑薬に関する
情報
一般名/販売名 一回
投与量
投与
開始日
投与
終了日
投与経路 適用理由 要指導/
リスク区分
被疑薬の
処置
再投与による再発の有無 評価
フィナステリド/プロペシア 1 mg 20090818 20091112 経口 アンドロゲン性脱毛症   投与中止    
副作用/有害事象
(発現日)
脱毛症(200910)   毛髪変色(200910)  
併用被疑薬    
併用薬 ミノキシジル   アロプリノール  

報告年度・四半期 2009・第三 種類 自発報告 報告職種 医師 報告分類 企業報告 状況 調査完了
性別 年代 30歳代 身長 体重 転帰 不明
原疾患等    
被疑薬に関する
情報
一般名/販売名 一回
投与量
投与
開始日
投与
終了日
投与経路 適用理由 要指導/
リスク区分
被疑薬の
処置
再投与による再発の有無 評価
フィナステリド/プロペシア 1 mg     経口 アンドロゲン性脱毛症   不明    
副作用/有害事象
(発現日)
腫瘤  
併用被疑薬    
併用薬    

報告年度・四半期 2009・第三 種類 自発報告 報告職種 医師 報告分類 企業報告 状況 調査完了
性別 年代 40歳代 身長 160cm台 体重 60kg台 転帰 回復
原疾患等 脂質異常症  
被疑薬に関する
情報
一般名/販売名 一回
投与量
投与
開始日
投与
終了日
投与経路 適用理由 要指導/
リスク区分
被疑薬の
処置
再投与による再発の有無 評価
フィナステリド/プロペシア 1 mg 20081214 20091012 経口 アンドロゲン性脱毛症   投与中止    
副作用/有害事象
(発現日)
横紋筋融解症(20091010)  
併用被疑薬 フィナステリド  
併用薬    

報告年度・四半期 2009・第一 種類 自発報告 報告職種 薬剤師 報告分類 企業報告 状況 調査完了
性別 年代 40歳代 身長 体重 転帰 未回復
原疾患等    
被疑薬に関する
情報
一般名/販売名 一回
投与量
投与
開始日
投与
終了日
投与経路 適用理由 要指導/
リスク区分
被疑薬の
処置
再投与による再発の有無 評価
フィナステリド/プロペシア 10 DF 200906   経口     非該当    
副作用/有害事象
(発現日)
昏睡  
併用被疑薬 血圧降下剤   UNKNOWNDRUG  
併用薬    

報告年度・四半期 2009・第一 種類 自発報告 報告職種 医師 報告分類 企業報告 状況 調査完了
性別 年代 40歳代 身長 体重 転帰 不明
原疾患等 うつ病   高脂血症   高尿酸血症  
被疑薬に関する
情報
一般名/販売名 一回
投与量
投与
開始日
投与
終了日
投与経路 適用理由 要指導/
リスク区分
被疑薬の
処置
再投与による再発の有無 評価
フィナステリド/プロペシア 1 mg 20090329 20090531 経口 アンドロゲン性脱毛症   投与中止    
副作用/有害事象
(発現日)
肝機能異常(20090407)  
併用被疑薬 トラゾドン塩酸塩   フルボキサミンマレイン酸塩   ロルメタゼパム   レバミピド  
併用薬    

報告年度・四半期 2009・第一 種類 自発報告 報告職種 医師 報告分類 企業報告 状況 調査完了
性別 年代 40歳代 身長 体重 転帰 不明
原疾患等    
被疑薬に関する
情報
一般名/販売名 一回
投与量
投与
開始日
投与
終了日
投与経路 適用理由 要指導/
リスク区分
被疑薬の
処置
再投与による再発の有無 評価
フィナステリド/プロペシア 1 mg 2006 2009 経口 アンドロゲン性脱毛症   投与中止    
副作用/有害事象
(発現日)
肝機能異常  
併用被疑薬    
併用薬    

