ペルサンチン錠12.5mg


作成又は改訂年月

** 2014年12月改訂 (第9版)

* 2011年8月改訂

日本標準商品分類番号

872171

日本標準商品分類番号等

再評価結果公表年月(最新)
1998年3月

承認等

販売名
ペルサンチン錠12.5mg

販売名コード

2171010F1409

承認・許可番号

承認番号
21800AMX10086000
商標名
Persantin Tablets 12.5mg

薬価基準収載年月

2006年6月

販売開始年月

1960年5月

貯法・使用期限等

貯法

気密容器

使用期限

外箱、容器に使用期限を表示

規制区分

**処方箋医薬品注)

注)注意−医師等の処方箋により使用すること

組成

成分・含量

1錠中ジピリダモール 12.5mg

添加物

乳糖水和物、バレイショデンプン、軽質無水ケイ酸、ゼラチン、ステアリン酸マグネシウム、白糖、アラビアゴム末、タルク、マクロゴール6000、サラシミツロウ、カルナウバロウ、黄色5号

性状

剤形・色調

橙赤色〜赤色の糖衣錠

外形

直径

6.0mm

厚さ

3.7mm

重さ

0.09g

一般的名称

ジピリダモール製剤

禁忌

(次の患者には投与しないこと)

本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある患者

効能・効果/用法・用量

効能・効果

狭心症、心筋梗塞(急性期を除く)、その他の虚血性心疾患、うっ血性心不全

用法・用量

ジピリダモールとして、通常成人1回25mgを1日3回経口投与する。
なお、年齢、症状により適宜増減する。

使用上の注意

慎重投与

(次の患者には慎重に投与すること)

1. 低血圧の患者
[更に血圧を低下させることがある。]

2. 重篤な冠動脈疾患(不安定狭心症、亜急性心筋梗塞、左室流出路狭窄、心代償不全等)のある患者
[症状を悪化させることがある。]

重要な基本的注意

1.
本剤投与中の患者に本薬の注射剤を追加投与した場合、本剤の作用が増強され、副作用が発現するおそれがあるので、併用しないこと。(「過量投与」の項参照)

2.
本剤との併用によりアデノシンの有害事象が増強されることから、本剤を投与されている患者にアデノシン(アデノスキャン)を投与する場合は、12時間以上の間隔をあけること。(「相互作用」の項参照)

相互作用

併用禁忌

(併用しないこと)

薬剤名等
アデノシン(アデノスキャン)

臨床症状・措置方法
完全房室ブロック、心停止等が発現することがある。本剤の投与を受けた患者にアデノシン(アデノスキャン)を投与する場合には少なくとも12時間の間隔をおく。もし完全房室ブロック、心停止等の症状があらわれた場合はアデノシン(アデノスキャン)の投与を中止する。

機序・危険因子
本剤は体内でのアデノシンの血球、血管内皮や各臓器での取り込みを抑制し、血中アデノシン濃度を増大させることによりアデノシンの作用を増強する。

併用注意

(併用に注意すること)

薬剤名等
キサンチン系製剤(テオフィリン、アミノフィリン)

臨床症状・措置方法
本剤の作用が減弱されるので、併用にあたっては患者の状態を十分に観察するなど注意すること。

機序・危険因子
テオフィリン等のキサンチン系製剤は、本剤のアデノシンを介した作用を阻害する。

薬剤名等
アデノシン三リン酸二ナトリウム

臨床症状・措置方法
本剤はアデノシンの血漿中濃度を上昇させ、心臓血管に対する作用を増強するので、併用にあたっては患者の状態を十分に観察するなど注意すること。

機序・危険因子
本剤は体内でのアデノシンの血球、血管内皮や各臓器での取り込みを抑制し、血中アデノシン濃度を増大させることによりアデノシンの作用を増強する。

薬剤名等
降圧剤

臨床症状・措置方法
本剤は降圧剤の作用を増強することがあるので、併用にあたっては患者の状態を十分に観察するなど注意すること。

機序・危険因子
本剤の血管拡張作用により、降圧剤の作用が増強されることがある。

薬剤名等
*抗凝固剤(ダビガトランエテキシラート、ヘパリン等)

臨床症状・措置方法
出血傾向が増強するおそれがあるので、併用にあたっては患者の状態を十分に観察するなど注意すること。

機序・危険因子
これら薬剤は抗凝固作用を有するためと考えられる。

副作用

副作用等発現状況の概要

調査症例1,533例(再評価結果)中副作用が報告されたのは、65例(4.24%)であった。主な副作用は、頭痛14件(0.91%)、めまい8件(0.52%)、嘔気8件(0.52%)、食欲不振6件(0.39%)等であった。また、臨床検査値においては特に一定の傾向を示す変動は認められていない。

重大な副作用

1. 狭心症状の悪化(0.1%未満)
狭心症状が悪化することがあるので、このような場合には、投与を中止すること。

2. 出血傾向(頻度不明)
眼底出血、消化管出血、脳出血等の出血傾向があらわれることがあるので、観察を十分に行い、このような症状があらわれた場合には、投与を中止し、適切な処置を行うこと。

3. 血小板減少(頻度不明)
血小板減少があらわれることがあるので、観察を十分に行い、このような症状があらわれた場合には、投与を中止し、適切な処置を行うこと。

4. 過敏症(頻度不明)
気管支痙攣、血管浮腫等の過敏症があらわれることがあるので、観察を十分に行い、異常が認められた場合には、投与を中止し、適切な処置を行うこと。

