キオリトル


項目 内容
医薬品区分 一般用医薬品
薬効分類 解熱鎮痛薬
承認販売名 キオリトル
製品名 キオリトル
製品名(読み) キオリトル
製品の特徴 小さなお子さまにとって、発熱は最も一般的なかぜの症状です。また、夜中や外出先などで思いがけない時に熱を出したりします。 キオリトルは、このような時のお子さまの熱を効果的に下げ、しかも胃への負担が少ないお薬です。吐き気があったり、せきこんだりして薬が飲めない時にも適しています。
使用上の注意 本剤は小児用ですが、解熱薬に定められた注意事項として成人が使用される際のことも記載しております。
■してはいけないこと
(守らないと現在の症状が悪化したり、副作用・事故が起こりやすくなります。)
1.次の人は使用しないでください。
(1)本剤又は本剤の成分によりアレルギー症状を起こしたことがある人。
(2)本剤又は他の解熱鎮痛薬、かぜ薬を使用してぜんそくを起こしたことがある人。
2.本剤を使用している間は、次のいずれの医薬品も使用しないでください。
他の解熱鎮痛薬、かぜ薬、鎮静薬
3.使用前後は飲酒しないでください。
4.長期連用しないでください。
■相談すること
1.次の人は使用前に医師、歯科医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください。
(1)医師又は歯科医師の治療を受けている人。
(2)妊婦又は妊娠していると思われる人。
(3)高齢者。
(4)薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人。
(5)次の診断を受けた人。
心臓病、肝臓病、腎臓病、胃・十二指腸潰瘍
2.使用後、次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので、直ちに使用を中止し、この文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください。

[関係部位:症状]
皮ふ:発疹・発赤、かゆみ
消化器:悪心・嘔吐、食欲不振
精神神経系:めまい
その他:下痢、軟便、便意

まれに下記の重篤な症状が起こることがあります。その場合は直ちに医師の診療を受けてください。

[症状の名称:症状]
ショック(アナフィラキシー):使用後すぐに、皮膚のかゆみ、じんましん、声のかすれ、くしゃみ、のどのかゆみ、息苦しさ、動悸、意識の混濁等があらわれる。
皮膚粘膜眼症候群(スティーブンス・ジョンソン症候群)、中毒性表皮壊死融解症、急性汎発性発疹性膿疱症:高熱、目の充血、目やに、唇のただれ、のどの痛み、皮膚の広範囲の発疹・発赤、赤くなった皮膚上に小さなブツブツ(小膿疱)が出る、全身がだるい、食欲がない等が持続したり、急激に悪化する。
肝機能障害:発熱、かゆみ、発疹、黄疸(皮ふや白目が黄色くなる)、褐色尿、全身のだるさ、食欲不振等があらわれる。
ぜんそく:息をするときゼーゼー、ヒューヒューとなる、息苦しい等があらわれる。

3.1回使用して症状がよくならない場合は使用を中止し、この文書を持って医師、歯科医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください。
効能・効果 小児の発熱時の一時的な解熱
効能関連注意
用法・用量 1日1回、肛門内に挿入してください。
1回量
1〜2才1/2〜1個、3〜5才1個、6〜12才1〜2個
用法関連注意 (1)本剤の使用は1日1回とし、2日続けて使用しないでください。
(2)定められた用法及び用量を厳守してください。
(3)小児に使用させる場合には、保護者の指導監督のもとに使用させてください。
(4)肛門にのみ使用し、内服しないでください。
成分分量 1個中
成分分量
アセトアミノフェン100mg
添加物 ハードファット
保管及び取扱い上の注意 (1)直射日光の当たらない30℃以下の涼しい所に、図のように坐薬の先端を下に向け、立てて保管してください。
(2)小児の手の届かない所に保管してください。
(3)他の容器に入れ替えないでください。(誤用の原因になったり品質が変わることがあります。)
(4)使用期限を過ぎた製品は使用しないでください。
消費者相談窓口
製造販売会社 樋屋製薬(株)
販売会社 宇津救命丸(株) 添付文書情報
剤形 挿入剤
リスク区分等 第2類医薬品