報告年度・四半期 2009・第一 種類 自発報告 報告職種 医師 報告分類 企業報告 状況 調査完了
性別 年代 50歳代 身長 160cm台 体重 60kg台 転帰 不明
原疾患等 糖尿病   高血圧   高コレステロール血症   高尿酸血症   糖尿病性腎症   糖尿病性ニューロパチー   腎障害  
被疑薬に関する
情報
一般名/販売名 一回
投与量
投与
開始日
投与
終了日
投与経路 適用理由 要指導/
リスク区分
被疑薬の
処置
再投与による再発の有無 評価
フィナステリド/プロペシア 1 mg 20081020 20090601 経口 アンドロゲン性脱毛症   投与中止    
副作用/有害事象
(発現日)
グリコヘモグロビン増加(20090119)  
併用被疑薬    
併用薬 インスリン ヒト(遺伝子組換え)   ミグリトール   アロプリノール   ベンズブロマロン   クエン酸カリウム・クエン酸ナトリウム水和物   メキシレチン塩酸塩   テモカプリル塩酸塩   カルベジロール   アゾセミド   アトルバスタチンカルシウム水和物   オルメサルタン メドキソミル   フロセミド   アミオダロン塩酸塩   トリクロルメチアジド   ニフェジピン   乾燥硫酸鉄(2)   イコサペント酸エチル   ロスバスタチンカルシウム  

報告年度・四半期 2009・第一 種類 自発報告 報告職種 医師 報告分類 企業報告 状況 調査完了
性別 年代 60歳代 身長 体重 転帰 不明
原疾患等 糖尿病   網膜症  
被疑薬に関する
情報
一般名/販売名 一回
投与量
投与
開始日
投与
終了日
投与経路 適用理由 要指導/
リスク区分
被疑薬の
処置
再投与による再発の有無 評価
フィナステリド/プロペシア 1 DF 2009   経口     投与中止    
副作用/有害事象
(発現日)
眼圧上昇(200905)  
併用被疑薬    
併用薬 プラバスタチンナトリウム   グリメピリド   八味地黄丸   ボグリボース  

報告年度・四半期 2009・第一 種類 自発報告 報告職種 医師 報告分類 企業報告 状況 調査完了
性別 年代 50歳代 身長 体重 転帰 回復
原疾患等 脊柱損傷  
被疑薬に関する
情報
一般名/販売名 一回
投与量
投与
開始日
投与
終了日
投与経路 適用理由 要指導/
リスク区分
被疑薬の
処置
再投与による再発の有無 評価
フィナステリド/プロペシア 1 mg 20090313 20090313 経口 アンドロゲン性脱毛症   投与中止    
副作用/有害事象
(発現日)
血尿(20090313)  
併用被疑薬    
併用薬    

報告年度・四半期 2008・第四 種類 自発報告 報告職種 薬剤師 報告分類 企業報告 状況 調査完了
性別 不明 年代 新生児 身長 体重 転帰 不明
原疾患等    
被疑薬に関する
情報
一般名/販売名 一回
投与量
投与
開始日
投与
終了日
投与経路 適用理由 要指導/
リスク区分
被疑薬の
処置
再投与による再発の有無 評価
フィナステリド/プロペシア 1 mg     経胎盤 アンドロゲン性脱毛症   不明    
副作用/有害事象
(発現日)
先天性白内障(2008)  
併用被疑薬    
併用薬    

報告年度・四半期 2008・第四 種類 自発報告 報告職種 医師 報告分類 企業報告 状況 調査完了
性別 年代 50歳代 身長 体重 転帰 回復
原疾患等 胃腸炎  
被疑薬に関する
情報
一般名/販売名 一回
投与量
投与
開始日
投与
終了日
投与経路 適用理由 要指導/
リスク区分
被疑薬の
処置
再投与による再発の有無 評価
フィナステリド/プロペシア     200810 20090106 経口     投与中止    
副作用/有害事象
(発現日)
肝障害(200812)  
併用被疑薬    
併用薬 ファモチジン   エカベトナトリウム水和物   ラクトミン   非ピリン系感冒剤(4)   エチゾラム   柴胡加竜骨牡蛎湯  