その他の副作用

過敏症注)
0.1〜5%未満 
発疹

過敏症注)
頻度不明 
蕁麻疹

精神神経系
0.1〜5%未満 
頭痛、めまい、熱感、のぼせ感、倦怠感

循環器
0.1〜5%未満 
心悸亢進

循環器
頻度不明 
潮紅、血圧低下、頻脈

消化器
0.1〜5%未満 
嘔気、嘔吐、食欲不振、口渇、便秘

消化器
0.1%未満 
下痢

*肝臓
頻度不明 
肝機能検査値異常(AST(GOT)上昇、ALT(GPT)上昇等)

その他
頻度不明 
胸痛、筋肉痛

以上のような副作用があらわれた場合には、症状に応じて適切な処置を行うこと。

注)発現した場合には、投与を中止し、適切な処置を行うこと。

高齢者への投与

一般に高齢者では生理機能が低下しているので減量するなど注意すること。

妊婦、産婦、授乳婦等への投与

1.
妊婦又は妊娠している可能性のある婦人には、治療上の有益性が危険性を上回ると判断される場合にのみ投与すること。
[動物実験(マウス)でわずかに胎児への移行が報告されている。]

2.
授乳中の婦人に投与することを避け、やむを得ず投与する場合には、授乳を中止させること。
[動物実験(ウサギ)で母乳中へ移行することが報告されている。]

過量投与

1. 症状
本剤の過量服用により熱感、顔面潮紅、発汗、不穏、脱力感、めまい、狭心様症状、血圧低下、頻脈があらわれることがある。

2. 処置
一般的な対症療法が望ましいが、過量服用の可能性がある場合は、必要に応じ胃洗浄を行うこと。激しい胸痛が発現した場合は、アミノフィリンの静注等の適切な処置を行うこと。

適用上の注意

薬剤交付時
PTP包装の薬剤はPTPシートから取り出して服用するよう指導すること。
[PTPシートの誤飲により、硬い鋭角部が食道粘膜へ刺入し、更には穿孔をおこして縦隔洞炎等の重篤な合併症を併発することが報告されている。]

その他の注意

1.
海外において慢性安定狭心症の患者を対象にβ遮断剤、カルシウム拮抗剤、および長時間型硝酸剤投与中の本剤の追加投与の効果を検討するため、二重盲検法にてジピリダモール徐放カプセル(1回200mg 1日2回)またはプラセボを24週間追加投与したところ、「運動耐容時間」に対する本剤の追加投与の効果は認められなかったとの試験成績がある。

2.
少数例ではあるが、非抱合型ジピリダモールが胆石中に取り込まれていたことを示す症例が報告されている。

薬物動態

吸収・代謝・排泄
健康成人にジピリダモール50mgを経口投与した場合、速やかに吸収され、1時間で最高血中濃度約1μg/mLに達する。患者にジピリダモール75mg/日を6日間経口投与した場合、血中濃度は常に1μg/mL以下であり、蓄積性は認められない。健康成人にジピリダモール200mgを経口投与した場合、主代謝産物は、ジピリダモールのモノグルクロン酸抱合体であり、24時間尿中には未変化体は認められず、1%以下のモノグルクロン酸抱合体が認められる。1)
[参考:1)は外国人でのデータ]

臨床成績

国内で実施された臨床試験の結果、承認された効能・効果に対する本剤の臨床効果が認められた。

薬効薬理

1. 抗血小板作用
血小板凝集能・粘着能及び放出反応などの血小板機能を抑制する(ウサギ2,3))。

2. 心筋保護作用
ヒポキシアによる心筋内ATP濃度の低下及び心筋ミトコンドリアの形態学的変化を抑制する(イヌ4,5))。

3. 冠動脈の副血行路発達促進作用
冠動脈の副血行路系の発達を促進する(ミニチュアピッグ6))。

4. 冠循環改善作用
冠血管を選択的に拡張し、冠血流量を増加する(イヌ7))。

有効成分に関する理化学的知見

一般名
ジピリダモール(JAN)
Dipyridamole(JAN)

化学名
2,2´,2´´,2´´´-{[4,8-Di(piperidin-1-yl)pyrimido[5,4-d]pyrimidine-2,6-diyl]dinitrilo}tetraethanol

化学構造式

分子式
C24H40N8O4

分子量
504.63

性状
・黄色の結晶又は結晶性の粉末で、においはなく、味はわずかに苦い。
・クロロホルムに溶けやすく、メタノール又はエタノール(99.5)にやや溶けにくく、水又はジエチルエーテルにほとんど溶けない。

融点
165〜169℃

包装

ペルサンチン錠12.5mg:100錠(10錠×10)PTP、1000錠(10錠×100)PTP

主要文献及び文献請求先

主要文献

1)
Beisenherz G et al:Arzneimittelforschung 10:307,1960

2)
小山哲夫ほか:日腎誌 24:27,1982

3)
Philp R B et al:Nature 218:1072,1968

4)
Hockerts Th et al:Arzneimittelforschung 9:47,1959

5)
Lozada B B et al:Cardiologia 49:33,1966

6)
Nakagawa Y et al:Jpn J Pharmacol 29:271,1979

7)
Kadatz R:Arzneimittelforschung 9:39,1959

文献請求先

日本ベーリンガーインゲルハイム株式会社
DIセンター

〒141-6017 東京都品川区大崎2丁目1番1号 ThinkPark Tower

フリーダイヤル:0120-189-779
(受付時間)9:00〜18:00
(土・日・祝日・弊社休業日を除く)

製造販売業者等の氏名又は名称及び住所

製造販売
日本ベーリンガーインゲルハイム株式会社

東京都品川区大崎2丁目1番1号