報告年度・四半期 2008・第四 種類 自発報告 報告職種 薬剤師 報告分類 企業報告 状況 調査完了
性別 年代 50歳代 身長 体重 転帰 軽快
原疾患等 高血圧  
被疑薬に関する
情報
一般名/販売名 一回
投与量
投与
開始日
投与
終了日
投与経路 適用理由 要指導/
リスク区分
被疑薬の
処置
再投与による再発の有無 評価
フィナステリド/プロペシア 1 mg 200610 200806 経口 アンドロゲン性脱毛症   不明    
副作用/有害事象
(発現日)
心筋梗塞  
併用被疑薬    
併用薬 ニフェジピン   バルサルタン  

報告年度・四半期 2008・第四 種類 自発報告 報告職種 医師 報告分類 企業報告 状況 調査完了
性別 年代 30歳代 身長 170cm台 体重 50kg台 転帰 軽快
原疾患等    
被疑薬に関する
情報
一般名/販売名 一回
投与量
投与
開始日
投与
終了日
投与経路 適用理由 要指導/
リスク区分
被疑薬の
処置
再投与による再発の有無 評価
フィナステリド/プロペシア 1 mg 20090122 20090126 経口 脱毛症   投与中止    
副作用/有害事象
(発現日)
急性肝不全(20090128)   急性腎障害(20090129)  
併用被疑薬 アセトアミノフェン  
併用薬    

報告年度・四半期 2008・第四 種類 自発報告 報告職種 医師 報告分類 企業報告 状況 調査完了
性別 年代 50歳代 身長 体重 転帰 未回復
原疾患等 アンドロゲン性脱毛症   良性前立腺肥大症  
被疑薬に関する
情報
一般名/販売名 一回
投与量
投与
開始日
投与
終了日
投与経路 適用理由 要指導/
リスク区分
被疑薬の
処置
再投与による再発の有無 評価
フィナステリド/プロペシア 1 mg 20080621 200812 経口 アンドロゲン性脱毛症   投与中止    
副作用/有害事象
(発現日)
無精液症(20080719)  
併用被疑薬 ナフトピジル   シロドシン   ロラタジン  
併用薬    

報告年度・四半期 2008・第四 種類 自発報告 報告職種 医師 報告分類 企業報告 状況 調査完了
性別 年代 40歳代 身長 体重 転帰 回復
原疾患等    
被疑薬に関する
情報
一般名/販売名 一回
投与量
投与
開始日
投与
終了日
投与経路 適用理由 要指導/
リスク区分
被疑薬の
処置
再投与による再発の有無 評価
フィナステリド/プロペシア     200809 200810 経口 アンドロゲン性脱毛症   投与中止    
副作用/有害事象
(発現日)
精巣新生物(200810)  
併用被疑薬    
併用薬    

報告年度・四半期 2008・第二 種類 自発報告 報告職種 医師 報告分類 企業報告 状況 調査完了
性別 年代 40歳代 身長 160cm台 体重 転帰 未回復
原疾患等    
被疑薬に関する
情報
一般名/販売名 一回
投与量
投与
開始日
投与
終了日
投与経路 適用理由 要指導/
リスク区分
被疑薬の
処置
再投与による再発の有無 評価
フィナステリド/プロペシア 1 mg 20080625   経口 アンドロゲン性脱毛症   投与量変更せず    
副作用/有害事象
(発現日)
傾眠(20080818)  
併用被疑薬    
併用薬    

報告年度・四半期 2008・第二 種類 自発報告 報告職種 医師 報告分類 企業報告 状況 調査完了
性別 年代 30歳代 身長 体重 転帰 軽快
原疾患等    
被疑薬に関する
情報
一般名/販売名 一回
投与量
投与
開始日
投与
終了日
投与経路 適用理由 要指導/
リスク区分
被疑薬の
処置
再投与による再発の有無 評価
フィナステリド/プロペシア 1 DF 200712 20080720 経口 脱毛症   非該当    
副作用/有害事象
(発現日)
精巣痛(20080807)   筋肉痛(20080810)   発熱(20080807)   血中クレアチンホスホキナーゼ増加(20080812)   頭痛(20080809)  
併用被疑薬    
併用薬    

報告年度・四半期 2008・第二 種類 自発報告 報告職種 医師 報告分類 企業報告 状況 調査完了
性別 年代 20歳代 身長 体重 転帰 回復
原疾患等    
被疑薬に関する
情報
一般名/販売名 一回
投与量
投与
開始日
投与
終了日
投与経路 適用理由 要指導/
リスク区分
被疑薬の
処置
再投与による再発の有無 評価
フィナステリド/プロペシア 1 mg 20070220 20070227 経口 アンドロゲン性脱毛症   投与中止    
副作用/有害事象
(発現日)
出血性十二指腸潰瘍(20070227)  
併用被疑薬    
併用薬    

報告年度・四半期 2008・第二 種類 自発報告 報告職種 医師 報告分類 企業報告 状況 調査完了
性別 年代 40歳代 身長 170cm台 体重 70kg台 転帰 未回復
原疾患等    
被疑薬に関する
情報
一般名/販売名 一回
投与量
投与
開始日
投与
終了日
投与経路 適用理由 要指導/
リスク区分
被疑薬の
処置
再投与による再発の有無 評価
フィナステリド/プロペシア     20070925 20080702 経口 脱毛症   投与中止    
副作用/有害事象
(発現日)
急性心筋梗塞(20080705)   冠動脈血栓症(20080705)  
併用被疑薬    
併用薬    

報告年度・四半期 2008・第二 種類 自発報告 報告職種 医師 報告分類 企業報告 状況 調査完了
性別 年代 40歳代 身長 170cm台 体重 50kg台 転帰 未回復
原疾患等 魚鱗癬  
被疑薬に関する
情報
一般名/販売名 一回
投与量
投与
開始日
投与
終了日
投与経路 適用理由 要指導/
リスク区分
被疑薬の
処置
再投与による再発の有無 評価
フィナステリド/プロペシア 1 DF 200803 20080613 経口 アンドロゲン性脱毛症   投与中止    
副作用/有害事象
(発現日)
血栓性微小血管症(20080613)  
併用被疑薬    
併用薬    

報告年度・四半期 2008・第三 種類 自発報告 報告職種 医師 報告分類 企業報告 状況 調査完了
性別 年代 60歳代 身長 150cm台 体重 50kg台 転帰 軽快
原疾患等 脱毛症  
被疑薬に関する
情報
一般名/販売名 一回
投与量
投与
開始日
投与
終了日
投与経路 適用理由 要指導/
リスク区分
被疑薬の
処置
再投与による再発の有無 評価
フィナステリド/プロペシア 0.2 mg 20081107 20081125 経口 脱毛症   投与中止    
副作用/有害事象
(発現日)
顔面浮腫(20081127)  
併用被疑薬 フィナステリド  
併用薬    

報告年度・四半期 2008・第三 種類 自発報告 報告職種 医師 報告分類 企業報告 状況 調査完了
性別 年代 60歳代 身長 体重 転帰 軽快
原疾患等    
被疑薬に関する
情報
一般名/販売名 一回
投与量
投与
開始日
投与
終了日
投与経路 適用理由 要指導/
リスク区分
被疑薬の
処置
再投与による再発の有無 評価
フィナステリド/プロペシア 1 mg 200704 20081004 経口     投与中止    
副作用/有害事象
(発現日)
アスパラギン酸アミノトランスフェラーゼ増加(20080912)   アラニンアミノトランスフェラーゼ増加(20080912)  
併用被疑薬    
併用薬 ウラピジル   ファモチジン   アトルバスタチンカルシウム水和物  

報告年度・四半期 2008・第三 種類 自発報告 報告職種 医師 報告分類 企業報告 状況 調査完了
性別 年代 40歳代 身長 体重 転帰 不明
原疾患等    
被疑薬に関する
情報
一般名/販売名 一回
投与量
投与
開始日
投与
終了日
投与経路 適用理由 要指導/
リスク区分
被疑薬の
処置
再投与による再発の有無 評価
フィナステリド/プロペシア 1 DF 200501   経口     不明    
副作用/有害事象
(発現日)
男性乳癌(200503)  
併用被疑薬    
併用薬    

報告年度・四半期 2008・第三 種類 自発報告 報告職種 医師 報告分類 企業報告 状況 調査完了
性別 年代 30歳代 身長 体重 転帰 未回復
原疾患等 脱毛症  
被疑薬に関する
情報
一般名/販売名 一回
投与量
投与
開始日
投与
終了日
投与経路 適用理由 要指導/
リスク区分
被疑薬の
処置
再投与による再発の有無 評価
フィナステリド/プロペシア 1 mg 200808 20090108 経口 アンドロゲン性脱毛症   投与中止    
副作用/有害事象
(発現日)
網脈絡膜症(20081108)  
併用被疑薬    
併用薬    

報告年度・四半期 2008・第一 種類 自発報告 報告職種 医師 報告分類 企業報告 状況 調査完了
性別 年代 50歳代 身長 体重 転帰 未回復
原疾患等 高血圧   アンドロゲン性脱毛症  
被疑薬に関する
情報
一般名/販売名 一回
投与量
投与
開始日
投与
終了日
投与経路 適用理由 要指導/
リスク区分
被疑薬の
処置
再投与による再発の有無 評価
フィナステリド/プロペシア 1 mg 200512   経口 脱毛症   投与量変更せず    
副作用/有害事象
(発現日)
血栓症(20080604)   腎梗塞(20080604)   脾臓梗塞(20080604)   イレウス(200601)   イレウス(200608)   心房細動(200806)  
併用被疑薬    
併用薬 アムロジピンベシル酸塩  

報告年度・四半期 2008・第一 種類 自発報告 報告職種 医師 報告分類 企業報告 状況 調査完了
性別 年代 30歳代 身長 体重 転帰 不明
原疾患等    
被疑薬に関する
情報
一般名/販売名 一回
投与量
投与
開始日
投与
終了日
投与経路 適用理由 要指導/
リスク区分
被疑薬の
処置
再投与による再発の有無 評価
フィナステリド/プロペシア 1 mg 20080224 20080525 経口 アンドロゲン性脱毛症   投与中止    
副作用/有害事象
(発現日)
肝機能異常(20080523)   白血球数増加(20080523)   血中クレアチンホスホキナーゼ増加(20080603)   横紋筋融解症(20080603)  
併用被疑薬    
併用薬 ミノキシジル  

報告年度・四半期 2008・第一 種類 自発報告 報告職種 医師 報告分類 企業報告 状況 調査完了
性別 年代 40歳代 身長 体重 転帰 不明
原疾患等    
被疑薬に関する
情報
一般名/販売名 一回
投与量
投与
開始日
投与
終了日
投与経路 適用理由 要指導/
リスク区分
被疑薬の
処置
再投与による再発の有無 評価
フィナステリド/プロペシア     200803 20080611 経口 アンドロゲン性脱毛症   投与中止    
副作用/有害事象
(発現日)
血中クレアチンホスホキナーゼ増加(20080609)  
併用被疑薬    
併用薬    

報告年度・四半期 2008・第一 種類 自発報告 報告職種 薬剤師 報告分類 企業報告 状況 調査完了
性別 年代 不明 身長 体重 転帰 不明
原疾患等    
被疑薬に関する
情報
一般名/販売名 一回
投与量
投与
開始日
投与
終了日
投与経路 適用理由 要指導/
リスク区分
被疑薬の
処置
再投与による再発の有無 評価
フィナステリド/プロペシア         経口     不明    
副作用/有害事象
(発現日)
門脈血栓症  
併用被疑薬    
併用薬    

報告年度・四半期 2008・第一 種類 自発報告 報告職種 医師 報告分類 企業報告 状況 調査完了
性別 年代 30歳代 身長 体重 転帰 軽快
原疾患等 アンドロゲン性脱毛症  
被疑薬に関する
情報
一般名/販売名 一回
投与量
投与
開始日
投与
終了日
投与経路 適用理由 要指導/
リスク区分
被疑薬の
処置
再投与による再発の有無 評価
フィナステリド/プロペシア 0.2 mg 20071002 20071030 経口 アンドロゲン性脱毛症   非該当    
副作用/有害事象
(発現日)
錯感覚(20080204)  
併用被疑薬 フィナステリド  
併用薬    

報告年度・四半期 2008・第一 種類 自発報告 報告職種 医師 報告分類 企業報告 状況 調査完了
性別 年代 40歳代 身長 170cm台 体重 60kg台 転帰 軽快
原疾患等    
被疑薬に関する
情報
一般名/販売名 一回
投与量
投与
開始日
投与
終了日
投与経路 適用理由 要指導/
リスク区分
被疑薬の
処置
再投与による再発の有無 評価
フィナステリド/プロペシア 1 mg 20060213 20080509 経口 アンドロゲン性脱毛症   投与量変更せず    
副作用/有害事象
(発現日)
血中鉄増加(20070206)  
併用被疑薬    
併用薬    

報告年度・四半期 2008・第一 種類 自発報告 報告職種 医師 報告分類 企業報告 状況 調査完了
性別 年代 30歳代 身長 160cm台 体重 50kg台 転帰 死亡
原疾患等    
被疑薬に関する
情報
一般名/販売名 一回
投与量
投与
開始日
投与
終了日
投与経路 適用理由 要指導/
リスク区分
被疑薬の
処置
再投与による再発の有無 評価
フィナステリド/プロペシア 1 mg 20071001 200804 経口 アンドロゲン性脱毛症   投与中止   C
副作用/有害事象
(発現日)
乳癌(20080414)  
併用被疑薬    
併用薬    

報告年度・四半期 2008・第一 種類 自発報告 報告職種 消費者等 報告分類 企業報告 状況 調査完了
性別 年代 不明 身長 体重 転帰 回復
原疾患等    
被疑薬に関する
情報
一般名/販売名 一回
投与量
投与
開始日
投与
終了日
投与経路 適用理由 要指導/
リスク区分
被疑薬の
処置
再投与による再発の有無 評価
フィナステリド/プロペシア         経口     不明    
副作用/有害事象
(発現日)
肺炎  
併用被疑薬    
併用薬    

報告年度・四半期 2008・第一 種類 自発報告 報告職種 医師 報告分類 企業報告 状況 調査完了
性別 年代 30歳代 身長 体重 転帰 不明
原疾患等 前立腺炎   ヘルペスウイルス感染  
被疑薬に関する
情報
一般名/販売名 一回
投与量
投与
開始日
投与
終了日
投与経路 適用理由 要指導/
リスク区分
被疑薬の
処置
再投与による再発の有無 評価
フィナステリド/プロペシア 1 mg 200711   経口     投与量変更せず    
副作用/有害事象
(発現日)
アラニンアミノトランスフェラーゼ増加(20080324)  
併用被疑薬    
併用薬 タムスロシン塩酸塩   バラシクロビル塩酸塩  

報告年度・四半期 2008・第一 種類 自発報告 報告職種 薬剤師 報告分類 企業報告 状況 調査完了
性別 年代 60歳代 身長 体重 転帰 不明
原疾患等    
被疑薬に関する
情報
一般名/販売名 一回
投与量
投与
開始日
投与
終了日
投与経路 適用理由 要指導/
リスク区分
被疑薬の
処置
再投与による再発の有無 評価
フィナステリド/プロペシア 0.5 mg 2007   経口     投与中止    
副作用/有害事象
(発現日)
胸痛(2007)  
併用被疑薬    
併用薬    

報告年度・四半期 2007・第四 種類 自発報告 報告職種 医師 報告分類 企業報告 状況 調査完了
性別 年代 40歳代 身長 180cm台 体重 80kg台 転帰 不明
原疾患等 高血圧  
被疑薬に関する
情報
一般名/販売名 一回
投与量
投与
開始日
投与
終了日
投与経路 適用理由 要指導/
リスク区分
被疑薬の
処置
再投与による再発の有無 評価
フィナステリド/プロペシア 1 mg 20061102 20080201 経口 アンドロゲン性脱毛症   投与中止    
副作用/有害事象
(発現日)
精巣痛(20080201)   尿閉(20080201)   皮膚炎(20080201)  
併用被疑薬    
併用薬 ビソプロロールフマル酸塩   テルミサルタン   シルニジピン  

報告年度・四半期 2007・第四 種類 自発報告 報告職種 医師 報告分類 企業報告 状況 調査完了
性別 年代 不明 身長 体重 転帰 回復
原疾患等    
被疑薬に関する
情報
一般名/販売名 一回
投与量
投与
開始日
投与
終了日
投与経路 適用理由 要指導/
リスク区分
被疑薬の
処置
再投与による再発の有無 評価
フィナステリド/プロペシア 1 mg     経口 アンドロゲン性脱毛症   投与中止    
副作用/有害事象
(発現日)
心筋梗塞  
併用被疑薬    
併用薬    

報告年度・四半期 2007・第四 種類 自発報告 報告職種 医師 報告分類 企業報告 状況 調査完了
性別 年代 30歳代 身長 170cm台 体重 70kg台 転帰 回復
原疾患等    
被疑薬に関する
情報
一般名/販売名 一回
投与量
投与
開始日
投与
終了日
投与経路 適用理由 要指導/
リスク区分
被疑薬の
処置
再投与による再発の有無 評価
フィナステリド/プロペシア 1 mg   200801 経口 アンドロゲン性脱毛症   投与中止    
副作用/有害事象
(発現日)
尿閉(20080116)   上気道の炎症(20080114)  
併用被疑薬 非ピリン系感冒剤(4)  
併用薬 セフジトレン ピボキシル   チペピジンヒベンズ酸塩   アンブロキソール塩酸塩   酪酸菌製剤   ピペタナート塩酸塩含有配合剤(2)  

報告年度・四半期 2007・第四 種類 自発報告 報告職種 医師 報告分類 企業報告 状況 調査完了
性別 年代 50歳代 身長 体重 転帰 回復
原疾患等 魚鱗癬   痛風  
被疑薬に関する
情報
一般名/販売名 一回
投与量
投与
開始日
投与
終了日
投与経路 適用理由 要指導/
リスク区分
被疑薬の
処置
再投与による再発の有無 評価
フィナステリド/プロペシア 1 mg 20061101 20071002 経口 アンドロゲン性脱毛症   投与中止    
副作用/有害事象
(発現日)
急性肝炎(20071022)  
併用被疑薬 アロプリノール   テルミサルタン   アゼルニジピン  
併用薬    

報告年度・四半期 2007・第二 種類 自発報告 報告職種 医師 報告分類 企業報告 状況 調査完了
性別 年代 30歳代 身長 170cm台 体重 60kg台 転帰 未回復
原疾患等    
被疑薬に関する
情報
一般名/販売名 一回
投与量
投与
開始日
投与
終了日
投与経路 適用理由 要指導/
リスク区分
被疑薬の
処置
再投与による再発の有無 評価
フィナステリド/プロペシア 1 mg 20060909   経口 アンドロゲン性脱毛症   投与量変更せず    
副作用/有害事象
(発現日)
皮脂欠乏症(20070602)   そう痒症(20070602)   頭部粃糠疹(20070602)   記憶障害(20070602)  
併用被疑薬    
併用薬    

報告年度・四半期 2007・第二 種類 自発報告 報告職種 医師 報告分類 企業報告 状況 調査完了
性別 年代 不明 身長 体重 転帰 不明
原疾患等    
被疑薬に関する
情報
一般名/販売名 一回
投与量
投与
開始日
投与
終了日
投与経路 適用理由 要指導/
リスク区分
被疑薬の
処置
再投与による再発の有無 評価
フィナステリド/プロペシア         不明     非該当    
副作用/有害事象
(発現日)
自然流産  
併用被疑薬    
併用薬    

報告年度・四半期 2007・第二 種類 自発報告 報告職種 医師 報告分類 企業報告 状況 調査完了
性別 年代 30歳代 身長 170cm台 体重 60kg台 転帰 回復
原疾患等 高脂血症   肝機能異常  
被疑薬に関する
情報
一般名/販売名 一回
投与量
投与
開始日
投与
終了日
投与経路 適用理由 要指導/
リスク区分
被疑薬の
処置
再投与による再発の有無 評価
フィナステリド/プロペシア 1 mg 20070628 20070725 経口 アンドロゲン性脱毛症   投与中止    
副作用/有害事象
(発現日)
肝炎(20070725)  
併用被疑薬    
併用薬    

前へ  1  2  3  次へ